別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ工作や復縁工作のご依頼を頂く時に、ターゲットが外出しなかったらどうしよう?という心配が、新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークをしている事もあり、ターゲットと連絡が取れなかったりターゲットの事を知らない依頼者様にしてみれば心配の種だと思います。※参考記事:コロナウイルス(covid19)を悪用する別れさせ屋や復縁屋にはお気を付け下さい。

弊社でも別れさせ工作や復縁工作のご依頼を頂き、ターゲットが一切外出しないので工作員の接触が思う様に出来ず別れさせ工作や復縁工作が進まないので別れさせ工作や復縁工作の依頼が失敗したケースは少なからずあります。

依頼者様にしてみれば別れさせ工作や復縁工作を依頼する為に高い料金を払っているのに工作員が接触出来ないなんて…という気持ちもあると思いますが、外出しなければ工作員も接触しようがありませんし、依頼を受けてみなければ外出しているか外出していないかは分からないので、外出しないかもしれない…という心配がある場合は工作の依頼の前に調査依頼をする事でリスクを軽減させる事は出来ます。

ターゲットが外出しない場合は家の中にターゲットがいる状態で、ターゲットも人間なので飲食はするであろう…という推測から別れさせ屋や復縁屋は依頼を承るのですが、新型コロナウィルスの影響下ではuber eatsなどを利用して一切の他人との関りを断つターゲットもおり、uber eatsの受け取りでさえ到着したら玄関前に食べ物を置いて立ち去り、受け取りの時も誰にも会わず仕事もテレワークで外出せず、ずっと家の中に閉じこもりきりのターゲットも存在した為、その場合は工作員を接触させたくても接触させる事が出来ず、依頼者様と相談させていただき、休止期間を設けてターゲットが外出するようになるまで案件をストップさせる手段を取らせて頂く事になります。

外出すれば少なからず接触出来るポイントがありますが、例えばターゲットが自宅から自家用車で会社に行き、会社の敷地内に駐車場があり、他人が侵入出来ない場所にしか外出しないターゲットの場合も外出しているとは言い難く、別れさせ工作や復縁工作の工作員を接触させる事が困難でもあります。

自家用車の中は密室と同じですから外出はしているけれど自宅にいるのと変わらない状態も外出しないターゲットに含まれます。

別れさせ屋や復縁屋は依頼者様と面談をして、面談時に情報を頂くので別れさせ工作や復縁工作のプランをご提案させて頂けますが、前提としてターゲットは外出している前提となりますし、引き籠り状態のターゲットへの接触はとても難しく、実家暮らしのターゲットであればターゲットの両親に工作員を接触させてターゲットとの接点を持つ様に進める事は可能ですが、ターゲットが一人暮らしの上に引き籠って一切出ない場合、工作員を接触させるのはとても難しく、状況によっては可能な事もありますが外出しなければ外出させる事から始めなければならず、SNSなどを利用して接点を持ち、ターゲットを外出させる様に仕向けなければならないのです。

外出するかどうかの判断基準には依頼者様からターゲットの出退勤時間の情報を頂くので、そういった情報が無い場合にターゲットが外出しない恐れもあると考えなければなりませんが、ターゲットが外出するかどうかは出退勤の情報を貰っただけでは判断出来るものではありません。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。

例えば、ターゲットの出勤がAM8:00ならAM7:00には現場で張り込みをしてターゲットの出勤後に尾行しますが、PM12:00になっても出勤しなければ外出しなかったのですから空振りになり、日を改めて張り込みや尾行を行いますが、一度確認したからといって全ての日の出勤が無いとは言えません。

外出する見込みの情報を頂いて、その情報の真偽を確認する調査でもありますが、出勤時間に外出しなければテレワークの可能性も考えなければならないのでお昼休憩時間の調査や夕方の買い物や外食する時間帯の調査も行い、ターゲットが外出するかどうかを確認する形になります。※参考記事:別れさせ屋が接触方法や連絡先の交換だけを意識する方に注意を促します。

住所も分かり、会社への出勤時間も分かり、職場も分かっているという情報があっても、ターゲットが外出しないという情報がない依頼者様も少なくありませんし、ターゲットが外出しない場合は会社が営業しているか?を確認する調査も行い、会社へのアプローチも試みなければなりません。

