Pocket

別れさせ屋という名称はアングラなイメージを持ってしまうのは一般的です。

別れという言葉自体にそもそも良い印象がなく、

  • 別れさせたい
  • 離婚させたい

という言葉は『幸せなカップル(夫婦)を壊すもの』という印象を持ってしまう事も仕方ありません。

2018年に大阪地裁で別れさせ工作は公序良俗に反しないという判決が出ましたが、それでも別れさせ屋に対するイメージが良い印象に変わる事はありません。

別れさせたい…離婚させたい…という想いを抱えている方達は、世間一般からすれば他人の幸せを妬む存在に見られ、別れさせ屋に依頼するなんて…と、白い目で見られがちです。

それでも本気で別れさせたい…離婚させたい…と思う方々も少なくありません。

決して良い印象とは言えない別れさせ屋に依頼する際に、悪質な別れさせ屋も存在しますので、別れさせ屋に依頼して事件に巻き込まれた…といった事がない様に、以前にあった別れさせ屋の事件をまとめてみます。

これから別れさせ屋に依頼を考えている方が、悪質な別れさせ屋と契約を結んでしまい、別れさせたい…離婚させたい…という問題とは別の問題を抱えない事を別れさせ屋ジースタイルスタッフ一同切に願います。

別れさせ屋が殺人事件を起こしたのをご存知ですか?

2009年に別れさせ屋の工作員が殺人事件を起こした事はご存知の方も多いと思いますが、ご存じでない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明させて頂きます。

別れさせ屋の工作員が依頼者の妻である対象者を誘惑し、ホテルに連れ込み、浮気の証拠を作り、依頼者に有利な状況を作り離婚させる工作を行いました。

離婚が成立し、依頼が完了した後も、工作員は女性対象者と接触を重ね、対象者との間に子供が出来てしまいます。

工作員は当時結婚していたのですが、女性対象者との結婚を考える様になり、妻に離婚を求めるが多額の慰謝料と養育費の支払いを求められます。

女性対象者が工作員との将来に不安を感じ、女性対象者から工作員に別れ話が出た際に、女性対象者に対して暴力を振い、寝室で倒れていた女性対象者の頸部に腕を回し、力一杯締め、息の根を止める為にビニール紐で頸部を締めた後、窒息死により死亡します。

工作員は自分も自殺しようとしましたが、死にきれず、妻に勧められて自首をするという事件になります。

この事件には殺人ともう一つ、詐欺が付いています

犯行を犯した工作員が依頼者へ成功報酬を要求し、別れさせ屋の会社を通さずに個人口座に振り込ませる事や手渡しで受け取る事で依頼者も会社も騙す詐欺罪も併用されます。

事件の概要をネットなどで検索して頂ければ分かりますが、工作員が対象者に本気で恋をしてしまい、その恋が破局に向かい、修復不可能だと気付いた時に、女性対象者を殺害してしまう、何ともやりきれない事件でもあります。

別れさせ屋という職業で出会ったのではなく、殺人事件に発展しなければ、痴情のもつれからくる男女関係の不和と捉えられてもおかしくない内容ですが、別れさせ屋という職業で、尚且つ工作員として女性対象者に接触し、仕事で接触していたモノが本気になり、殺人事件にまで発展してしまった、この事件を見て、別れさせ屋という名称が頭に残った人も少なくありません。

探偵という職業は依頼者から依頼を頂く際に様々な相談を受けます。

その相談にのっている間に依頼者に情が入り、どうにかしてあげたいと思ってしまう事はありますが、この事件を起こしてしまった工作員は、女性対象者と話しをしていた事で、依頼者への情ではなく、女性対象者へ情を持ってしまいます。

殺人事件を起こした工作員を擁護出来る事はなく、工作員は仕事として依頼を請けているにも拘らず、仕事の範疇を越えた越権行為をしてしまいます。

この工作員が本当にプロであれば、依頼者へ情が沸くのは分かりますが、女性対象者に対して情が沸くというのは如何なモノかな?と疑問が沸きますし、成功報酬を自分の口座に振り込ませるなど、私利私欲で行動している事も分かります。

