復縁屋ジースタイル

復縁工作の方法は一律の定まった方法があるのではなく、対象者に合わせてシナリオを書き換えながら進めていくものになります。※参考記事:復縁屋とは復縁工作で依頼者をターゲットと復縁させる探偵社になります。

対象者の状況に合わせて復縁を意識させる心理誘導の方法は変わります。 依頼者様よりお預かり頂いた情報と、復縁調査で得た情報を元に復縁工作の方法は変わりますが、実施にどんな方法で復縁屋が復縁させてくれるのか?という参考にして下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋は別れさせや復縁する為の【状況作り】に協力する方法を使います。

例えば、依頼者様の気持ちが復縁に向けて動くか…復縁を諦めるか…と揺れ動くのも人間だからであり、復縁に向けて動くか、復縁を諦めるかで揺れ動くのは依頼者様の置かれている状況の変化にもよります。 依頼者様の状況や周囲の方々の言葉次第で強く願う復縁への気持ちすら揺れ動き、そういった心の変化を作り出すのが復縁工作となります。

復縁工作の方法をご理解頂く事が、復縁工作を成功させる復縁屋を選べるかどうかの判断にもなりますので、復縁工作の方法について解説させて頂きます。

復縁調査の重要性

復縁工作の依頼を頂くと、まずは復縁調査を実行に移します。復縁調査に掛かる期間は、早ければ一週間程度、長ければ一か月程度をみて頂いています。 情報量によっても復縁調査をする期間は異なり、依頼者様がお持ちの情報量が多ければ多いほど、復縁し易い状況を作るシナリオを作成し易くなり、復縁調査の期間を削る事が出来ます。※参考記事:復縁調査は行動調査だけではない。復縁調査を理解していない復縁屋は多い

対象者に接触する場所の特定、対象者の行動調査、対象者の交友関係の調査、対象者の性質を調べる調査等、復縁させるシナリオに必要な情報を復縁調査では集めていきます。 行動調査だけで情報を集めても、対象者と接触する場所は特定出来るかもしれませんが、接触する方法の情報はありません。

同様に、対象者の交友関係を調べる事や、対象者の性質を見極める調査を行わなければ、復縁工作のシナリオを作成する情報が不足しているので、調査をしっかりと行わなければ、復縁させる状況を作る前に失敗に終わる可能性もあります

復縁調査を省いて対象者に接触させる工作員の選定を誤れば、信頼を勝ち得る事が出来ず、復縁し易い状況は作れません。対象者から信頼を得る事が復縁工作では求められるので、事前に情報を集める復縁調査はとても重要です。 集めた情報を分析し、プロファイリングするので対象者と接触する工作員は臨機応変に対応出来ますが、情報がない状態で工作員を接触させても、信頼を得る為の、先手をとった稼働が出来ないので、人間関係を構築出来ずに復縁工作が失敗に終わる可能性があるので復縁調査についての重要性をご理解頂く必要があります。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

人間関係の構築の重要さ

復縁工作の方法では、対象者に接触して人間関係を構築し、対象者からの信頼を得る事が求められます。 信頼を得るからこそ、対象者と接触する機会を作る事が出来ます。 信頼関係を築かなければ、対象者に連絡をしても、返信が来ない…など、復縁に誘導する事が出来ません。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

依頼者様と対象者が別れた原因を対象者から聞き出す為には、信頼を勝ち得る人間関係を構築しなければならないのです。 信頼を勝ち得る人間関係を作る為に、対象者と共通項を作る事が求められます

例えば、ディズニーが好きな対象者に接触する際に、ディズニーの話しを持ち出すと、共通項が出来、同じ趣味を持つ工作員を悪い人間だとは考えません。 犬の散歩をしている対象者に、犬の散歩をしている工作員が接触する事で、犬を可愛がっている。という共通項が出来、対象者からの警戒心を解く事が出来ます。

犬を可愛がっている。という共通項を使い、パーソナルスペースに違和感なく侵入していけるからこそ、対象者との距離が縮まり、接触を繰り返す内に友人関係を築く事が出来ます。

