Pocket

復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁については復縁工作、復縁を視野に入れた別れさせ工作、いづれにしても、対象となる人物がいることはまぎれもない事実です。

当然ながら工作というプロセスを経なければならない問題であれば、まずはその対象者となる人物のことをしっかり見極める必要があり、その為にはやはり対象者の動向確認が必要不可欠になります。

ですので、対象者の動向を正確に確認するうえで、張り込みや尾行、つまり復縁調査はとても重要なプロセスになります。

しかし、例えば浮気や不倫をしている側となるとこの事実を知られるわけにはいけないですし”やましい”という気持ちがある以上、凄まじい警戒心をもって行動するわけです。

浮気や不倫だけではありません。常に自分に”やましさ”がある人は警戒心は ただならないくらい強く持ち合わせています。復縁屋ですので、基本的には、浮気や不倫などの問題が多いのですが、稀に、男女間の問題ではなく、違った意味で警戒しなければならない対象者の方もいないわけではないのです。

このような見えない問題を抱えている対象者の方は、浮気や不倫などの警戒心の非ではありません。異常な程の警戒心を持っている方というのも実在しているのです。実際に、張り込みや尾行をおこなった際に警戒心が強い方は少なくありません。

調査をする際、警戒心がある人の尾行を行う時というのは、対象者が警戒する以上に調査員側の方が警戒することが求められますので、普段の調査・尾行の以上の身体的あるいは精神的なエネルギーの消費をさせられる事になります。

このように警戒心が強い人は常に、周囲を見渡すことを忘れません。周りに不審人物がいないかどうかを確認し、仮に不審な人物だな…と感じ取った人物がいた場合には、その人物が少しでも不穏な動きを察知すれば、更に警戒心が増し、尾行や張り込みする側において非常に困難な状況をつくられてしまいます。

普通に日常生活を送っている善良な方なのであれば、何も後ろめたい事などないわけですから、「人に監視される」「尾行される」ことはありませんし、別に周囲を気にする必要は無く警戒などする必要が全くないわけです。ただし、警戒心が強いではなく、異常なくらい強すぎる対象者というものは実際に存在します。

このように異常なくらいの警戒心の人物に関しての調査には弊害が生じてくることになるのです。尾行や張り込みを行う調査員を何度もさせることが出来なくなってしまいますし、その先のプロセスである復縁工作や別れさせ工作など工作活動での、工作員の接触すらも出来なくなってしまうという事にもなりかねません。

しかし、警戒心が強い対象者だからと言って、尾行・張り込みを失敗を許されるはずはありません。例え、異常なくらいの警戒心を抱いている対象者であっても、しっかりと、その先のプロセスにつなげていく事がプロの調査員であると自負しています。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁屋は依頼者も調査します。 調査というと家を調べたり、素行を調べたり、一般的なイメージは物...
復縁調査と復縁工作 後編 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルには「復縁調査」と「復縁工作」があります...
飲み会の場で聞かれる、「探偵ってなぁに?」... こんにちは、最近は調査員としての活動の機会も増えている、ジースタイルの...
復縁屋の復縁調査って何を調べていくの?... 復縁屋は復縁工作の相談をされる際に復縁調査の重要性をお客様にご説明させ...
張込み⇒尾行へ こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。 以前も、...
復縁調査と復縁工作 前編 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルには「復縁調査」と「復縁工作」があります...