別れさせ屋という名称に、最初に書いた様に良い印象を持つ方は多くはありませんが、この工作員が行った殺人事件によって、別れさせ屋のイメージは更に悪化してしまった事は言うまでもありません。

別れさせ屋が恐喝未遂を犯した事件

家族との絆を取り戻す為の別れさせ工作

2018年、福岡県で別れさせ屋を名乗る男が依頼者に対して恐喝未遂を行ったとして逮捕されています。

この事件の被害者は当時19歳の未成年の女性であり、未成年者に対して現金20万円を脅し取ろうとした恐喝未遂容疑で別れさせ屋を名乗る男が逮捕されます。

別れさせ屋に依頼する際に依頼者は契約書ももちろんですが、個人情報を別れさせ屋側に伝えます。

そういった個人情報を悪用した事件は表に出ていないだけで実際は少なくはありません。

しかし、この事件の特筆すべきは被害者が当時未成年の19歳であったという事です。

別れさせ屋は探偵業社が営んでいる事が多く、探偵業法で定められている法律に基くと、未成年者との契約は親の同意がなければ出来ません。

そもそも、別れさせ屋と契約する際に掛かる別れさせ工作の契約費用は未成年に支払える金額ではありませんし、別れさせ屋を名乗る男性が探偵業社として契約していたかどうかについては疑問が残ります。

未成年者と契約を交わした別れさせ屋を名乗る男性が未成年者との契約を交わす事で、親の同意があったのかどうか?という問題と、親の同意がなく、未成年者と契約を交わした場合、探偵業法違反になり、別れさせ屋の中には、法律を守らずに業務を行う別れさせ屋もある。と世間に広められました。

この事件を起こした男性は別れさせ屋ではあっても探偵業社ではない。という可能性もあり、探偵業として別れさせ屋を営んでいる別れさせ屋にしてみれば探偵業法を順守する事から、脅迫、恐喝などはもってのほかになります。

何でも屋、便利屋、復讐屋等が別れさせ工作も兼用して行う事がありますが、何でも屋、便利屋、復讐屋が別れさせ屋として運営する事と、探偵業社が別れさせ屋として運営する事は異なります。

事件を起こした別れさせ屋が探偵業社であれば、契約書などに基いて別れさせ工作の依頼を承りますが、この別れさせ屋は契約書の作成もしていない事から、何でもアリの別れさせ屋になり、何でもアリの別れさせ屋は対象者に対して工作を仕掛けるのではなく、依頼者に対して牙を剥く為、探偵業社が運営する別れさせ屋ではない事が分かります。

純粋に別れさせ屋を探している方は別れさせ屋から脅迫をされるのではないか…という不安も勿論あると思いますが、別れさせ屋ジースタイルでは事件に繋がる様な違法調査や違法工作等の依頼を承っていませんし、そもそもの話しとして合法的に別れさせるのが別れさせ屋工作なので、違法行為を行うのは別れさせ屋工作とは言いません。

別れさせ屋から依頼者が訴えられた事件

大切な笑顔を取り戻す為に別れさせ屋

最初にも少し書きましたが、2018年に大阪地裁で別れさせ屋裁判が行われました。

事件の背景は下記になります。

依頼者は元恋人女性との復縁を望んでいましたが、元恋人には交際する男性がいました。

お付き合いしている男性がいれば復縁を望んでも難しいと考えた依頼者が別れさせ屋に着手金を支払い、別れさせ工作の依頼をした後、別れさせ工作が成功したものの、依頼者が成功報酬の支払いに応じなかった為、別れさせ屋から裁判を起こされたという事件になります。

