別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋の依頼者様は相談時や面談時にターゲットの情報はどんな情報があるのか?について必ず別れさせ屋や復縁屋から質問されます。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【ターゲットの情報】について

別れさせ屋や復縁屋は依頼者様から頂く情報を元にターゲットの調査を開始しますから、ターゲットを特定する情報が無ければターゲットを特定する調査から開始しなければならず、ターゲットを特定する情報の有無で調査方法が変わります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

そして、ターゲットを特定する情報と合わせてターゲットの心理分析やプロファイリングをする情報も別れさせ屋や復縁屋は求めるのですが、心理分析やプロファイリングをする情報というのは別れさせ屋や復縁屋に依頼した事がない依頼者様にしてみればどんな情報を提供すればいいか分かりづらいかと思います。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作を成功させるカギとなる【心理分析やプロファイリング】とは?

ターゲットは世界に一人だけしか存在しない人間であり、ターゲットに何をすれば別れさせや復縁に向けて心理誘導をすれば良いか?は依頼者様から頂く情報やターゲットを調査する事で得た情報を使うからこそ分かる事であり、情報とはターゲットを特定する情報だけではなく特定のターゲットに何をすれば良いか?を明確にさせる情報でもあるのです。

対象者の情報が薄ければ?

例えば、人探しのご依頼を請けたとして、依頼者様はターゲットの名前は分かっても、それ以外の情報がない場合にターゲットの名前と同姓同名の人物を日本中から探さなければなりませんが、それと同様に別れさせ工作や復縁工作の方法も世界中にたった一人のターゲットに向けて別れさせ屋や復縁屋は提案しなければなりません。※参考記事:【無限にある工作方法】を使うから成功率の高い別れさせ屋工作を提案出来ます。

同姓同名の人物を日本中から探し出すには膨大な時間と膨大な料金が掛かりますが、ターゲットの情報次第で別れさせ工作や復縁工作の方法を模索しなければならないのもご理解頂けるかと思いますし、情報の有無で別れさせ工作や復縁工作の方法が変わらなければ別れさせ工作や復縁工作の成功率に大きく変動がある事もご理解頂けるかと思います。※参考記事:年齢、性別、性格が同じターゲットはいないので別れさせ工作や復縁工作は全てオリジナルプランとなるのです。

ターゲットの情報は依頼者様からヒアリングさせて頂く事で、依頼者様から伺った状況や情報に合わせて提案させて頂くのですが、別れさせ工作や復縁工作に着手してターゲットを調査して情報を得ると依頼者様から頂いた情報とは異なる状況になっている事もあり、調査次第で別れさせ工作や復縁工作の方法が少しづつ修正されながら変えていかなければならない事はご理解頂けると思います。

その為、依頼者様からご提供された情報だけで調査をせずに別れさせ工作や復縁工作を進めれば、ターゲットの情報の齟齬が発生した途端に方法を変えるという判断が出来なければ別れさせ工作や復縁工作が成功する訳もなく、何でも屋や便利屋のような別れさせ屋や復縁屋もどきの真似事をする業者の中には探偵業の認可がないので調査を省いて工作だけを行おうとするので単発で何かをする分には稼働してくれるかもしれませんが、単発で稼働して依頼者様の望む結果に辿り着く事はないのです。

情報が間違っていれば提案した工作方法は破綻します。

別れさせ工作や復縁工作を着手するにあたって、情報が間違っていて、そのままの情報のまま調査計画から工作計画まで実行に移せば成功率は激減するではなく、確実に失敗する事が目に見えています。※参考記事:他社に別れさせ工作や復縁工作の依頼をして失敗した方へ

例えば、依頼者様からお伺いさせて頂いたターゲットの住所が【東京都港区〇〇1-1】という住所だった場合、別れさせ屋や復縁屋は依頼者様からお伺いさせて頂いた住所に調査員を派遣し、尾行や張り込みをするのですが、依頼者様から頂いた情報が間違っていた場合、張り込みを何回繰り返しても調査は空振りしてしまい、ターゲットは【東京都港区〇〇1ー1】に住んでいなかった。という報告結果を得られるだけになるのです。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の調査報告が数日後ってあるの?依頼した後の報告について

名前も分からない、ターゲットの写真もない、年齢も分からずに【東京都港区〇〇1-1】を張り込みをしても誰も出て来ない調査を繰り返し行っても得られる情報は『ターゲットは出て来ません。』という報告しかありません。

依頼者様の情報だけを頼りにして調査を繰り返した結果なので空振りが結果報告になり、依頼者様はターゲットがそこに住んでいないという情報を別れさせ屋や復縁屋に依頼して得た事になるのです。

