Pocket

平成30年8月29日、別れさせ屋と別れさせ屋に依頼した方の裁判が大阪地方裁判所(大阪地裁)で行われました。

結果から書きますと大阪地裁の判決により、別れさせ屋側の主張が通り、依頼者が敗訴となる結果になりました。

探偵業者が交際している男女を別れさせる「別れさせ工作」が公序良俗に反するかどうかが争われた訴訟の控訴審判決が29日、大阪地裁であった。山地修裁判長は、元交際相手の女性を男性と別れさせるために用いた方法は「女性工作員が男性と食事をする」などで、関係者間の自由な意思で行われる範囲にとどまると指摘、公序良俗には反しないと判断した。

依頼人が着手金の一部と成功報酬を支払わないとして探偵業者が提訴。依頼人側は「別れさせるために行った手段は公序良俗に反するため契約は無効」などと主張していたが、地裁は、未払い分の70万円を支払うよう依頼人に命じた1審大阪簡裁判決を支持し、依頼人の控訴を棄却した。(接触は食事のみ、自由意志…「別れさせ屋」に適法判決 大阪地裁控訴審引用:産経新聞)

この裁判で多くのメディアが別れさせ屋の裁判に対する報道を行い、ネット上でも多くの声が挙げられました。

いくつかツイッターで挙げられていたツイートがありますので挙げておきます。

ミヤネ屋で別れさせ屋の裁判が取り上げられてたけど、ほんと意味不明で笑った。探偵さんもいい迷惑だよな。 あと、別れさせ屋って、離婚したい人がやるもんだと思ってたから、元カノとその今彼を別れさせたいって依頼もあるなんて思わなかった。こんなこと頼む男は気持ち悪いし、復縁はないと思う。

別れさせ屋の裁判を起こした男は小さすぎる。元彼女の彼氏と女性工作員が性的関係を持っても元彼女が性的関係を迫られて訳じゃ無いし結局お金を支払うのが惜しくなったんでしょう。どっちにしろこんな小さな男の所に元彼女が戻って来る訳無い。

別れさせ屋依頼して支払いしやんっつって裁判てどんだけクズなんびびるわ

別れさせ屋の工作で恋人を失った女性(A子さん)による訴えではなく、A子さんとの復縁を望んで依頼した男性(B男さん)が、支払いでトラブって業者におこされた裁判とのこと。

なるほど。今回のケースでは、公序良俗に反するとまでは言えない、との大阪地裁の判断。どのレベルで公序良俗に反し、契約が無効となってしまうのか…。今後も気になるところ。接触は食事のみ、自由意志…「別れさせ屋」に適法判決(引用:ツイッター)

この様に依頼者に対しての非難も大変多くあり、依頼をして、成功した際の成功報酬の支払いを拒否した男性に対して非難の声が集中しました。

別れさせ屋裁判は多くのメディアで報道された為、多くの方がこの別れさせ屋裁判についての見解を述べられ、法律家である弁護士のブログでも見解を述べられています。⇒「別れさせ屋」は適法?!大阪地裁判決について

この裁判では別れさせ工作が公序良俗に反し、契約自体が違法かどうか?という事も争点となりましたが、一般の方は何かの依頼をして、それに掛かる料金が発生し、その料金を支払わなかったらおかしいという認識を持っています。

しかし、この男性は自分の要望が叶わなかった(要望は別れさせて復縁)為、料金を支払わないという行動を起こしましたが、例えば外食をして、自分の納得がいかない味だから料金を支払わない食い逃げと同じ事をしているという認識はなかったようです。

食い逃げは日本では詐欺になりますが、その食い逃げに対して裁判を起こされたら誰でも敗訴する事はご理解されていると思います。

食い逃げを正当化する為に、どれだけ相手に落ち度があると申し上げたところで、結局のところ注文したのは自分です。

その理屈が通らない事は周知の事実ですが、この敗訴された方は理解されていなかったという事になります。

一般常識が分かっていない方が復縁したいと相手に求めたところで復縁出来るのか?という疑問もありますが、それは一旦置いておいたとして、大阪地裁の判断は、食い逃げは許されませんよ。という判決結果になりますので正しいという見方をする方がほとんどです。

自分の要望が叶わなかったから料金を支払わなかった事が認められる事は法治国家である日本では認められない行動になります。

大阪地裁の判断、別れさせ屋工作は公序良俗に反するのか?

大阪地裁の判断として別れさせ屋工作は公序良俗に反するのか?という部分も着目しなければなりませんが、大阪地裁は下記の様にも述べています。

「女性工作員が男性と食事をする」などで、関係者間の自由な意思で行われる範囲にとどまると指摘、公序良俗には反しないと判断した。

女性工作員が男性と食事をする事自体は公序良俗に反しません。

それが別れさせる目的を持って男性と工作員を接触させたとしてもです。

例えば男性に付き合っている女性がいる事を知って、その男性と仲良くなり、浮気状態を作ってしまった女性が法律に触れる事をしているのか?と言われれば、その女性が法律に触れる事はありません。

何故なら、婚姻関係にないカップルの場合、恋愛は自由恋愛になり、たまたま出会ってしまった男性に対して恋心を持ち、その男性とお付き合いをしたいと考える事は法律に反する事ではありません。

