復縁屋ジースタイル

復縁工作は、依頼者様の復縁をサポートして復縁成功率を上げる復縁屋の方法になりますが、復縁工作って一体何をするの?復縁工作って本当に成功率が上がるの?と、復縁工作という言葉を聞き慣れない方にしてみれば、復縁工作で成功率が上がる事はにわかに信じられないかもしれません。※参考記事:復縁工作とは?大切な人を取り戻す復縁させる方法

復縁工作で復縁成功率が上がる原理や、復縁屋に依頼すると何故復縁成功率が上がるのか?を解説させて頂きますので、復縁工作のご依頼を検討している方は参考にして下さい。

依頼者様が今にも潰れそうなお店の店主だとお考え下さい。

例えば、経営が上手くいかず、お店を潰さなければならない店主の立場が依頼者様になります。 店主としては、お客さんが増え、お店の売り上げが上がればお店を潰さないで済む…と考えますが、お店にお客さんが流れて来ない現実があり、お店をオープンしているだけではお客さんは入って来ません。 復縁活動を何もしなければ復縁出来ないのと同じです。

そして、お客さんは、依頼者様の復縁したい相手になります。 お店を開いても、お客さんは入って来ません。 このままではお店は潰れてしまう…と心配になり、必死に店主はお客さんを取り戻そうと努力するのですが、お客さんは一向に戻ってくる気配がなく、自分の力では限界を感じ、誰かの力を借りてお店を再興させよう!!となり、コンサルタントを雇います。

そこで、お店を繁盛させる為に登場するのがコンサルタントになります。 コンサルタントは、お店を再興させる為に雇われたプロになり、復縁させる為に雇うコンサルタントが復縁屋になります。

なぜこのお店はお客さんが入らないのだろう…と考えます。

コンサルタントは何故このお店にはお客さんが来店しないのだろう?と考えます。 店主から状況をお聞かせ頂き、再興は難しい…となれば依頼は断ります。※参考記事:ご依頼を断るケースについて

しかし、状況をお聞かせ頂き、再興の目処がある!!となったので、コンサルタントは再興に向けて協力する契約を交わします。 それが復縁屋との契約になります。

お客さんが入らない理由をマーケティングします。

コンサルタントは、お客さんが来店しない理由を調査し、調査した結果を元に来店しやすいお店作りへの改善を施します。 ビジネス用語で言えば、マーケティングという手法になります。

マーケティングをする事で、お客さんが来店しない理由が明確になり、お客さんが来店しない理由が明確になれば、そこを改善し、お客さんが戻り易い状況を作れる。という手法を提案します。 復縁で言えば、依頼者様の元に復縁したい相手が戻らない理由を調べて、戻り易く改善しましょう!!という流れになります。

店主が依頼者様、お客さんが復縁したい相手、コンサルが復縁屋

お店の店主が依頼者様で、お客さんは依頼者様の復縁したい相手、お客さんがお店から離れたのが「別れ」となれば、別れた理由を調査し、お客さんがお店に再訪し易い様にアドバイスをして改善していくのが、コンサルの役割の復縁屋になります。

お客さんがお店に来なくなった理由は?

お客さんがお店に来なくなった理由には、お店の味、雰囲気、料金、接客態度、…etc。といった原因があります。 お客さんが、店主に、「味が落ちたからもう二度と来ません。」と正直に言う人は少ないので、店主はお客さんが来なくなった理由が分かりません。

店主は一生懸命お客さんを取り戻そうと頑張るのですが、何が原因でお客さんが離れたのか分からないまま、自分で気付いた点を改善していきますが、お客さんは全く関心を持ってくれません。

店主には、お客さんがお店に来なくなった理由が分からないのです。 復縁屋の依頼者様も、別れの本当の理由が分からないので、どうすれば相手が戻って来てくれるだろう…と悩むのです。