稼働回数制の会社はそれを悪用します。

稼働回数制の料金システムを採用している別れさせ屋や復縁屋に依頼するとターゲットが出て来ないという状況を作られて、稼働回数を消費していき、別れさせ工作や復縁工作が確実に成功しないものとなるのですが、依頼者様にしてみればターゲットが提供した情報の住所に住んでいない情報が欲しいのではなく、ターゲットを別れさせる事やターゲットと復縁する結果が欲しい訳ですから、悪質な別れさせ屋や復縁屋に依頼してしまったかのような錯覚に陥ってしまうのですが、稼働回数制の別れさせ屋や復縁屋は業務自体は遂行しているので文句を言いたくても文句を言えない状況になり、泣き寝入りする結果となるのです。

状況に応じて別れさせ工作や復縁工作の方法を変えるには期間契約の料金システムを採用している別れさせ屋や復縁屋でなければ出来ず、稼働回数を事前に定めて稼働する契約を別れさせ屋や復縁屋とすれば状況の変化に対応出来ず失敗するのが前提の契約になってしまいます。※参考記事:弊社は別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としての活用もご利用頂いてます。

経験豊富な会社は調査の重要性を説きます。

経験豊富な別れさせ屋や復縁屋であればあるほど依頼者様から頂く情報だけでは情報量が不足している事を理解しており、調査の重要性を相談時や面談時にご説明するのは当然ですが、調査の重要性を省いて契約をする別れさせ屋や復縁屋がとても多いので、依頼者様にしてみれば調査を省いてくれれば料金も抑える事が出来、料金を抑えて途中で方法を変える事なく提案された稼働回数や方法で別れさせ工作や復縁工作を実行に移してくれるので安い料金で成功率が高い別れさせ屋や復縁屋だと錯誤して契約を交わしてしまうのです。※参考記事:安い料金の別れさせ屋で費用を抑えて高い工作成功率も求めるなら

別れさせ屋や復縁屋に提供する情報が間違っていれば、別れさせ工作や復縁工作の依頼をして方法の修正が出来なければ失敗するのは目に見えているのですが、初めて別れさせ屋や復縁屋を利用する依頼者様は別れさせ屋や復縁屋はプロだから任せておけば安心!!大丈夫!!!と自分に言い聞かせて途中過程で失敗するかもしれない!?という状況にも関わらず別れさせ屋や復縁屋の選び方を間違ったとは考えられず、別れさせ工作や復縁工作が失敗に終わるのです。※参考記事:他社に別れさせ工作や復縁工作の依頼をして失敗した方へ

依頼者様の情報の真偽は調査や工作をしてみなければ分からない事でもあり、依頼者様から頂く情報が間違っているまま別れさせ工作や復縁工作の方法を修正しなければ成功率は低下位の一途を辿ります。

情報が違えば提案した方法が間違いであるケースも

情報が間違っていれば別れさせ屋や復縁屋が提案する方法は間違っているのですから、別れさせ屋や復縁屋は依頼者様の情報に誤りがあれば、その誤りを修正しながら進めていくものであり、別れさせ工作や復縁工作の方法に誤りがある事を依頼者様も別れさせ屋や復縁屋も認める事が出来なければ当然の事ながら別れさせ工作や復縁工作は失敗し、失敗する事が前提のまま契約回数や契約期間を無駄に消化していく事になるのです。

情報修正をする為に別れさせ屋や復縁屋は依頼者様と打ち合わせをし、依頼者様と打ち合わせをして情報を積み上げていく中でベストな選択をしていくからこそ別れさせ工作や復縁工作は成功に繋がっていきます。

例えば、復縁屋工作の契約を頂く前に依頼者様から頂いた情報でターゲットとの状況についてお伺いさせて頂いていたものが全く違っていれヒアリングさせて頂いた状況とは異なるので復縁の可能性は全くなかった。という事もありえるのです。

別れさせ屋工作の依頼を頂く際も『元カノの家は分かってるしターゲット達は週に3回~4回のペースで会ってて、情報は共通の友人から何でも入りますから聞いて下さい!!』という依頼者様からのお話でご依頼を承って調査をした時も元カノは自宅に帰らず既に同棲状態で週に3回~4回会っていてもどこで会っているか?が分からない為、共通の友人という方から聞き出して欲しい旨を伝えると『そこまで仲良くないんでそういった事は聞き出せません。』という話しをされたケースもあります。

結果的に別れさせ屋工作はたまたまターゲットを発見出来たので別れさせ屋工作を進めて別れさせる事が出来たのですが、ターゲットから聞き出した話では依頼を頂く半年前には同棲をしていて、依頼者様の情報が元々間違っていた事も判明します。

たまたまターゲットを発見できたので成功した案件もターゲット情報がそもそも間違っていた為、たまたまがなければ確実に失敗していた事が分かり、情報の修正はイコール別れさせ工作や復縁工作のシナリオ修正に繋がる事もあります。