体の関係を男性が付き合っている女性と別れる前に持ってしまったところで関係者間の自由な意志で行われる範囲に留まる為、浮気状態、二股状態になったところで法律を犯す事にはなりません。

しかし、これが既婚者であり、不倫関係となれば家庭崩壊を目論む為、公序良俗に反する可能性はもちろんあります。

大阪地裁が出した判決は、恋人間の問題であり、恋人間の問題に対して自由恋愛という原則の下に行われた別れさせ屋工作は適法という判断を下したのですから、公序良俗に反する事はなく、このケースの別れさせ屋工作は適法という意見がほとんどになります。

その為、別れさせ屋工作を行った別れさせ屋が非難されるのではなく、その支払いを拒否した依頼者が非難される結果となり、この事からも別れさせ屋工作は公序良俗に反するか?という裁判はメディアにも多く取り上げられ、依頼者が非難される事で幕を閉じました。

大阪地裁の判決に対する別れさせ屋としての見解

 

大切な笑顔を取り戻す為に

弊社も別れさせ屋なので別れさせ工作の業務を行いますが料金に関して分割で対応して欲しいといったご相談も頂きます。

しかし実際に別れさせ工作を行い成功した結果、料金を支払いたくないと考える方はゼロではありません。

別れさせ屋は『別れさせ工作の依頼を下さい』と依頼者の方にお願いして行う事はなく、別れさせ工作の方法を様々提案させていただき、その上で別れさせ工作を行って欲しいと依頼されるのでご依頼を承ります。

そういった提案に関して最初から不満であれば『別れさせ工作の依頼は公序良俗だから依頼しない』と言って頂ければ依頼を請ける事もありませんし、料金を請求する事もありませんが、依頼をしたいと言われたので契約書を交わし、別れさせ工作を行う為に工作員を配備し、その結果、別れさせ工作成功しているにも関わらず、公序良俗に反する行為として『料金を支払いたくない』と仰られれば、『何を言っているんだろう?』という気持ちになります。

工作員や調査員を利用しておいて料金をお支払い頂く事が出来なければ裁判で訴えを起こす事に関しても理解する事が出来ますし、この被告男性がフラれて別れさせ屋を利用しなければならない状況に陥ったのは、結局の所、こういう自分本位な性格にも難があったのではないかと思います。

他人のカップルを別れさせるなんて酷い…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この裁判の被告男性の様に復縁したい相手に新しい恋人がいれば、その相手がいれば復縁出来ない訳ですから別れさせ工作を依頼したいと考える気持ちは分かります。

人によっては別れさせ工作に依頼するなら他の異性を探せば良いと考える方もいらっしゃるかと思いますが突然フラれた経験がある方は間単に諦められないという気持ちが全く分からないという方は少ないのではないでしょうか?

被告男性は結果的に別れさせ工作の依頼をする事になり、復縁を望むという形を取るようになりました。

そして別れさせ工作の依頼をし、別れさせ工作が成功する事となり、依頼を遂行した別れさせ屋に感謝するなら分かりますが、料金を支払わないというのは最初から別れさせ屋を騙すつもりで依頼をしたのではないか?という様に見えてしまいます。

最初から別れさせ屋を騙すつもりで依頼をしたのであれば大阪地裁が下した判決も全く違和感を感じませんし、別れさせ屋は依頼者の味方となって行動しているにも関わらず、その味方に対して騙すような考えをしていれば別れさせ工作の対象者であった女性にフラれる理由も分かります。

最愛の彼女に対しても裏切り行為を行い、その後に味方となった別れさせ屋に対しても裏切り行為を行えば、誰一人味方となって協力してくれる方は存在しない。と考えるのも間違いではない事に気付いて頂けるのではないでしょうか?

ネット上には依頼をして成功させてもらってお金を払わない被告男性に対するバッシングが大変多く載っていますが、この男性が自分自身に問題がある事に気付くのは一体いつになるのでしょうか。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

別れさせ屋を自称した畑中杜志亜容疑者が脅迫未遂で逮捕... 別れさせ屋を自称した畑中杜志亜容疑者 別れさせ屋を自称する男性が...
別れさせ屋に相談しても違法行為は致しません。... 別れさせる為に別れさせ屋に相談して別れさせる方法を探しますが、...
三菱UFJ社員が、マッチングアプリで出会った初対面の女性に睡眠薬飲ませ、性的暴行で逮捕... マッチングアプリや出会いアプリ、婚活サイト等を利用して、気軽に出会いを...
大津・園児死傷事故で起訴された新立文子容疑者を逮捕 保釈中にストーカー行為か?... 大津市で保育園児ら16人が死傷した事故で、起訴された53歳の女...
弁護士法違反の容疑で探偵業を営む塚田栄次容疑者を逮捕... 弁護士法違反の疑いで、長野県松本市の探偵業、塚田栄次容疑者(69歳)が...
美魔女モデル刃傷事件の岩本和子容疑者は、不倫とは知らなかった。... 不倫をしている人は考えているより多くいて、お互いが既婚者という事を知り...