店主が偶然お客さんと街で出会った時に、「最近お店に来てくれないね。」と話しますが、お客さんは、「最近引っ越しちゃって…」と、お店に行かない本当の理由を話してはくれません。 「遠くに引っ越しちゃったなら残念だけど仕方ないね。また時間がある時にでも寄ってよ。」と、お互いに本音ではない会話をして終わり、お客さんがお店に来ない理由を、遠くに引っ越したから仕方ない…と、納得せざるを得ない状況を作られます。

別れの本当の原因を教えてくれない相手と、お店に来なくなったお客さんと、共通点があります。 それは、正直に伝えれば傷付けてしまうかもしれない。という想いから、別の理由を伝えてお店に来ない(別れた)という共通点になります。

本当の理由は別にある。

遠くに引っ越したのではなく、経営が上手くいかなかったので、仕入れの材料に掛ける予算を落とし、お店の味が変わり、お客さんの足が遠のいていた…というのが本当の理由であった場合、お客さんは、「不味くなったから二度とお店には行きません。」とは言えません。

復縁でも、依頼者様を傷付けてしまうかもしれない…と考えた相手が、気を遣って本当の理由を伝えてくれず、本当の理由が分からないので、復縁活動も捗りません。

正直に伝えれば傷付けてしまう…という優しさ

正直に思っている事を言えば、傷付けてしまう。という優しいお客さんなので、傷付けない返答をして、お店に行かない理由を濁します。 それが分かれば改善の余地があるものの、お店に行かない!!と決心したお客さんは、立つ鳥跡を濁さずの気持ちで、最後位は良い関係で終わりたい。という想いから別れの本当の原因を伝えてくれないのです。

どうしたらお店に来てくれる?とお客さんに伝える

このままではお店が潰れる…と考えた店主は、お客さんに、「来店してくれないかな?サービスするから!!」と、お願いします。 これが、復縁出来ない依頼者様がよくやる、「復縁したい!!」と、相手に伝える事で、別れ話の時に縋る(すがる)という行為になります。

「どうしたら復縁してくれる?」と、「どうしたらお店に来てくれる?」は同じ事が分かると思います。

何もお店の状態が改善されてない状態で、「サービスするからお店に来て欲しい。」と伝えても、お客さんが思う事は、「あのまずい味でサービスされても…」となり、お店には来てくれません。

優しいお客さんの言葉

優しいお客さんは、「今は忙しくて難しいけど、時間みて行きますね!!」という言葉を掛けてくれます。 これが、「嫌いじゃないけど今は復縁を考えてないから…」という言葉や、「何年後かにお互いに良い相手がいなかったら復縁しよう!!」という言葉になります。

その言葉に期待して、お店を開けて待っているのですが、お客さんはもちろん来ません。 何か月、何年とお店を開いて待っても、お客さんはお店に来る気がないのですから、期待して待っていても何も起こらないのです。

お客さんに営業の連絡をすると…?

お客さんが来てくれないので、お客さんに電話やラインで、お店に来て欲しい事を伝えると、お客さんから、着信拒否やラインをブロックされる。という手段に出られてしまいます。

お客さんに期待してお店を開けて待っていると…

そして、お客さんが来店してくれないままの状態が続き、お店をオープンしているので赤字が重なり、お店の経営が立ちいかなくなり、お店が潰れる。という結果になりますが、それが復縁を諦める。という事になります。

お客さんがお店に戻って来る為にはどんな方法が求められる?

お店を潰す=復縁を諦める、という結果と似ているのですが、そこで求められるのが、コンサルタントの存在になります。 客観的にお店を分析してもらう事と、マーケティングによって何をすればお店を再興出来るか?を検証します。

お店を再興をする為に、コンサルタントは知識や経験を元に何をすればお店が再興出来るか?を検証します。 お店にお客さんが戻って来るには、お客さんがお店に対して本当はどう思っているか?をマーケティングして判明させるのが一番早い方法です。 お客さんが何故来店しなくなったのか?を知れば、お店の改善点が分かり、改善すればお客さんが来店しなくなった理由を失くせるのです。

しかし、店主と繋がりのある人がお客さんから話しを聞き出そうとしても正直に答えてくれない事が分かります。 その為、店主とは繋がりの全くない人がお客さんに接触して、お店を離れた本当の理由を聞き出す事が求められます。 それが復縁工作で工作員を対象者に接触させる方法になります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