連絡先の交換を求めさせる方法

対象者と人間関係を築き、対象者から連絡先を交換したい。という方向に進めていきます。 連絡先を交換させる時は、次にもう一度会いたい、と思わせる事や、一緒にどこかに行きたい、と思わせる事が求められます。 一例として、対象者が接客業の仕事をしている場合、お客さんとして何度か来店し、対象者と接触する際に、共通項を使って会話をする事で、プライベートでの接触を求められ、連絡先を求められる様に仕向ける方法があります。※参考記事:工作員が対象者と連絡先を交換する方法について

連絡先の入手方法を提案する会社にはご注意下さい。

連絡先の交換は、人間関係を構築するから求められるものです。 しかし、人間関係を構築せずに連絡先を入手する方法を取り、連絡先を入手しても対象者が対応してくれなければ、連絡先を入手しても無駄に終わります。 連絡先は交換するモノであり、入手するモノではない事を十分にご理解下さい。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する業者にご注意下さい。

接触方法では警戒されない事が信頼に繋がります。

人間関係を構築する為には、接触の段階から警戒されない事が信頼を得る事にも繋がります。 日常的に有り得る出会いの形でなければ、対象者から不信感を持たれてしまい、印象は与えられても、その先の関係には繋がりません。 対象者から信頼を得る為には、日常に溶け込む接触方法が求められるので、対象者をナンパするような形で接触したところで警戒心を与えてしまい、信頼を得る事は出来ません。 ※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

信頼を得る為に、調査で接触場所を特定するのは勿論ですが、不信感を持たれずに自然な出会いを作り、警戒されない様に繰り返し接触する事で不信感を拭い去り、共通項を使って会話を広げる事で自然な形で人間関係を構築出来ます。

心理誘導は復縁し易い状況を作るものです。

心理誘導は、復縁し易い状況を作るものです。 復縁し易い状況を作るってどんな事?と思うかもしれませんが、一例として、心理誘導の方法を紹介させて頂きます。 工作員と対象者が接触している状態で、対象者から過去の恋愛話を聞き出します。 その際に、工作員の過去の恋愛話をする事で、対象者も自分の話しをし易い状況を作れます。※参考記事:心理誘導を理解せずに復縁屋を選ぶと復縁工作は失敗します。

工作員が恋愛話しをした後に、対象者が自分の恋愛話しをし易い状況を作るので、依頼者様との交際時の状況、別れを決断した理由やキッカケについて、対象者本人から聞き出す事が出来ます。

対象者本人から依頼者様との交際時の良い思い出を引き出す事や、別れるキッカケがなかったら今どうなっていたのか?という話しを聞き出す事で、対象者の頭の中に依頼者様の存在が再び浮かび上がります。 独り身を満喫している対象者には、恋人を求める状況を作る為に、工作員が恋人を欲しがるように誘導していくようにする事で、異性への関心を増幅させます。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

別れの本当の原因を聞き出す事で、依頼者様にはアドバイスをさせて頂き、対象者が別れを決断したキッカケを消す事で、別れた理由がなくなるので復縁し易い状況を作れます。 別れを決断したキッカケを消す事で別れなくても良かった状態を作れても、別れた理由がなくなった状況を対象者に見せる舞台がなければ復縁し易い状況には至りません。

復縁し易い状況を作る為に、工作員が誘導して、別れる理由が無くなった依頼者様を見せる舞台を作り出し、対象者が復縁し易い状況を作るのが復縁工作の方法になります。対象者に別れる理由が無くなった状態を見せるには、依頼者様と対象者が二人で会う機会を作らなければなりません。複数の工作員を活用して飲み会の場を作り、偶然を装って再会させる形をとった後に、工作員が誘導して二人で会う機会を作り、復縁し易い状況を作る事で復縁成功を目指すのが復縁工作の方法でもあります。

再会工作も心理誘導の一部になります。

復縁を意識させた後は、対象者を誘導して、依頼者様と二人で会う工作を行います。対象者と依頼者様は再会予定がない状態で再会するので、偶然の再会が運命を感じさせる事になり、対象者に更に復縁を意識させる事にも繋がります。※参考記事:再会工作とは復縁工作の最終段階に偶然の再会を演出する恋愛工作です。