情報がないなら『ない』と言って頂いた方が提案出来る方法が異なります。

情報がないけれど『情報があまりないんです。』と言えば料金が高くなってしまう事が分かっているので虚偽、もしくは分かったフリをする依頼者様は少なくありません。

目的が復縁する事や別れさせる事になっていればお金はもちろん大切ですが大切に使う為に少しでも成功率を上げる為に依頼者様が協力して情報がないなら『情報がないんです』と言って頂かなければ別れさせ工作も復縁工作も失敗する前提になってしまうのです。

情報量が少なければ少ないほど提案出来る方法は異なり、情報量の少なさは調査等で埋めるしかない為、料金はもちろん高くなります。

高くなる料金を見越して間違った情報を伝える事や正しくない情報を伝える事で、間違った情報を元に間違った計画を探偵社は立ててしまいます。

情報が間違っていないか?を確認する為に探偵社は調査を事前に行い、別れさせ工作や復縁工作の計画を実行に移す前に確認作業も推奨します。

情報が間違っている事に気付いたなら、正しい情報を集め、別れさせ工作や復縁工作の計画を提案し、それがあるから失敗する可能性を少しでも落とす結果にもなるのです。

情報がなければ計画が破綻している事を表す一例

例えば勉強の計画を立てる時、『将来僕(私)は東大に入る!』という計画を立てたとします。

  • 東大がどの程度のレベルの学校なのか?
  • 東大の試験問題の傾向
  • どんな勉強の仕方をしなければならないのか?
  • 自分の今の位置は?
  • …etc

東大受験で東大に受かるなら最低限知っていなければならない情報があります。

情報がなければ東大入試に向けて何の教科をどの程度勉強して、偏差値がどの程度なければ合格しないのか?

その為にどんな勉強をすれば良いのか?という計画を立てる事が出来ません。

東大の情報がなければどんな勉強方法をすれば良いかも分からず、今自分は東大の合格圏にいるかどうか?も分かりません。

情報がなければ勉強方法も分からないのですから、努力すればもしかしたら東大に入る事は出来るかもしれませんが、運任せの計画になってしまいます。

情報があって努力しても東大に入る事が出来ない人はもちろんいますが、少なくとも情報が無い人よりはある人の方が勉強方法等も計画出来、東大に入る確率を上げる事にも繋がります。

情報が間違っている依頼者様と打ち合わせをするから成功に繋がります。

情報が間違っているなら間違っている中で正しい情報を得る為の打ち合わせを依頼者様と探偵社がするから成功に向けて進めます。

間違った情報を探偵社に提供した依頼者様が『忙しんで打ち合わせをする時間がないから以前に渡した情報でどうにかして下さい。プロなんでしょ?』と言う依頼者も中にはいますが、プロだから打ち合わせをしなければ進めようがない事をご理解頂かなければなりません。

情報があるから探偵社は依頼を成功させようと進めていきますが、その情報がそもそも間違っている場合、ターゲットの事を知らない探偵社が進めようがありません。

進めようがないものに対して『どうにかして下さい。』と言われて『はい。分かりました。』というのは何も責任もなくプロではありません。

探偵社との打ち合わせはとても大切なものであり、打ち合わせをする頻度は必要であれば何度でもしなければ進めようがありません。

分からない事を『分かります!』というのはプロではありませんし、プロだから分からない事は『情報がなければ分かりません。』とお伝えさせて頂くのです。

プロだから何でも出来る。という訳ではありません。

依頼者様の協力がなければ探偵社は何も方法を提案出来ませんし、何もやれる事はありません。

情報が間違っている事が分かったなら探偵社との細かい打ち合わせを勧めます。

復縁工作の依頼をする方は住所・氏名を知っているのは当たり前

復縁工作のご依頼を頂く方は情報があれば料金を下げる事が出来ると考えて復縁したい相手の住所や氏名等の情報はあります。と仰るのですが、交際相手の住所や名前を知っているのはそもそもの話し当たり前だと思いませんか?

浮気相手を別れさせる時に浮気相手の住所や名前が分からない場合は致し方ありませんが、復縁工作は交際相手等、一度は交際していた相手に対する恋愛工作になります。

復縁工作の依頼を頂く際に交際相手の住所や氏名を分かっているのは数十年前の初恋の相手や数年前に別れた恋人への復縁工作等の事情がなければ住所や名前を知っているのは当然です。

復縁工作のご依頼を頂く際に依頼者には情報提供を求めますが、住所や氏名を知っているのは当たり前という見方になり、欲しい情報は住所や氏名等の情報ではなく別れた時にどんな状況で別れたのか?という情報が大切だという事を忘れない様にして下さい。