別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

心理誘導は、別れさせ屋と復縁屋に依頼する際に耳にする言葉かと思います。普段耳慣れない心理誘導は復縁工作や別れさせ工作を進める上でとても重大な役割を占めます。心理誘導が出来るので、対象者の気持ちを復縁や別れさせに誘導していく事にもなり、心理誘導の技術がなければ別れさせ工作や復縁工作が成功する事はありません。※参考記事:弊社の工作成功率が高い理由。他社の別れさせ屋と復縁屋とは全てが異なります。

別れさせ屋と復縁屋の中には、心理誘導を心理学の延長の様に考えている業者もありますが、心理誘導とは実際にどんな事をするのか?など、実際に心理誘導を使って別れさせ工作や復縁工作を成功させている(株)ジースタイルが解説させて頂きます。※参考記事:【心理学と心理誘導の違い】を知らない悪質な別れさせ屋や復縁屋は多いって知ってますか?

対象者は人間である以上、心理誘導が出来る工作員が一度接触するだけで対象者の心理が180度変わる。というものではありません。心理誘導は、対象者が気付かない内に、工作員が誘導して心理操作する事なので、マインドコントロールとも呼ばれ、コミュニケーションの中で行われるのが特徴です。

心理誘導ってそもそも何をするの?

心理誘導ってそもそも何をするの?と思う方も多いと思いますが、言葉にすれば心理操作をして、依頼内容(別れさせや復縁)に向けて対象者を誘導していく事になります。上記でマインドコントロールと書かせて頂きましたが、別れさせ工作や復縁工作では大袈裟なマインドコントロールをするのではなく、復縁や別れさせに向けたマインドコントロールを行います。

ウインドウショッピングや店員さんから勧められたメニューを頼んでしまう等、マインドコントロールは日常的に行われている事です。お店がお客さんの購買意欲を向上させる為にマインドコントロールしている方法を、別れさせ屋と復縁屋は専門知識を活かして対象者に行います。

POINT

心理誘導は洗脳や超能力とは異なります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の方法を超能力のような認識をしている依頼者様の参考に

心理誘導は日常的に依頼者様も使われています。

心理誘導は日常的に情報操作をされている依頼者様も使われています。自動車の運転をすれば、信号が赤なら止まらなければならない。という誘導をされ、青なら進んで良い。という誘導をされています。街を歩けばお店の看板が沢山あり、お店の看板を見て入店してしまうお客さんもお店に誘導されています。ネットの広告やテレビのCM、現代社会は日常的に心理誘導をされています。

情報操作によって不要なモノを購入してしまうのは、コンビニでレジ横にある小さなお菓子を買ってしまう事も含まれます。言葉で何かを伝えるから心理誘導できるのではなく、視覚、聴覚、嗅覚などに訴えて誘導するのも心理誘導となり、日常的に依頼者様も心理誘導されているのです。

POINT

現代の日本で心理誘導に遭ってない人を探す方が難しい位に心理誘導は日常的に行われています。

幼い頃から心理誘導を受けて育っています

義務教育で育ち、成人後は立派な社会人として家庭を持ち、父として母として子供を育てるのが当たり前という教育を受けて来ている日本人は、それが当たり前だと誘導されています。勉強をして良い学校に入る、良い友人に恵まれる、良い会社に入る、それらが大切だと誘導されています。

日常的に使われている心理誘導を依頼者様が恋愛では使えない理由

別れさせ屋と復縁屋は対象者に心理誘導が出来て、依頼者様には心理誘導が出来ない理由があります。

露骨に「無料何で食べて下さい。」と言われれば、人間は警戒します。何かがあるんじゃないか?と警戒するのが人間であり、依頼者様が対象者に心理誘導をしようとすれば、別れさせる目的や復縁しようとする目的が透けて見えてしまうので、警戒している相手には心理誘導は効かないのです。※参考記事:警戒心が強いターゲットでも調査員の技術力が高いので調査成功率は高い

同様に、心理誘導には人間関係の構築の仕方があるので、人間関係の構築の仕方が作れていない依頼者様には対象者に向けた心理誘導が出来ないのです。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

POINT

人間関係の構築が出来てない状態で相手に話しを聞いてもらおうとするのは難しい事だと分かりますよね?

心理誘導は数か月単位で出来るもの?