復縁には依頼者様の協力が必須になります。

復縁工作の方法を成功させる際に、復縁屋に依頼したから寝ていても復縁させてくれる!!というものではありません。 別れの本当の原因を聞き出した際に、別れのキッカケとなった部分を改善して頂き、別れなかったら今頃どうなっていたか?という部分を対象者に意識させる為には、依頼者様も別れるキッカケとなった部分を改善しておかなければなりません。

もちろん、別れるキッカケを聞き出した工作員を介して復縁屋がアドバイスをさせて頂き、依頼者様と共に、別れるキッカケとなった部分を取り除くようにご協力させて頂きますが、依頼者様のご協力がなければ、別れるキッカケとなった理由を取り除く事は出来ません。 対象者と復縁する為の改善をして頂く前提として復縁工作の依頼を承るので、依頼者様にもご協力して頂く事で、復縁し易い状況を作り、復縁成功率を上げるのが復縁工作でもあります。※参考記事:(株)ジースタイルの復縁アドバイス

例えば、浮気した事が原因で別れに至ったケースでは、工作員が過去に一度浮気を許した経験がある。という話しを持ち出します。 一度浮気を許した際に、本当に恋人は浮気してしまった事を反省していたので、一度の浮気を許し、二度目はない事を伝えてからは浮気を一切せず、尽くしてくれた。という話しを持ち出します。 しかし、もしも依頼者様が、工作員が誘導したような人物像に変わってない状態で、対象者と再会したら対象者はどう思うでしょう? また浮気しそうだな…という気持ちにさせてしまい、復縁は遠ざかります。

再会しても浮気は二度としないであろう事を伝えられるからこそ、復縁し易い状況を作れるので、依頼者様に協力して頂けなければ成功率が下がるのも復縁工作の方法になります。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

復縁アドバイスが出来る豊富な経験が無ければ成功しません。

依頼者様が対象者との接触した際に、対応を少し間違えた場合に、工作員も同行していれば、工作員がフォローする事は出来ます。 しかし、復縁する事が最終目的ですから、対象者と依頼者様は二人で会う事を前提として復縁工作は進んでいきます。 二人で会っている状態では、依頼者様が間違えた対応をしてしまった時に、工作員がフォロー出来ません。

その為、復縁アドバイスが出来る豊富な経験を元に、事前に依頼者様に対応の仕方や、対象者とのメッセージのやり取りの際は、文章の添削などをさせて頂き、依頼者様の復縁をフォローさせて頂きます。※参考記事:様々な状況に対応する(株)ジースタイルの恋愛アドバイス

弊社では、豊富な復縁工作の成功事例から、適切な復縁アドバイスを行えるスタッフが担当者として付きっきりで依頼者様に復縁アドバイスを行います。 対象者が予期せぬ行動をして来た時にどう対応すればいいか? 依頼者様が間違った対応をした時にどう取り繕えば良いか?など、過去の成功事例を元に行うアドバイスなので、復縁し易い状況を作った後は、依頼者様も復縁を意識させるような行動を行える様になって頂きます。

経験豊富なスタッフだから出来る復縁アドバイスも復縁工作の方法には盛り込まれ、依頼者様の動きも復縁工作のシナリオには盛り込まれます。※参考記事:復縁屋と連絡を取り合う復縁のアドバイスや打ち合わせの重要性についてご理解下さい。

心理学を学んだところで心理誘導は出来ません。

復縁工作の方法では、対象者を様々な状況から誘導する心理誘導を用います。 対象者と依頼者様を再会させる誘導や、対象者に復縁を意識させる誘導、会話の誘導で過去の恋人との交際歴から、依頼者様を特定して、依頼者様の話しを聞き出す誘導と、各所で対象者を誘導していくから、復縁し易い状況を作ります。

心理誘導は、心理学を学ぶから出来るものではなく、復縁屋が使う特殊な技術になります。 特殊な訓練を課す事で学ぶ技術であり、心理学と心理誘導は全く別物になります。 心理学と心理誘導を同じように考える依頼者様と、残念ながら復縁屋の中にも心理学と心理誘導を同じように考える復縁屋もあります。※参考記事:【心理学と心理誘導の違い】を知らない悪質な別れさせ屋や復縁屋は多いって知ってますか?

要所要所で活用する誘導の仕方は、心理学も活かしますが、心理学とは全く異なるものである事を間違えない様にご注意下さい。