別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋と復縁屋に依頼すると稼働後に調査報告を受けます。調査結果を元に別れさせ屋と復縁屋は次の稼働日の調整をさせて頂き、どんな調査をするのか?どんな工作をするのか?を依頼者様と打ち合わせをさせて頂きながら進めていきます。報告が遅くなれば、次の日程調整が出来ないので、依頼者様にも報告させて頂き、打ち合わせをさせて頂くお時間の調整をさせて頂くのですが、他社で失敗した依頼者様からお話しをお伺いすると、報告が三日後や一週間後といった会社もあり、酷い会社になると一か月後に報告する会社もあります。

弊社は、他社で失敗された方からセカンドオピニオンとして活用して頂く事が多く、他社の報告状況なども確認させて頂いています。初めて別れさせ屋と復縁屋をご利用する方にしてみれば、どんな報告をされるのか、どの位の頻度で報告されるのか、といった事が分からず、報告が遅い、早いというものがどの程度の期間を示すのか?も分からないと思います。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としてもご活用下さい。

依頼者様と協力していく依頼という事を忘れずに

別れさせ工作や復縁工作は、依頼者様と協力して進めていくものになります。依頼者様と協力して進めていくのですから、稼働した際にリアルタイムに近い報告がなければ依頼者様は部会社となってしまい、協力関係を結べません。別れさせ屋と復縁屋への依頼に限らず、協力関係を作る際に、何かがあった際に報告がなければ、協力者は何をしているか?が分からなければ協力出来る事がありません。

その為、別れさせ屋と復縁屋への依頼をした際に、稼働すれば報告をされるのは協力関係にあるので当然となります。一週間後、一か月後といった報告をするのは、対人関係をどうにかしようとする別れさせ工作や復縁工作に於いて、意味の無い報告となるのです。協力者である依頼者様は稼働後のなるべく早い状況を知る必要があります。その報告が無ければ、依頼者様を協力者として見てない。ともとれるので、別れさせ屋と復縁屋に依頼したら早目の報告を頂くのは当然なのです。

POINT

別れさせ工作も復縁工作も依頼者様の協力なく成功するモノではありません。依頼者様もチームの一員としてご協力頂く前提の契約となります。

HPにリアルタイム報告と書いてる別れさせ屋と復縁屋は?

リアルタイム報告と聞けば、調査や工作の稼働時に、現場の状況をそのまま報告してくるものと考えます。しかし、このリアルタイム報告というものが実は曲者であり、素行調査や浮気調査であればリアルタイム報告は意味を成します。どこに行ってるか?誰と会ってるか?を聞けるのですから、浮気調査や素行調査のリアルタイム報告は行動を確認する為だけの調査としては意味を成します。※参考記事:浮気調査や人探しの各種調査も承っています。

しかし、別れさせ工作や復縁工作で行う調査は、別れさせ調査や復縁調査といって対象者の素行を調査するものや浮気を判明させるものではありません。復縁させる為の調査や別れさせる為の調査なので、どこに行ったか?誰と会ったか?ではなく、何をすれば復縁出来るか?何をすれば別れさせるか?を判明させる調査であるはずが、リアルタイム報告は、「素行調査(浮気調査)をします!!」と宣言されているものになります。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

POINT

別れさせる為や復縁させる為の調査と浮気調査や素行調査を同じものとして考えている別れさせ屋と復縁屋はとても多いのです。

リアルタイム報告で報告出来る事は「行動確認のみ」になります。

行動確認を目的とした調査をするだけなら、別れさせ工作や復縁工作の調査をする必要がない情報を持っている依頼者様はとても多いのです。

どんな報告が来るか?で成功に向けて進んでいるか?が分かります。

対象者の素行調査のみの報告が来るだけなら、別れさせ工作や復縁工作は成功に進みません。別れさせ調査や復縁調査は、何をすれば別れさせる事や復縁させる事に繋がるか?を調査するモノであり、調査結果を元に依頼者様と打ち合わせをしなければなりません。別れさせ屋と復縁屋から、「対象者がスターバックスに入りました!!」という報告を受けるだけで別れさせや復縁に進むものではありません。

例えば、スターバックスに入って、誰と会い、どんな話しをしていたか?や、そこから別れさせや復縁を成功させる情報を取得して報告するから次の稼働予定や稼働内容を依頼者様と打ち合わせ出来ます。依頼者様と打ち合わせをするので成功に向けて進める事にも繋がります。

POINT

報告内容によって成功に向けて進んでいるか?の判断が出来ます。素行調査の報告だけではなく、別れさせる事や復縁させる為の報告内容でなければ結果はみえてしまいます。

報告が遅くなると失敗する理由

報告が遅くなると、依頼者様と打ち合わせが出来ないので別れさせ工作や復縁工作が失敗する理由にもなります。依頼者様と打ち合わせが出来なければ別れさせ屋と復縁屋は次の稼働日の日程を調整出来ません。次の稼働日の日程を調整出来なければ、工作を進めようにも進められず失敗します。