突然お客さんに接触しようとしても接触は出来ません。

突然お客さんに接触しようとしても、お客さんはお店の繋がりがあれば正直に話してくれませんし、お店に繋がりがなければ赤の他人なので話しを聞かせてくれません。 その為、お客さんに接触する前に、お客さん事態を調べる調査を開始します。 それが、復縁工作を行う前の復縁調査になります。※参考記事:復縁調査の重要性を理解していない復縁屋も多いのです。

復縁調査をする事で接触出来る方法や場所が分かる

復縁調査をする事で、お客さんに接触出来る方法や場所が分かる情報が入ります。その際に、お客さんは本当に引っ越してお店から遠いところに住んだのか?似たようなお店に行ってないか?といったマーケティングも行い、お客さんと接点を持つ時の情報を集めておきます。

情報を集めたら分析して接触

情報を集めたら、その情報を分析し、店主とは関わりのない人を装いながら、偶然を装ってお客さんに接触し、お客さんとの人間関係を構築します。 人間関係を構築する事で、お客さんから本音を引き出せるようになります。

人間関係を構築する事でお店の改善点の情報を引き出せます。

お客さんの本音を聞き出せるようになると、何が問題でお店に来てくれないか?が分かります。 「○○というお店に行ったけど、もう二度と行かないかな…」という話しを持ち出せば、「あのお店は前は安くて味が良かったけど、経営状態が悪いのかだいぶ味が落ちちゃったから私も行かなくなったよ。」という話しを聞き出す事に成功します。

復縁工作で、工作員が、対象者の状況に似たような状況で話しをし、対象者から依頼者様への気持ちや別れたキッカケを聞き出す時の方法になります。※参考記事:復縁工作の方法を徹底解説!!復縁屋が復縁させる方法が分かります。

お客さんの本音を知れば、お客さんが喜ぶキャンペーンや、タイムセール等の宣伝が出来る様になり、お客さんがお店に関心を示すメッセージのやり取りをすれば、来店させる事にも繋がります。 情報を聞き出す事に成功したら、その情報に沿ってお店を改善していけば、お客さんが遠のいた理由を改善出来るので、再興の可能性が急激に上がります。

お客さんから情報を聞き出してなかったら?

遠くに引っ越したから…という理由が本心ではない事を知れましたが、もしも、その情報が正しいなら、遠いお客さんのところまで屋台を引いて行けば来店してくれました。 しかし、屋台を引いて行ってもお客さんは来てくれなかったであろう事が分かります。

    お客さんから得た情報を使えば改善して来店させる事が…

    お客さんから得た情報を使えば、お客さんが遠のいた理由が分かるので、お店の問題を改善出来ます。 これが復縁する時に絶対に必要な自己改善になります。 お店に問題があったからこそ、お客さんは離れ、戻って来て欲しい…と店主は考えます。 お客さんに問題があるなら、店主は、「二度と来ないで下さい!!」と縁が切れた時に、出禁にします。 お客さんを求めているのは店主なので、店主が改善しなければお客さんは戻って来ません。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

    お店の改善が出来たら宣伝を行います。

    お店を改善する事で、お客さんが離れたキッカケが無くなったのですから、お客さんがお店に戻る状況は作れました。 しかし、お店にお客さんが戻って来る状況は作れても、お客さんには改善された事が伝わりません。

    お店が改善された事を宣伝しなければ改善された事が伝わらなくても、店主が自分で、「味が改善されて前に戻ったから!!」と伝えれば、お客さんは味が不味くなったから足が遠のいた事を何故知ってるんだろう?となり、益々お店に行けなくなります。

    そこで宣伝です。

    お店が改善された事を、店主が直接伝えるのではなく、間接的に伝える事で、お店への関心をお客さんに与えられます。

    宣伝方法は?

