復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 35歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
別れた状況S様の浮気がバレて何度謝っても許してもらえなかった

S様の復縁相談の内容

復縁屋ジースタイルに依頼者様から復縁相談を頂いた内容が、依頼者様の浮気がバレてしまい、謝ったものの、何度謝っても許してもらえず別れる!!の一点張りで、縋りついて別れを引き延ばしにしようとしても聞き入れてもらえず、浮気は絶対に許さない!!という言葉と共に依頼者様と完全に別れ、連絡を取り合う事は出来ても業務連絡ばかりになり、一人で復縁しようとしても可能性は0%の状態で、復縁屋に頼らざるを得ない状況でご相談を頂きました。※参考記事:復縁相談が解決する迄の期間と料金

依頼者様は浮気をするつもりもなく、友人に誘われた飲み会の席で、普段よりもお酒を飲んでしまい、酔っぱらってしまった状態で魔が差してしまい、記憶がおぼろげな状態で浮気をしてしまったとの事でした。

最初は浮気を疑われても、記憶がおぼろげだったので浮気をしていない!!と言い張っていたものの、飲み会に誘ってくれた友人は、依頼者様と共通の友人であり、友人が余計なおしゃべりをして、依頼者様の浮気が発覚してしまい、記憶がおぼろげな依頼者様が浮気を否定すればするほど、嘘を吐いている!!と元カノに認識されてしまい、浮気がバレて最悪な状態に更に最悪な状態を作り出してしまい、元カノに何かを伝えようとしても、全て言い訳に聞こえてしまい、一人でどうにかしようとしても、どうにも出来る状況ではなく、復縁屋に頼らざるを得ない状況になってしまったとの事でした。※参考記事:復縁工作で依頼者を対象者と復縁させる復縁屋とは?

状況がとても悪いのですが、共通の友人がいるので、ラインのブロックや着信拒否などは受けておらず、共通の友人にバラされてはしまったけれど、共通の友人のお陰で首の皮一枚繋がった…というように感じた状況でした。

復縁工作の契約後の流れ

依頼者様から復縁屋ジースタイルの復縁工作の方法についてご質問され、心理誘導とはどの様な事をするのか?という質問や、浮気した記憶を元カノの中から消せないのか?という質問を頂きましたが、心理誘導についてご説明させて頂き、人間の記憶を消す様な方法が復縁屋ジースタイルの復縁工作では存在しない事をご説明させて頂き、十分にご理解頂いた上で、復縁屋ジースタイルに復縁工作のご依頼を承る事となりました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

依頼者様から復縁するなら浮気をした事だし、冷却期間を設けた方が良いのでは?というご質問も頂きましたが、冷却期間の意味を分からず、冷却期間についてのご質問を頂いたので、冷却期間は自己改善をする期間だというご説明をさせて頂き、冷却期間中の自己改善の仕方についてもアドバイスをさせて頂きました。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

復縁屋ジースタイルに復縁工作のご依頼を頂き、復縁調査に取り掛かり、対象者の調査から開始し、対象者が依頼者様と交際時とは異なる日常を過ごしているか?について確認させていただくと、対象者は仕事帰りの時間にほぼほぼ住まいが中野だったので、中野周辺の居酒屋やBARに足を運んでいる事が分かり、依頼者様に確認し、対象者がお酒を飲むのが好きだという話しは伺っていたものの、毎日お酒を飲むほどのお酒好きだとは伺っていなかったもので、対象者の行動が交際時とは異なっている事を知り、対象者の行動が何故変わったのか?という点を依頼者様と推測し、依頼者様との別れが原因で荒れた生活になった事が伺えました。接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

依頼者様が共通の友人に確認し、対象者の生活が荒れているか?を聞き出してもらうと、共通の友人から、依頼者様と別れた直後は対象者は荒れ狂い、納めるのがとても大変だったという話しを聞き出しました。

接触して別れの本当の原因の聞き出しへ

対象者の生活を変えてしまった事や、対象者の人生を狂わせてしまったかもしれない事など、依頼者様が反省する事がとても多く、依頼者様はお酒を飲んでて記憶がなかったとはいえ魔が差した事や、対象者を傷付けてしまった事に深く反省している姿勢が日々連絡を取り合っている中で感じる事が多々ありました。

対象者からすれば、依頼者様を信じていたのに裏切られた感があり、浮気をしていただけならまだしも、浮気がバレているのに嘘を吐いて浮気した事を隠そうとしていた事に腹を立てていたであろう事が分かり、依頼者様もその辺はとてもよく理解しており、理解しているからこそ対象者を傷付けてしまった事に対してシッカリと謝罪しなければならない事や、復縁出来ても復縁出来なくても、大切な人を傷付ける様な事は二度としてはいけないし、魔が差す様な事や記憶がなくなる様な事をしてはいけない…と、電話で話をする度に後悔の言葉を口に出していました。

復縁調査で得た情報を使い、対象者に復縁屋ジースタイルの工作員を接触させる段階に入り、対象者に復縁屋ジースタイルの工作員を接触させる際に、依頼者様からの要望で対象者の傷をこれ以上深くさせない様に気を付けて欲しい。との言葉を頂きましたが、復縁屋ジースタイルは復縁工作で対象者を傷付ける事はないので、安心して復縁屋ジースタイルの工作員が接触する時を待っていて欲しい。とお伝えさせて頂きました。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

