復縁工作を検討中の方の中には復縁屋に依頼したら工作員が依頼者と復縁したいと思わせてくれると考える方もいますが、復縁工作は超能力の類ではない為、元彼(元彼女)の気持ちを完全にコントロールする訳ではありません。

人の気持ちを変える事は出来ても、人の気持ちを完全に操作する事は出来ません。

人の気持ちを変えるのに一番簡単なのは人との出会いであり、人との交流があった上で影響のある言葉や行動を見聞きして人の気持ちを変える事が出来ます。

学校での出会い、職場での出会い、彼氏(彼女)との出会い、友達との出会い。

人は様々な出会いを得て様々な考えを形成されていきます。

復縁工作は工作員との出会いを対象者に与える為のご依頼内容になり、工作員は意図的に復縁を意識させる様に接触するのです。

工作員と対象者との新たな出会いを作るのが復縁工作であり、出会いをキッカケに復縁を意識させる様に仕向けるのが心理誘導になります。

復縁工作を超能力の類か何かに考えている方は復縁工作を依頼する前に一度考えてみては如何でしょうか?

関係を取り戻す為に周囲の声で変わる事は沢山あります。

友人・知人が沢山いた学生時代は友人達が味方となって復縁の協力をしてくれたと思います。

社会人となってからは復縁を応援してくれる頼れる友人は減ってしまったのではないでしょうか?

友人達があなたの事を元彼(元彼女)に話してくれていたから交際が順調に進んでいたケースもあります。

周囲の影響が交際に影響し、破局してしまった方々も少なくありません。

取り巻く環境や関係が人の出会いを変え、新たな出会いがあるから考え方も変わり、様々な意見を元に成長するのが人間です。

あなたが元彼(元彼女)と出会って人生観が変わった様に、元彼(元彼女)に人生観を変えさせる工作員を接触させる事で復縁を頑なに拒否していた元彼(元彼女)の心の氷を溶かす事にも繋がるのです。

関係を取り戻す為に周囲の声の協力を求める方は復縁工作を検討して頂ければと思います。

復縁工作を求める方は1人で復縁活動をしても復縁が叶わない相談者

  • 自己改善を行っているけれど改善した部分を見せるにはどうすればいいのか?
  • 別れた本当の理由を知りたい。
  • 復縁に向けて何をすればいいのかが分からないからアドバイスが欲しい!
  • 復縁の事ばかりを考えすぎてしまい辛くて頭がおかしくなりそうだ…
  • 誰か話しを聞いて欲しい…
  • …etc

復縁屋にご相談頂く方々は上記の様なご相談を頂きます。

復縁活動をしても結果が伴わない相談者がご依頼頂くのが復縁工作になりますが、復縁活動をして復縁を諦められるなら復縁工作の依頼を検討する必要はありません。

諦められないから藁にも縋る想いで復縁工作の依頼を検討するのですが、復縁を諦められるなら復縁を目指すのはとても困難な事なので諦める道を勧めます。

復縁工作を求めるのは1人で復縁活動をしても復縁が叶わない相談者達であり、1人で復縁活動をして復縁が叶わない状態では復縁工作の依頼をするか復縁を諦めるか?の2択の内、1つを選択しなければならなくなります。

復縁を諦められないなら復縁屋に一度問い合わせては如何でしょうか?

復縁工作の依頼を断るケースももちろんあります。

復縁工作はお金を払えば誰でも依頼出来るものではありません。

工作をするからには成功率にこだわり、依頼者を復縁させる為に依頼を請けるのが復縁屋になります。

復縁の成功率が見出せないご相談内容は復縁工作の依頼を承っても、何をしても復縁の成功率が見出せないのですから依頼を請ける事は出来ません。

状況によって復縁工作の依頼を請けられない場合があるのですが、弊社では依頼者の人間性等も考慮して依頼を承れないケースがあります。

例えば、依頼者がモラハラ、DVを繰り返し、反省の色も見えない人が復縁を望んだとして叶う訳がありません。

モラハラ、DVを繰り返し、客観的に見ても反省の色も見えない依頼者から復縁工作の依頼を承っても確実に失敗する事が分かります。

状況的に厳しいのはもちろんですが、復縁工作の依頼を断るケースは依頼者の人間性に問題があるケースが多く、『お金はいくらでも払うから復縁させろ!』という様な依頼者から依頼を承る事はありません。

復縁工作の依頼は誰でも承れるものではなく、復縁屋がこの人の復縁は協力してあげたいなと思わなければ相談もお断りします。

復縁に協力したい。と思えない様な方の依頼を承っても成功の見込みはありません。

復縁工作を検討している方は復縁屋を値踏みしているとは思いますが、復縁屋も依頼者を値踏みしているのです。

復縁屋に依頼を断られる方は、復縁屋に依頼を断られた原因をまずは改善しなければ、人とのコミュニケーションを取る事も出来ない訳ですし元彼(元彼女)との復縁もコミュニケーションが求められるので成功する訳がなく、成功する見込みがない依頼者からの依頼は断るのは当然です。

別れて当然の事をしていれば復縁屋が協力出来ない事もあります。

別れて当然の事を依頼者がしていれば復縁工作は超能力の類ではないので協力出来ない事があります。

例えばDVをして反省の色が全く見えない相談者が『復縁したら絶対にDVしません!』と言われても、会話をしていればDVをする人かしない人かは分かります。

DVをする人かしない人かは本人が決める事ではなく他人が決める事であり、復縁屋がこの相談者はまたDVをやるな…と判断出来てしまう様な相談者の場合、対象者は復縁屋よりも依頼者の事を知っている訳ですから修正しようがありません。

別れて当然の事をしている自覚がなければ復縁屋も協力しようがありません。

別れて当然の事をしていても自覚があれば復縁できるケースももちろんありますので別れて当然の事をした後の相談者本人の自覚を面談で判断して復縁屋が協力出来るかどうかの判断をさせて頂く事もあります。