別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋を探す時に、料金を重視して別れさせ工作や復縁工作の依頼を検討する方は少なくありません。料金を重視して別れさせ工作や復縁工作の依頼を検討しない事が正解だと、別れさせ屋や復縁屋のHPを見ていると書かれています。料金を重視して別れさせ屋や復縁屋を選ぶのは本当に間違いなのか…?についても、業界を知らないので信じて良い情報か分からないと思います。

方法ではなく料金を重視して選んだ時のメリット・デメリットについて解説させて頂きます。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

別れさせ屋と復縁屋の依頼に掛かる料金について理解を深めましょう

まず一番最初に知っておかなければならないのは、別れさせ屋や復縁屋の料金が安い料金で承れない理由を知らなければなりません。別れさせ工作や復縁工作の平均相場が100万円~300万円になり、100万円~300万円の料金の中には、調査員や工作員の人件費や、それに伴う諸経費が含まれます。

調査員と工作員の2名体制で、1稼働した場合、調査員と工作員の人件費+それに伴う諸経費が掛かるので、100万円前後の料金の場合、人件費と諸経費を含めて100万円以内に収まる稼働回数でなければ成立しない事になります。安い料金で依頼をすれば、それだけ稼働回数が少ない事になるので、提案された方法は、少ない回数で成功する方法となります。

料金よりも工作方法を重視した場合は?

料金を重視するのではなく、方法を重視した場合、成功する為のシナリオを描き、そのシナリオを遂行するには最低何回の稼働が求められるか?という成功から逆算した【最低稼動回数】があります。この最低稼働回数がとても重要で、人間は事前に予測した通りに全て動く訳ではないので、最低稼働回数にトラブルが発生した場合の回数が上乗せされます。※参考記事:【迅速対応】が新たなトラブル回避を防ぎシナリオ通りの成功に繋がる

例えば、調査⇒接触⇒心理誘導⇒成功、という4工程は必ず辿らなければならないルートになりますが、1工程毎に一回の稼働で済むのか?と言えば、絶対に済む事がない。とも言えます。1工程毎に3~4回の稼働は必須であり、接触したから心理誘導が出来るものではなく、1度心理誘導を行ったから工作が成功するものではありません。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

どんな工作方法を進めるか?によって稼働回数や稼働内容は異なります。料金よりも工作方法を重視するのは成功させる為に必要な事にお金を掛ける。という事になります。

方法よりも料金を重視した依頼は?

何をするか?という方法の部分はとても重要な事であり、方法よりも料金を重視した場合、稼働回数を抑えて契約するのですから、4工程で工作を成功させようとする考えと変わらないのです。

成功させる為に依頼を受けるのが別れさせ屋と復縁屋

お金をなるべく掛けずに工作を成功させたい!!と考えるのが依頼者様になります。別れさせ屋と復縁屋は、お金を考えずに成功率を上げたい!!と考えるものです。もちろん依頼者様の予算の問題があるので、別れさせ屋と復縁屋は成功させたいけど予算内で収まる成功率の高い方法を提案しなければなりません。※参考記事:天秤に掛けてお金を重視する依頼者様に依頼するべきではない

予算が1万円で出来る事と、予算が100万円で出来る事に違いがあるのはご理解頂けるかと思いますが、別れさせ屋と復縁屋は、自社の成功率を上げたいので予算内で収まる方法を提案させては頂きますが、料金重視よりも方法重視のご提案をさせて頂くのです。

予算重視で選ぶので詐欺会社の手口に引っ掛ってしまいます。

予算重視で選べば、成功率の高い適切な工作方法を提案してくれる別れさせ屋と復縁屋は検討する会社から除外されます。成功率の高い適切な方法を提案してくれる会社は、予算よりも成功させる事に重きを置くので、方法にご納得頂けても予算の兼ね合いで依頼出来ません。

その為、成功率の高い工作方法を選ぶのではなく、「成功率が70%程度はある工作方法でも予算内で収まります。」という甘言があれば、その会社への依頼を検討します。成功率を事前に提案出来るものではない、という部分を考えずに、予算内で収まる事が念頭にあるので、詐欺会社の甘い言葉に流されて契約してしまいます。※参考記事:別れさせ屋と復縁屋は詐欺なのか?詐欺会社の手口と会社選びのコツを解説します。

対象者の人生を変えるサービスにコスパの良さを求めるのが間違い

別れさせ屋と復縁屋への依頼は、対象者の人生を変える可能性のあるサービスになります。対象者の人生を変えるサービスにコスパの良さを求める事がそもそもの間違いだと思いませんか?コスパ(コストパフォーマンス)は支払ったお金と満足度を比較する言葉になります。

コスパの良さの基準を、成功や内容に求めるのではなく、調査や工作の稼働回数といった見えるものを基準として別れさせ屋と復縁屋を探すので、安い料金で多くの稼働を求めてしまいます。調査や工作方法の質ではなく量にこだわるので、質の悪い工作方法を選んでしまいます。

別れさせ屋と復縁屋への依頼は、日常的にコンビニなどで商品を購入するものとは異なります。安くても本物に見えるブランド物のスーパーコピーを購入するのとは訳が違うのです。対象者の人生を変えるサービスを受けるのは、一台の自動車を購入する事よりも重い決断を求められるものであり、一台の自動車購入でも、高級車と一般車の違いもありますし、復縁や別れさせの成功は、依頼者様にとって高級車を手に入れるよりも欲しいものであるはずです。※参考記事:対象者の気持ちの値段が高いと感じる方は依頼するべきではありません。

高級車を購入する時にコスパを求めて購入するのではなく、自分が欲しいから購入すると考えて頂くと、別れさせ屋と復縁屋にコスパの良さを求める事自体がそもそも間違っている事に気付いて頂けると想います。