心理誘導は上記の具体例の様に時間を掛けて行うものと、短期間で行うものがあります。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作には【平均3か月程度の期間】が掛かる理由があります。

テレビのCMやドラマは3か月で1クールが終わります。1クールの間でお客さんの購買意欲を上げる広告を出すのは、1クール毎に購買者の気持ちも切り替わるので3か月という期間を使って誘導していきます。元々購買意欲があるお客さんは3か月の期間も必要とせず、1か月程度の期間~2か月程度の期間で商品を購入してくれます。別れさせ屋と復縁屋が依頼者様から状況をお伺いさせて頂き、心理誘導に必要な期間を提案するのは、別れさせ工作や復縁工作の心理誘導に要する期間も試算する為でもあります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【難易度判断】に必要な情報など

POINT

別れさせ工作や復縁工作に要する期間を試算する為には依頼者様から状況を細かくお伺いさせて頂かなければ算出しようがないのです。

1回~2回程度接触したところで心理誘導は出来ません。

稼働回数制業者は別れさせ工作や復縁工作の稼働回数を事前に決めて契約しますが、事前に稼働回数を定めたところで心理誘導が何か?をご理解頂ければ成功しない理由g亜分かると思います。※参考記事:稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に依頼しても成功しない理由とは?

心理誘導は対象者を騙すものではありません。

心理誘導を誤解されている方は、心理誘導は対象者を騙すようなものや催眠術のようなものを掛ける洗脳をイメージする様ですが、洗脳とマインドコントロールは大きく異なります。洗脳は、暴力や薬物などを使い、強制的に精神構造を変化させるものなので、恐怖心などで相手を支配します。マインドコントロールは言葉巧みに誘導して信じ込ませる事なので、暴力支配が解ければ解除される洗脳よりも長期にわたって影響を与えます。

心理誘導は、騙す事や恐怖心を植え付けるものではないので、別れさせ屋と復縁屋は合法的に別れさせ工作や復縁工作の依頼を承れるのです。※参考記事:別れさせ屋に依頼すると違法になると不安を抱えている方へ

POINT

別れさせ屋と復縁屋は対象者を騙したり恐怖心を植え付けて別れさせ工作や復縁工作を成功させるのではなく、本人の意思で別れる事や復縁する道を選ぶように誘導していきます。

別れさせ屋と復縁屋の心理誘導の進め方

別れさせ屋と復縁屋が心理誘導を行う際は情報収集が必須になります。情報収集はマーケティングという手法でビジネスの世界でも必須になります。どんな商品を購入しそうなお客さんの見込みがある地域なのか?どんな世代が多くいるのか?地域特性も含めて情報収集があるから地域に合わせた商材を提供出来、売り上げを上げる方法と同様です。※参考記事:復縁工作の分かり易い説明。復縁屋に依頼をすると何で復縁成功率が上がるのか?が分かります。

別れさせ工作や復縁工作を行うにあたって、別れさせ屋と復縁屋は調査から開始します。対象者をマーケティングし、対象者の情報を集めるから、対象者にどんな心理誘導を行えば効果的か?という方法に辿り着けます。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

情報収集が終われば、情報を使って売れる商材を作る。ここで別れさせ屋と復縁屋は別れさせ工作や復縁工作のシナリオを描ける様になります。商品を作ったら、後は宣伝方法と販売方法になりますが、販売方法は対象者に直接工作員が接触して心理誘導で分かると思いますが、宣伝がなければせっかくマーケティングをしても購入者を集められません。※参考記事:心理誘導を理解せずに復縁屋を選ぶと復縁工作は失敗します。

k対象者に売りたい商品を宣伝したいのですから、購入者を集める方法が接触方法と対象者と人間関係を構築する方法になるのです。開店(接触)しただけでは商品は売れませんよね?開店した後に人間関係を構築して宣伝するから、心理誘導という商品を販売する事に繋がります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

対象者から直接心理操作をする為の情報の聞き出し

別れさせ調査で得る情報はマーケティングなので、実際に購入したお客さんからアンケートを取り、より販売できる具体的な情報を取得する事と同様に、対象者から直接情報を抜き出します。

会話の主導権の取得

広告で得たお客さんに直接セールスを掛ける事と同様で、対象者に別れさせや復縁をセールスする為にセールスする商材を販売する為に会話の主導権を取得します。

別れさせや復縁に向けての誘導・操作の開始

アンケートで聞き出した情報を元にセールスする事と同様で、工作員は対象者に販売したい商品(別れさせや復縁)を露骨にセールスするのではなく、対象者に気付かれない様にセールスを行います。