    宣伝方法は間接的に伝えるので、マーケティングをした時に使った人物を活用します。 人間関係を構築しているので、お客さんもその人の話しなら聞く耳を持ってくれます。 その為、接触した人物から、「前に言ってたお店の味が戻ったし、サービスも良くなったんだよ!!」という宣伝をされると、良い思い出があった頃の記憶をよみがえらせる事になり、お客さんは、「そうなんだ!!時間見て行ってみようかな!!」となります。

    宣伝が復縁工作の心理誘導になります。

    宣伝する事で、お店に行く気にはなったけれど、それだけではお客さんの足は遠のいたままになります。 そこで、「お店に今度一緒に行こう!!」と誘う事で、お店の良さをもう一度理解してもらおうとする誘導作戦が開始されます。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

    お店の宣伝やコンサルをするからお客さんが戻ってくる可能性が上がる

    お店の改善をし、宣伝をするからお客さんが戻って来る可能性が上がりました。 一度お店に来てもらえれば、お店を離れた理由が改善されているので、お店から離れる理由はなくなります。 そして、お店の良さを分かってもらえる様に、来店時に、「前よりも美味しくなったんじゃないかな?」という誘導をする事で、更にお客さんは、お店に通ってた頃の良い印象を思い出し、お店のリピーターとなる可能性も上がります。

    お店の改善と宣伝効果があるから、再興の目処が立ち、店主が一人でお店を再興させようとしていても、何が原因でお客さんが離れたのか?を誤解していたのですから再興の目処は立たなかった事が伺えます。 再興の目処が立たないどころか、赤字経営でお店を潰していた可能性も高く、復縁で言えば、諦める。というゴールしかなかった状態から、復縁成功に繋がったのです。

    マーケティングを事前に行うから宣伝、改善も効果を発揮します。

    マーケティングを事前に行ったから、その情報を活かして再興への目処が立ちました。 マーケティングをしなければ再興の目処が立たず、山勘に頼った宣伝、改善を行っていた事が伺えます。

    宣伝や改善にはコンサル経験が重要です。

    宣伝効果や問題点の改善には、コンサルとしての経験がなければ出来ません。 経験を活かしたコンサルが出来、アドバイスも含めて適切な方法をとるからお店の再興に繋がるのです。

    この記事を読んでもあなたは一人で復縁しようと頑張りますか?

    復縁工作の方法をお店の再興に例えて、分かり易く解説させて頂きましたが、復縁に失敗する方々は、この記事の店主の様に、自分で思い付く行動をし、復縁したい相手の気持ちを調べずに気持ちを理解しているつもりになっています。

    一人で復縁活動をしている方々の復縁成功率が低い理由は、お客さんが何故お店から遠のいたのか?という本当の理由を知らずに行動していた店主と同じ理由になります。 この店主はコンサルに頼らなければ、確実にお店を潰してしまい、お店の再興は出来ませんでした。

    お店のコンサルタントが専門的な知識を元に、マーケティングを行い、正確な情報を入手して来たからこそ再興に繋がりましたが、コンサルタントを入れなければ、何をすればお客さんが戻って来るか?を知らず、時間の経過と共にお店の赤字が増えて、再興の目処は立たなくなっていた事が伺えると思います。

    復縁屋ジースタイルでは、過去の復縁工作の成功事例や依頼者様の状況を照らし合わせて、最適解を進めていくのですが、最適解が分からない方々が復縁に向けて一人で活動しても、復縁の可能性を上げるどころか、何も状況が変わらないままの状態を維持、もしくは状況を悪化させて復縁を諦める結果となります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の様々な成功事例集

    お店を再生させるのか、お店を潰す道に進むのか、選択するのは店主でしたが、店主はお店を再興させる道を選び、自分一人の力ではどうにもならない状況を理解し、専門家に頼るという判断をしたので、お店の再興に繋がるのです。 復縁したい!!と考えている依頼者様には、復縁する事の難しさをご理解頂き、状況を悪くさせてしまった今本当に一人で復縁出来るのか?を考えて頂ければと思います。※参考記事:別れさせや復縁に気持ちを誘導するサービスを売る別れさせ屋と復縁屋の探偵社とは?