復縁工作を成功させるには情報が無ければ何も出来ず、情報が無ければ対象者がどこにいるかも分からない為、対象者を探す事から始めなければなりません。

対象者を特定させる情報の有無だけでも難易度は変わりますが、復縁工作を成功させるにはもっと重要な情報が求められるのです。

対象者と別れてからの関係や交際時の関係、出会いのキッカケから出会ってから交際に至るまでの関係などを示す情報が必要であり、交際時にしていたケンカの内容等、情報量が多ければ多いほど復縁工作を成功させる為の方法を提案し易くなります。

情報の中には対象者とのlineのやり取りやプレゼントの品、思い出の場所での出来事等、lineやメールでは伝えづらい情報が多く、その時々の状況を表す情報があるからこそ対象者の性格分析なども出来、復縁工作を成功させる方法を提案し易くなるのです。

例えば、交際時にデートに行って楽しかった。という情報があります。

交際時にデートして楽しかったのは分かりますが、何をしてどの様に楽しく過ごせたのか?が分かるから対象者のプロファイリングが出来ます。

遊園地に行きたいと言っていたから遊園地に行った事や旅行に行く時にどんなプランで行ったのか?等、性格を表す為の情報があるから対象者を知る事が出来、復縁工作を成功させる道筋を復縁屋は提案させて頂けるのです。

復縁工作の対象者の情報の有無

復縁工作の対象者の情報の有無でも復縁工作の難易度が変わります。対象者の情報で何が復縁工作に必要か?という参考にして下さい。※対象者の情報のみを表示させて頂いています。

  • 重要度A
  • 新しい恋人の有無
  • 気になる異性の有無
  • 浮気相手の有無

※復縁工作を行う際に重要度Aの情報次第で復縁工作の方向性が異なります。

  • 重要度B
  • 名前
  • 住所
  • 連絡先
  • 職場(学校)
  • 交友関係

※復縁工作を行う際に重要度Bの情報が一つも分からない場合、再会も厳しい状況になります。

  • 重要度C
  • 自動車の有無
  • 移動手段
  • SNS
  • 行きつけのお店
  • 勤務時間
  • 最寄り駅
  • 職場の最寄り駅
  • 実家

※復縁工作を行う際に重要度Cの情報があれば重要度Bの情報に辿りつける可能性があり、上位情報入手のキッカケになるものになります。

関係が悪化した時から現在までの状況を表す情報

関係が悪化した時から現在までの対象者との距離感等を表す情報の有無で復縁出来る可能性が判断しやすくなります。

  • 別れた本当の理由は?
  • 付き合っていた時のケンカの頻度は?
  • 連絡の頻度は?
  • 別れてから連絡をしていない期間は?
  • 別れた際に言われた言葉は?
  • 今現在の距離感は?
  • 第三者の介入は?(対象者の両親等)
  • ストーカー規制法の抵触は?

弊社では上記情報を紐解く事で別れた原因を読み解き、復縁工作の成功率を判断する材料にさせて頂いています。

出会いから別れまでの情報の有無

出会いから別れまでの情報の有無で、対象者の考えをプロファイリングさせて頂けます。

  • 出会いのきっかけは?
  • どこに魅力を感じてくれていたか?
  • デートの頻度は?
  • 告白はどちらから?
  • 出会いから告白までの期間は?
  • 大切な人から注意されていた所は?
  • 子供の有無
  • 既婚、未婚・結婚の約束は?
  • 大きなケンカの回数は?
  • ケンカの原因は?

上記情報を第三者目線で分析する事で復縁への糸口を見つける情報としてお伺いさせて頂いています。

情報の有無に関しては他にもあればプロファイリングの参考になりますのでヒアリング時に頂くお話しも情報として精査させて頂きます。

離婚から復縁成功に繋げる復縁工作のご依頼頂く際の情報

離婚から復縁成功に繋げた復縁工作をご依頼頂いた時の情報は対象者と夫婦喧嘩の内容から夫婦生活の内容まで事細かにヒアリングさせて頂き、夫婦としてもう一度やり直せる内容かどうかを精査させて頂きます。

やり直せる部分が残っていなければ復縁工作を行っても意味がありませんから、依頼を承れるかどうかの判断をさせて頂く為にも情報は必要不可欠になります。

離婚は両家の親族も巻き込む事案ですから当事者同士の問題だけではありません。

当事者以外の方々も含めて結婚ですから当事者以外の方々についての話しも離婚案件では聞かなければなりません。

関わった人物の情報を全てヒアリングさせて頂かなければ全容が見えず、全容が見えないままの状態で仮に復縁成功のビジョンが見えたとしても情報不足の状態では復縁成功のビジョンは間違ったビジョンになってしまいます。

情報の重要性を知っているから復縁工作には調査が大切とお伝えします。

情報の重要性を知っているので復縁工作の依頼を復縁屋にする際に、どの復縁屋も『事前に調査をしなければなりません。』とお伝えします。

情報がなければ対象者とどこで接触すれば良いかも分からず、どんな形で接触するのが有効なのかも分かりません。

情報があるから復縁屋は依頼者様と打ち合わせを重ねて復縁工作に入る事や復縁工作を進める事が出来る様になります。

いつ対象者が表に出てくるか分からない状態で永遠に待ち続ける事は出来ない為、対象者の行動をある程度把握していなければ復縁工作を進める事は出来ません。

情報がなければ復縁工作を進めようにも依頼者様には負担出来ない程の料金が発生してしまいます。

事前に調査を行う事で料金もなるべく負担が掛からない様にする為にも調査は大切になるのです。

情報を依頼者様と復縁屋が共有するから復縁工作を成功させる事が出来るのです。

対象者の調査や工作で得た情報を依頼者様と復縁屋が共有するので少しづつ復縁工作を進めていけます。

情報の共有がなければ復縁屋は空回りし、依頼者様はヤキモキして良い方向に進む事はありません。

双方が持っている情報を共有するからこそ次の展開を打ち合わせし、打ち合わせに沿って少しづつ進める事が出来ますが、情報共有をどちらか一方がしなければ打ち合わせも出来ず、片一方の情報だけで進めようとしなければならない為、途中段階で無理が生じます。

例えば旅行の計画を立てる時に誰かが一人で計画を立てれば計画を立てた人物の思い通りに旅行は出来ますが、旅行先で観光名所が閉鎖してる等のトラブルが発生した時、一人で次の目的地を決める事はありませんよね?

復縁工作を進めていくと対象者は人間ですから確実にトラブルが発生します。

発生したトラブルを乗り越える為には一緒に旅行に行く人と相談し、次の目的地を双方で話し合って決めずに勝手に決めてしまえば旅行を楽しめない可能性が出てきます。

復縁屋も依頼者様も双方が情報を共有し、考えられる提案を双方で打ち合わせるから次の段階に進む事が出来るのです。

情報の共有がない復縁屋や依頼者様の協力がない復縁工作の依頼では独り善がりになりがちで復縁工作が成功に進む事はありません。