中野のBARで工作員を対象者に接触させる事になり、対象者と接触させる際に、対象者の周囲の人達の関係性も確認しながら復縁屋ジースタイルの工作員を接触させましたが、対象者はお酒に溺れているかの様な飲み方をし、接触する時も目つきがとても鋭くなっており、人を信じられない顔をしていたと復縁屋ジースタイルの工作員から報告を受けましたが、復縁屋ジースタイルの工作員が接触して話しを聞き出していくと、対象者は直ぐに依頼者様から受けた仕打ちを話し出し、怒りや哀しみといった感情が入り混じって泣き出してしまい、ファーストコンタクトの段階で対象者が復縁屋ジースタイルの工作員に泣き言をいう姿は珍しく、復縁屋ジースタイルの工作員も取り敢えず対象者の心情を落ち着かせるように話しをしていくと、その場の勢いも手伝ってか、連絡先の交換を対象者から求められる事となりました。※参考記事:工作員が対象者と連絡先を交換する方法について

飲み過ぎて記憶がない!!といった事が無いように願うしかなく、翌日に対象者に復縁屋ジースタイルの工作員からメッセージを送ると、メッセージは既読にならず、未読状態が2日続いたので、再度対象者がBARでお酒を飲んでいる所に復縁屋ジースタイルの工作員を向かわせ、再度復縁屋ジースタイルの工作員を接触させると、対象者から、「酔っぱらって恥ずかしい姿を見せちゃったからなんて返信すれば良いか分からなくて…」と、メッセージが届いているけれど、既読を付けて返信をなんてすれば良いかが分からない…という言葉が出て来ました。

依頼者様の自己改善が済み心理誘導と再会工作で復縁工作の大詰め

事情を対象者からファーストコンタクトの段階で聞いている復縁屋ジースタイルの工作員がファーストコンタクトの段階で聞いた話しがあるので、気にしないで欲しい。という旨を伝えると、対象者も今後は乱れる事はなくお酒を飲むから仲良くして下さい。と、初日の接触で対象者の心情が乱れていたのが功を奏し、関係は一気に深まり、お酒は入っているけれど、お酒に飲まれていない状態の対象者と会話をする事になり、対象者がそこまで乱れるなら、よっぽど彼氏の事が好きだったんだね。という話しを持ち出すと、「また泣かせる様なこと言わないで下さいよ。」と、依頼者様と別れた時の傷が全く癒されていない事が分かる発言が出て来たので、復縁屋ジースタイルの工作員が心理誘導を行い、依頼者様の浮気や、嘘を吐いた。という部分の誤解について対象者と話し合う事が出来、浮気については確定しているので許せない部分はあったようですが、嘘を吐いた。という部分に関しては誤解を解く事に成功します。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

浮気を許した方が良い!!という言葉は、心理誘導では絶対に言ってはいけないワードなので、依頼者様への想いの強さを取り戻させる心理誘導を行っていき、どれだけ対象者が依頼者様を好きだったのか、どれだけ依頼者様が対象者を好きだったのか、を思い出させ、依頼者様との思い出を頭の中でリフレインさせるような会話の流れを作り出し、対象者の依頼者様への愛情を呼び起こさせました。

浮気をされたという事実は消えなくても、嘘を吐いていた。という事実はない部分を対象者の落としどころとさせる様に誘導し、浮気は確かに許せないかもしれないけれど、嘘を吐いていたという部分は誤解の可能性が有るので、その部分に関しては話しを聞いてみても良いのではないか?という後押しをする事で、対象者は落としどころを模索していた様にも感じ、一度話を聞いてみる。という流れが作り出され、依頼者様にラインでメッセージを送り、中野のBARで飲んでるから今から出て来れるか?という確認をし、再会し、依頼者様の言い分を聞いてもらえる事になりました。※参考記事:再会工作とは復縁工作の最終段階に偶然の再会を演出する恋愛工作です。

再会しただけでは復縁には至らず、まずは話しを聞いてもらった事や謝罪の言葉を聞いてもらった点が進歩になったので、依頼者様と復縁屋ジースタイルの工作員がその場で連絡先を交換し、復縁屋ジースタイルの工作員は対象者の味方として依頼者様を責める形を取り、今後も3人で飲みに行こう。という約束を取り付ける事に成功しました。

復縁工作成功へ

最初の再会から、中野のBARでの再会を繰り返していき、浮気を許した訳ではないけれど、嘘を吐いていたという部分の誤解を取れたので、浮気の話しになれば怒りはするけれど、少し冗談も交える話しが出来る様になり、対象者と3人でBARで飲む機会を増やせば増やすほど、対象者と依頼者様の関係は深まっていき、タイミングを見て、対象者に「もう許してるっぽく見えるよね。」という話しを出すと、対象者から許してはないけれど、信じてみても良いかな。という気持ちにはなっている。という言葉を引き出す事に成功し、その日の帰りに依頼者様と対象者が2人で帰った時に、依頼者様から復縁の話しを持ち掛け、「浮気したら2度と許さない。」という言葉と共に復縁の許しを得た復縁屋ジースタイルの復縁工作の成功事例になります。