復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬10%
復縁したい状況2社の復縁屋に依頼し、失敗した状況

T様の復縁相談の内容

T様から復縁相談を頂いたのは、今までに2社の復縁屋に依頼したものの、失敗に終わり、どうしても復縁を諦められないので、復縁させてくれる復縁屋を探している。というご相談内容でした。

1社目のやり取りと失敗に終わった経緯

他社は、復縁の為に何をすればいいのか?というアドバイスをくれる訳ではなくて、復縁工作の依頼をしたら調査と工作をします。と言いながら、本当に接触はしてくれているみたいだけど、元カノから聞いた話しだと、道を聞かれた人がいた…程度の人という認識でした。その事を復縁屋に伝えたところ、復縁屋からの報告は、「それは私達ではないですね。違った形で接触しているんで大丈夫ですよ。」という言葉が返ってきました。

復縁屋の話しを信じて、1か月経った頃、「何も進展ないですか?」と連絡を入れたところ、「順調に進んでいる」というメールが返って来て、そのやり取り以外の報告はなく、「もう少しで復縁出来ると思いますが、契約期間内に終わらなく、こちらの落ち度という部分もあるので、契約を更新してくれるなら更新する際の料金はサービスさせていただきます。」という連絡が来たとの事でした。

復縁屋に電話をしても出てくれず、数日後にメールで返答が来るだけで、メールでのやり取りだけが数日おきに行われる事になりました。彼女と連絡をしても復縁に進んでいる様にも思えず、契約更新をやめて、別の復縁屋に依頼する事にしました。※参考記事:別れさせ屋と復縁屋は詐欺なのか?詐欺会社の手口と会社選びのコツを解説します。

2社目の復縁屋は稼働はしてくれたけど成功しなかった

別の復縁屋は、調査をしてくれて工作もしてくれましたし、復縁屋の工作員と彼女が一緒に写真を撮っているところも報告として挙がって来ましたが、T様が「自分にも何か出来る事はないか?」と、アドバイスをもらおうとしても、「アドバイス料は別料金です。」と言われてしまい、オプションサービスで、お金を払ってアドバイスをもらったところ、「自分で考えてみて下さい。」というアドバイスしかもらえなかったとの事でした。※参考記事:様々な状況に対応する(株)ジースタイルの恋愛アドバイス

こういった状況から弊社に相談をいただきました。

弊社にご相談頂いた際は、二社目の復縁屋との契約が続行中との事でしたので、報告書の情報を頂き、一社目と二社目の情報を分析し、どういった調査、工作が行われていたのか?を分析する事から始めました。

二社目の復縁屋には、現在も依頼を継続中との事だったので、工作方法の提案をT様に伝えさせ、その方法を弊社の工作員が成功させる為に利用する形を取りました。同時進行で、彼女と連絡を取り合えているとの事だったので、彼女への接し方や、自己改善アドバイスをさせて頂きました。何をすれば復縁に繋がるか?という復縁の基本を抑えながら、アドバイスを勧める事で、彼女との距離を詰めていきました。

二社目の復縁屋をコントロールしながら、弊社の工作員が彼女に接触して、彼女から話しを聞き出していくと、二社目の復縁屋は会食はするものの、全く心理誘導をしておらず、復縁を意識させる様な事は全くしてなかった事に気付きます。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

他社が何もしてない事が露呈した瞬間

弊社の工作員が対象者に接触して入ってきた情報と、今までに依頼した復縁屋が入手した情報には大きな誤差があり、二社目の復縁屋は、彼女と接触して会食しているけれど、別れの本当の原因はおろか、今現在彼氏がいる事すらつかめていませんでした。彼氏は、T様から最初にヒアリングして聞いた男性とは異なる人物で、実際に付き合っているのかどうかを調査で確認した後、接触して本人達の口から聞きだしました。※参考記事:ヒアリングで提供頂く情報を【繰り返し修正】していくから工作は成功に近付くのです。

この状況なら、復縁工作を行ったところで復縁に辿り着く事はありません。

別れさせ工作の提案、そして復縁工作成功への流れ

彼女に別れさせ工作を行い、別れさせる提案をしなければならなくなり、当初相談頂いた時とは状況が異なっている事から、追加で別れさせ工作の契約を交わしました。別れさせ工作を行っている間も、T様には彼女と連絡を取り合ってもらっており、彼氏と別れた時の保険として、T様は活用されていた節がありますが、T様と戻り易くする為の別れさせ工作の方法を実行に移したので、彼氏と別れた後に、T様との関係が深まっていきました。

二社の復縁屋がシッカリと復縁調査をして情報を集めていれば、提案させて頂く工作方法は変わっていましたが、T様と彼女の関係が深まった後に、スムーズに復縁に進んだので、結果的には復縁工作が成功した事例になります。