出勤時間が依頼者様が知っている情報とは異なり、ターゲットが外出しているなら張り込みする時間を増やして外出したところを尾行し、工作員を接触させる方法を取れば外出しているので接触は出来ますが、時間をズラしても職場の確認をしてみてもターゲットが外出しない事が判明した時はターゲットへの接触はとても困難なものとなるのです。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

依頼者様から頂いた情報を元にターゲットの張り込みをしますが、ターゲットが外出しなければ本当に自宅から一切出ていないのか?を確認する為にインターホンを鳴らして所在を確認する事もありますが、外出しないターゲットの場合、インターホンを鳴らしても居留守を使われる事もあり、居留守をつかわれない為のuber eatsのバックを背負って外出していない事を確かめる方法や宅配業者の格好をして在宅確認をする方法なども用いて外出の有無を確認します。

外出していれば電気メーターが動く事もありませんし、夜になって明かりが点灯する事もありませんが、外出していない事を裏付ける調査も行って外出していない事を確認した報告をさせて頂きます。

ターゲットが外出してない事が判明した時やターゲットが何故外出しないか?という理由をターゲットの関係者から聞き込みをして確認する事もありますが、例えばターゲットが外出しない理由が失恋であったり、失恋がキッカケで鬱状態になって別れさせ工作や復縁工作の依頼直後からターゲットが外出しなくなった情報を入手した事もあります。※参考記事:別れさせ屋が求める情報は個人を特定する情報ではありません。

過去の事例の中には一人暮らしのターゲットが自宅を引き払い、実家に帰って仕事も退職し、家に引き籠って外出しないケースもありました。

実家に帰ったターゲットの事を母親から話しを聞き出して外出する気配が無い事を依頼者様に伝えたケースも過去にはあります。

外出しないターゲットを外出させる方法は同居者に工作員を接触させて別れさせ工作や復縁工作を進める以外に方法はなく、同居者がおらず外出しないターゲットを外出させようとしても元々関係性のない工作員が表に引っ張り出す事は出来ません。

オンラインゲームをしている、SNSで繋がりを持てる等、インターネットを介して繋がりを持てれば外出させる方法もありますが、SNSもやらずオンラインゲームもせず本当に引き籠っているだけのターゲットを表に出す方法は繋がりが一切ないのでありません。

外出しないターゲットの友人等にアプローチしてターゲットを外出させる様に促す事も交友関係次第で出来ますが、ターゲットの交友関係を依頼者様が知らなければ別れさせ工作や復縁工作憎みこませる事は出来ませんし、社会との繋がりを一切断ったターゲットを外出させる方法はないのでターゲットが外出しない場合、別れさせ工作や復縁工作は失敗します。

ターゲットが外出しないので復縁工作は失敗したけど復縁に成功した事例。

依頼者様から復縁工作の依頼を頂いた時にターゲットの情報については全て揃っており、契約書を交わして着手金の確認後に早々に工作員をターゲット行きつけのBARに派遣しました。
しかし、BARへの派遣をしていても一向に表れないターゲットを不思議に思った為、依頼者様と打ち合わせを行い、ターゲットの住所から出勤を見る事にしましたがターゲットは依頼者様から聞いた情報通りの動きはありませんでした。
依頼者様から伺っていた情報に合せた調査を繰り返しましたが一向にターゲットは外出せず空振りを繰り返し、インターホンを押しても反応は一切ありませんでした。
依頼者様に報告し、ターゲットの実家を調査しに行ってもターゲットは現れずターゲットの母親との関係を工作員が構築する形を取りました。
ターゲットの母親から話しを聞き出すとターゲットは実家に帰っている事が分かり、実家にお住いのターゲットの兄に工作員を接触させる事に成功しました。
ターゲットの兄に接触し、弟の状況を聞き出す事に成功し兄も弟の状況に困っている様だったので工作員から兄にアドバイスをし、ターゲットに接触出来ずに復縁工作の契約期間が過ぎてしまい、復縁工作は失敗しました。
しかし、復縁工作の契約期間が過ぎてしまいましたが依頼者様からご連絡を頂き、ターゲットと復縁した報告を頂きました。
復縁工作は失敗したけれど兄がターゲットにいろいろとお話しをして下さった様でターゲットから依頼者様に連絡が来て復縁に繋がったとのご報告になり、外出しないターゲットとの復縁が叶った案件になりました。