別れさせ屋ジースタイル

離婚させて欲しいというご相談は別れさせ屋にはとても多く舞い込むのですが、離婚は離婚届けにサインをすれば離婚する。という訳ではなく、離婚の問題には財産分与や子供がいれば親権問題など、夫婦で最終的に話し合って合意出来る内容とならなければ離婚成立する為の離婚届けへのサインをされないので、離婚は当事者同士の話し合いであっても相当に拗れる事を頭の片隅に入れておかなければなりません。

特に、『離婚させて欲しいので異性の工作員をターゲットに接触させて不倫させて下さい。』というご相談は大変多く頂きますが、浮気ではなく、不倫を相手にさせるという事は、離婚させるターゲットから工作員が慰謝料請求をされる可能性が出て来る事も考えて頂かなければなりません。

不倫させて離婚させようとする方法を提案する別れさせ屋は大変多くありますが、別れさせ屋工作の平均的な料金・費用を考えた時に、100万円から300万円前後が相場となりますが、慰謝料請求の相場は300万円前後となり、慰謝料請求の金額よりも安い料金・費用で依頼を受けられる会社が存在するでしょうか?※参考記事:安い料金の別れさせ屋で費用を抑えて高い工作成功率も求めるなら

工作員が稼働して慰謝料請求をされる事で300万円前後の負債を工作員は背負わなければならず、会社が依頼者様から受け取る料金・費用は100万円から300万円前後となるのですから、稼働して別れさせ屋工作が成功すると、工作員は確実にマイナスになってしまいます。※参考記事:別れさせ屋の女性工作員の実話に基づいた本音の話し

わざわざ負債を負う為に工作員が別れさせ屋工作を成功させるのか?という点で疑問を持たなければならないのですが、普通に考えて頂くと、負債を負ってまで依頼者様が別れさせたいターゲットと不倫したい!!というもの好きはいない事はお分かりいただけるかと思います。

離婚させる為に不倫をする。というのは別れさせ屋にとってもリスクであり、工作員にとってもリスクを負う事ですが、そのリスクを回避する方法が会社側や工作員には存在します。

それは、工作が失敗するという前提で依頼を受ける事であり、最初から不倫をさせるつもりがなくターゲットと工作員を不倫させる別れさせ屋工作の方法を提案していれば、会社側も工作員側もリスクを背負う事はありません。※参考記事:初めて別れさせ屋を探す人達へ。現役工作員の体験談

依頼を受けても調査や工作の進展がなく終わる別れさせ屋に依頼してしまった…というご相談を依頼者様から頂きますが、最初から依頼を成功させるつもりがない会社に依頼していれば当然の結果とも言えますし、別れさせ屋側も利益を確保し、工作員も稼働した分の利益を確保出来るのです。

異性の工作員を接触させて不倫させようとする方法が適切か?と言えば、適切な方法とは言えず、不倫をしたから即離婚とならないのが離婚案件でもあります。

離婚するという事は決して簡単な事ではありませんし、そこには子供や親族のしがらみ等も介在し、離婚に進むように心理誘導する事は出来ても、実際に離婚するとなると場合によっては裁判で争うケースもある事から、不倫=離婚といった単純な図式ではなく、離婚届けにサインをさせる事がどれだけ大変な事かを理解した上で別れさせ屋に依頼する際に安い料金で依頼を受けられる会社に対して疑問を持つ事をお勧めします。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と契約する前に業者選びのチェック方法とは?