別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域O様 会社員 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 110万円 成功報酬30%
別れさせたい状況束縛し過ぎていた元カノに新しい彼氏が出来てしまった

別れさせ屋ジースタイルにO様からご相談頂いた内容は、束縛していた元カノに別れを告げられ、復縁する為に頑張っていたものの、元カノに新しい彼氏が出来てしまい、復縁は絶望的になってしまったので、新しい彼氏を別れさせたい。というご相談でした。

O様は、交際時に元カノを束縛していた事をとても悔やみ、別れさせたからといって元カノの気持ちを取り戻せる訳ではない事が分かっていながらも、元カノに新しい彼氏がいる事で、元カノと復縁するチャンスどころか変わった自分を見てもらうチャンスをもらう事も出来ないので、チャンスをもらう為にも彼氏に先ずは別れてもらい、変わった自分と交際時の自分を比較して欲しい。とのご要望で別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼を頂く事となりました。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

O様からご相談頂いた際に、O様には別れさせたところで復縁に至る訳ではない事を伝えると、O様は、自分が元カノを如何に束縛していたか?を面談員に話し、交際時の反省をしっかりとしているようで、もしかしたら別れた後に復縁活動を頑張ればO様の復縁の可能性が生まれるかもしれない…という想いから、別れさせ工作のご依頼を受けました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

情報が殆どない中からの調査開始

束縛していた元カノが今の彼氏とどのような交際の仕方をしているか?などの情報はありませんが、元カノに最後に連絡した際に、「彼氏が出来たから連絡してこないで欲しい。」という話しをされてしまったので、彼氏の存在は分かっているけれど、彼氏がどんな人物なのか?が分からず、元カノと彼氏がどんな交際をしていて、いつ会っているか?などの情報は全く分からない状態となっていました。

どんな男性が彼氏なのか?も分からないので、O様は自分が誰と比較して闘えば良いのかが分からず、自分なりに元カノの好みのタイプとなる様に頑張ってみたものの、元カノの好みのタイプが以前とは異なっていたら…といった不安や、今の自分が復縁活動で頑張っている事は無駄になるのではないか?といった事も含めて、元カノと復縁したい気持ちと、このまま復縁活動をしても報われないのではないか?という不安を別れさせ屋ジースタイルの面談員に話しをして下さいました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

元カノの彼氏の存在が分からない事から、まずは調査で彼氏の特定をしなければなりませんが、いつ彼氏と会うか?などの情報が無く、情報がないまま元カノの彼氏を特定させなければならないので、地道に回数を重ねて調査を行う事になりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

普通であれば土日に調査を行えば、ターゲットを絞れるケースは多いのですが、元カノが渋谷駅近郊で不動産屋の事務の仕事をしているので、定休日が水曜日という事もあり、土日に絞って調査を行ってもターゲットを特定出来ない事も推測出来、元カノの休日の前日と一般的な土日祝日の休日前に調査を行いましたが、元カノは渋谷駅の不動産屋に土日も出勤し、そのまま帰宅した事もあり、ターゲットとは平日に会っている可能性が上がり、水曜休みという休日に合わせて会う事から、同業者、若しくは同じ会社で働いている可能性も視野に入れて調査を進めました。

火曜日の退勤から元カノを張り込みして尾行していくと、退勤は一人で出たものの、恵比寿駅まで歩き、そこで誰かを待っている様な素振りが見えたのでターゲットと会う事を想定し、尾行を続けるとターゲットが現れ、二人でデートをする姿が確認出来、ターゲットの顔を確認すると同じ会社で働いている事が分かり、会社には秘密で付き合っている可能性が上がりました。

集めた情報をプロファイリングする事で見えた成功の可能性

ターゲットの特定が済み、ターゲットの自宅や名前の確認をしながら、別れさせ工作で必要な情報を集めていくと、ターゲットは会社に秘密で元カノと付き合っている事や、それ以外にも別れさせる為の情報が集まっていきましたが、依頼者様から頂いた情報とターゲットの調査を行って得た情報を別れさせ屋ジースタイルでプロファイリングするとハニートラップの様な浮気をさせる方法では別れないであろう事が分かりましたが、浮気ではなく、単純に心理誘導を進めて行けば別れる可能性が高い事も分かりました。※参考記事:工作方法で浮気相手を作るハニートラップをする時の流れと効果について

対象者への心理誘導から別れさせ工作成功へ

ターゲットとの接触をする為に、不動産屋勤務なので、物件を探しているお客さんを装ってターゲットに接触する方法でファーストコンタクトを取りましたが、別れさせ屋ジースタイルの工作員が実際に引っ越しを考えている事もあり、渋谷に通勤30分程度の場所で物件を出してもらい、物件の案内をしてもらう際に関係性を深めていき、連絡先の交換が済み、物件の紹介を介して連絡を取り合う形を取り、その際に友人と称して別の別れさせ屋ジースタイルの男性工作員を紹介し、別れさせ屋ジースタイルの工作員を介してターゲットとの関係を作りながら物件の紹介も同時並行で進めていくので、ターゲットの仕事が終わった後などに会食をしながら別れさせ工作を進めていきました。

ターゲットの住まいが田園都市線の桜新町駅で、依頼者様の元カノの自宅とは沿線が異なる事が分かっていたので、別れさせ屋ジースタイルの工作員は同じ田園都市線で物件を探している事もあり、ターゲットと物件の事も含めて会食をしていると、ターゲットから会社の愚痴などが出て来た際に、会社の事情などを聴きながら、O様の元カノの話しを聞き出す流れを作り出す事に成功し、元カノとの交際期間や元カノの好きなところなどを聞き出していき、ターゲットと元カノとの実際の関係性等を探っていきました。

ターゲットから元カノとの関係等の情報を聞き出し、別れさせ屋ジースタイルの別れさせ調査で得た情報の裏付けが取れたので、別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに心理誘導を進めていく事で、ターゲットの中に元カノとの交際に対する不信感を与える事が出来ました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

一つの不信感を与える事で、元カノとの関係性にヒビを与える為の布石を打つ事が出来、少しづつ元カノとの交際の不信感を持たせる様に進めていきました。

職場で交際している事を公開出来ないのも、O様の元カノからの提案であり、その部分に関しても不満を持っていたターゲットは元カノに徐々に交際の仕方に対して注文を付ける様になっていき、今までは元カノの言いなりになっていた状態から、元カノに意見を言う彼氏を別れさせ屋ジースタイルの工作員の心理誘導で作り出し、元カノとの関係性を変えるように仕向けていきました。

その結果、ターゲットと元カノとの関係性がギクシャクし始め、別れさせるまでにあと一押しという状態になり、最後に別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに提案した話しが、引き金となり、ターゲットから元カノに要求をしたところ、元カノからターゲットと別れたい!!という話しが出て、受け入れたターゲットたちを別れさせる事に成功した事例になります。