男性依頼者の主張として、『別れさせ屋は工作員に性的関係を持たせる計画も立てており、行きすぎだ』と主張します。

この裁判では別れさせ工作の契約自体が公序良俗に反するのか?という部分も注目される裁判となりましたが、大阪地裁の判決は『別れさせ工作は違法ではない』という判決を出し、別れさせ屋側が勝訴します。

この事件の登場人物はネット上でも皆おかしい…とツイッターなどで呟かれ、別れさせ屋の知名度は一気に上昇します。

依頼をした側が、契約は無効だと主張した事により、『自分で依頼しておいて成功したらお金を払いたくないって…』と依頼者の行動を疑問視する声も少なくありませんでした。

別れさせ屋の殺人事件や別れさせ屋の脅迫未遂事件など、別れさせ屋側が事件を起こすケースは今までにもありましたが、依頼者に落ち度がある事件は、全国放送で流れたのはこれが初めてではないでしょうか?

別れさせ屋に纏わる事件のまとめ

別れさせ屋にしか出来ない事…

別れさせ屋が加害者として事件を起こすケースでは、殺人・脅迫未遂と被害者が帰らなくなる大きな事件までもあり、別れさせ屋に纏わる事件は世間に衝撃を与えます。

大きな事件を起こしたので別れさせ屋の知名度が上がった事もありますが、別れさせ屋として知名度が上がる事を喜べる事ではありません。

人と人が関係をする以上、絶対に事件が起きないという事は言えませんが、少なくとも上記事件は法律を順守する心構えでいれば、起こる事件ではないのです。

殺人事件や脅迫未遂など、会社として法律を遵守する事を指導するのは当然ですが、倫理観や道徳心が崩れた人物を採用する事も問題視しなければなりません。

探偵という職業は、人を観察する職業であり、採用する側も採用した人物がどういう人物なのかを見抜く力がなければなりません。

人を観察する力に長けているからこそ、別れさせ屋工作などで出来る事は増えるのですが、殺人事件を起こした工作員も脅迫未遂事件を起こした男性も、相手が…ではなく、自分が…という部分が強すぎて、別れさせ屋として能力自体も疑わしい部分があります。

別れさせ屋の事件だけに限らず、大概の事件は人としてどうなのか?という部分を考えさせられます。

殺人事件を起こした工作員、脅迫未遂事件を起こした男性、そして別れさせ屋に自分で依頼しておいて報酬を払いたくない男性。

これらの人物に共通する事は全て人としてどうなの?と首を傾げてしまう方達になります。

別れさせ屋が事件を起こせば別れさせ屋という業種が白い目で見られてしまいますが、別れさせ屋という業種だからこそ起きた事件ではなく、事件を起こした人物たちの人間性について疑問を持ってしまいます。

しかし、そういった人物たちを採用しているのが別れさせ屋業界である事も現実として受け止め、別れさせ屋ジースタイルでは、この様な事件に関わる事がない様、求人採用の際も厳しく観察し、採用者の質の向上と従業員の指導を徹底していきたいと考えます。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい別れたい・別れさせたい・離婚したい・離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁工作の必要ない人と必要な人 復縁工作の必要がな人は客観的に見て対応次第で復縁出来るであろう...
復縁したいなら復縁屋にサポートしてもらう事は恥ずかしい事ではありません... 自分一人だけでの復縁に限界を感じた時、第三者の協力を求めたくなるのは必...
プロの復縁屋・別れさせ屋だから正しい事を答えます... 復縁工作や復縁調査、元カレ・元カノが浮気をしていて別れさせ工作...
復縁して下さいという復縁屋 復縁屋に相談した際に 復縁した方が良いですよ ...
余分な財産分与をしないで済む別れさせ屋工作方法... 離婚したいという相談を請け、面談をして契約をしたのは不倫中の夫からの依...
モラハラ夫を離婚へ心理誘導させる方法... モラハラ夫と離婚したい時の別れさせ屋工作方法にはモラハラしている事を夫...