報告が遅い別れさせ屋と復縁屋に依頼しても打ち合わせが出来ないのですから成功しません。仮に対象者が出て来ず、に稼働日に空振りした報告がその日に来なければ、次の稼働を翌日出来ず、空振りしたという情報を無駄にしてしまいます。普段外出する時間に外出しない事は立派な情報ですが、その情報を無駄にする会社に依頼していても情報を活用出来ないのですから失敗するのは明白です。

POINT

情報を活用するから別れさせ工作や復縁工作は成功するのです。

成功させる事を目的としている別れさせ屋と復縁屋なら報告は早いのが当然です

別れさせ工作や復縁工作を成功させる目的で依頼を請ける別れさせ屋と復縁屋なら報告が早いのは当然です。リアルタイム報告は素行調査の報告でしかないので意味がありませんが、稼働が終わった後にどんなに遅くても24時間以内に報告が来ない別れさせ屋と復縁屋は依頼を成功させる意思があるとは言えません。

成功率が高い別れさせ屋と復縁屋は、報告を早くさせて頂き、次の稼働日の調整や工作員や調査員との打ち合わせや指示を出す時間を取る手間を省きません。成功させる目的の別れさせ屋と復縁屋は、報告を早目にするのは当然と言えば当然の事ですが、その当然が分からない別れさせ屋と復縁屋もあるので注意が必要になります。※参考記事:常識がない方の依頼は当然断ります。

こんなに報告って頂けるんですね…と言われる事も…

弊社では、稼働毎に報告させて頂き、打ち合わせをさせて頂いているので、依頼者様から、「こんなに報告って頂けるんですね。他社とは全然違います…」という声を頂きます。しかし、報告するのは当然の事であり、成功させる為に依頼者様にご協力頂く前提でご依頼を承っているので、成功させる為に当然の事をしているだけでも他社との違いを実感して頂けます。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

報告が遅い別れさせ屋と復縁屋は何も出来ないのです

報告が遅い別れさせ屋と復縁屋は、別れさせ工作や復縁工作を進めてないので報告を出来ません。人間は負い目を感じると連絡を取りたくない…という心理状態に陥るので、何もしてない別れさせ屋と復縁屋は、自然と報告も遅くなります。報告が遅い別れさせ屋と復縁屋は、何も別れさせ工作や復縁工作の依頼を請けても何も出来ない事が自分自身で分かっているので報告を送らせて逃げる様な対応をします。

POINT

稼働はしても工作の成功経験が少ない別れさせ屋と復縁屋ほど、早い報告でオプション料金を設定し、早い報告を求められない様にする手口を使います。

別れさせ工作や復縁工作の報告内容とは?

別れさせ工作や復縁工作は、何をすれば別れさせる事や復縁させる事が出来るか?という情報を得なければなりません。対象者と工作員が接触するポイントの特定はもちろん大切ですが、接触するポイント得る為に調査をするものではありません。工作員が対象者に接触した時は、どんな話しが出て、どんな誘導をしたか?という報告や、その心理誘導によって対象者の心理状態がどう変わったか?を報告させて頂くものになります。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

対象者の心理状態を報告させて頂く事が主な報告内容になりますが、多くの別れさせ屋と復縁屋は、対象者の行動を調査するモノばかりで、素行調査と別れさせ調査や復縁調査を同様に考えている事が伺えます。※参考記事:ターゲットの詳しい情報を別れさせ屋は浮気調査の探偵よりも聞き出せてしまいます。

POINT

素行調査と別れさせ調査や復縁調査の違いを知らない別れさせ屋と復縁屋は多いのでご注意下さい。素行調査をしても別れさせや復縁が叶う事はありません。

報告を受けるのは当たり前の事なのです。

依頼をした以上、別れさせ屋と復縁屋から報告を受けるのは当たり前の事になります。別れさせ屋と復縁屋は探偵会社が運営しており、探偵社のサービスは得た情報を報告させて頂くサービスですから、別れさせ屋と復縁屋に依頼して報告を受けるのは当然の権利になります。報告するのが当然という状態で、報告しないのは非常識になります。

情報を提供するサービスを受けている依頼者様が報告を受けるのは当然の権利なので、稼働日にどんな稼働内容なのか?という報告を受ける契約を依頼者様は交わしている事を忘れてはいけません。

探偵業のサービス内容とは

探偵業法第二条 この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。引用:探偵業の業務の適正化に関する法律

報告する義務に料金が発生する別れさせ屋と復縁屋もあります。

稼働すれば報告をするのは当たり前です。稼働報告を受ける契約を別れさせ屋と復縁屋と結んだ状態にも関わらず、報告することで料金・費用が発生する別れさせ屋と復縁屋には疑問を持って頂く必要があります。※参考記事:(株)ジースタイルの料金・費用はコチラ

報告を受けるのは料金・費用を支払っている以上、当たり前の事なのに、そこに料金・費用が別で発生するのはおかしい事だと思いませんか?悪質業者の中には、報告は当たり前という常識が無く、報告する為に別料金を請求する事で、依頼者様が報告を受けなくてもいいように誘導する悪質な手口を使う別れさせ屋と復縁屋もあります。稼働した報告をしない様に勧めようとする別れさせ屋と復縁屋は悪質業者の可能性が高いので十分にご注意下さい。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。