Pocket

大好きな相手と別れたけれど、TwitterやFaceBookではまだ繋がったまま・・・。

復縁について悩む方の中には、そういった各種SNSを上手く使って復縁できないだろうか?とお悩みの方もいらっしゃいます。

確かにそういったSNSは使い方によっては大きなプラスの作用をもたらしてくれますが、使い方を間違えてしまうと、そのせいで逆に復縁しづらくなってしまったり、復縁できなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

間違えたSNSの使い方で復縁ができなくなる理由

関係改善に必要な事はご相談下さい

まず、間違えたSNSの使い方で復縁ができなくなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

ひとつ言えることとして、【そこに書くものは復縁したい相手がもしも見てしまったときに、しっかり読まれてしまうかもしれない】という点があります。

復縁したいと考えている方からすれば、しっかり読まれることは良いことなのでは?と考えるかもしれません。

でもそれはその文章が復縁したい相手が喜ぶ=相手が「復縁したい」と思えるものであった場合であり、もし一文でも「こんな風に考えていたんだ・・・」とガッカリされてしまうような内容が混ざっていたら、しっかり読まれた結果、相手に「絶対復縁しないようにしよう」と決意されてしまうかもしれません。

内心を書くものとしてはリスクが高すぎるのです。

例えば復縁工作を選択し、いざ相手に会えるようになったとしましょう。

そこで復縁についての話題になったとします。

そのときに、相手にそのガッカリされてしまうような内容を書いてしまっていては、復縁については拒絶されてしまうようになってしまいます。

特にTwitterやLINEのタイムライン、インスタグラムのタイムラインなどは簡単にそのときの心情を投稿することができるので、注意が必要です。

また本人が見なかったとしても、共通の友達がいる場合、「お前の元カノ、こんなことを投稿してたよ」とスクリーンショットで復縁したい相手に見せられてしまうかもしれません。

そのせいで復縁できなくなってしまっては、どれだけ後悔してもしきれませんよね。

しかも不思議なことに、ポジティブな内容よりもネガティブな内容のほうが、人は印象に残りやすいのです。

おおよその場合、百害あって精々三利もないのが、安易なSNSへの投稿です。

そういった事態を防ぐためにも、弊社としては、安易にSNSに心情や後悔や反省を投稿することはオススメしていません

SNSの使い方次第では、それがきっかけで復縁できることもある

ではSNSの活用は復縁に有効ではないのか?と言えば、そういうわけではありません。

冒頭にも書いたように、使い方によっては復縁に大きなプラスの作用をもたらしてくれるのも、SNSです。

例えば以前弊社が実施させていただいた工作では、アプローチのためのジャブとして、Twitterを活用しました。

復縁工作の内容によっては、復縁したい相手の生活サイクルや活動圏を調べてそこで偶然再会するかたちをとることもあるのですが、警戒心が強い相手の場合は、いきなり急に目の前に現れては「どうしてここにいるの!?」と警戒されてしまうこともあります。

それを防ぐため、事前に復縁調査で相手の活動圏を調べ、復縁したい依頼者が知らない対象者の活動圏を特定し、そこに用事ができた旨をSNSに投稿するのです。

例えば「営業先がそこ周辺(=相手の活動圏)になった」といった具合です。

そうすれば、相手に「偶然この辺りに来るようになったんだなぁ」間接的な形で事前情報を与えることができるため、再会をしても警戒されることはありません。

実際に再会したときにも、「最近開拓した営業先がこの辺なんだよね」と言えば、Tweetとの一貫性があるために尚更に疑われることがありません。

また、以降に何度か再会することがあっても違和感はないでしょう。

このように、使い方によっては非常に有効なツールにもなるものが、SNSなのです。

SNS工作(ネット工作)ってどうなの?

復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

さて、今もSNSで繋がっている方が気になることのもうひとつとして、SNS工作(ネット工作)というものがあるかもしれません。

例えばTwitterやインスタグラムなどで工作員が接触しそこから復縁できるように促す、というものですが、正直弊社としては、SNS工作のみで復縁できるのか?については疑問があります。

まず今の世間の風潮を考え、昔のようにメル友文化などもほぼ無くなった今、ネットで知り合っただけの人、特にTwitterやインスタグラムならばリプライやコメントでのやりとりでしか関係性を作っていない相手に、過去の恋愛の内情をおいそれと話すでしょうか?

10代などの若年層であればその可能性はないとは言えませんが、年齢が高くなるにつれネットリテラシー(情報ネットワークを正しく利用することができる能力や、インターネットに対する警戒心)も高まりますし、成功する可能性は非常に低いものとなるでしょう。(逆に50代や60代になればネットリテラシーは低下する傾向がありますが、その年齢の人がTwitterを使うことは稀です)

SNS工作は実働を必要としない(実際に調査員や工作員が外で何かをするわけではない)ために費用の安さから安易に契約をする方もいらっしゃるようですが、もし自分が逆の立場だったら?を考えてみて欲しく思います。

ネットでしか知らない相手に、過去の恋愛について詳細に話しますか?

また復縁について促されたとして、「どうしてこの人は復縁するように言ってくるんだろう?」と考えませんか?

場合によっては、「もしかして実は元交際相手本人なのでは?」と警戒しませんか?

実際の接触を含む復縁工作と併用してネット上のコミュニケーションも活用するのであれば意味もあるでしょうが、そうでないSNS工作単体に過剰に期待することは失敗に繋がりかねないので、注意が必要です。

参考ブログ記事

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

出会い系サイトからのネット復縁工作... 復縁屋ジースタイルにお問合せ頂く際に、ネット復縁工作ってどうなんですか...
オンライン上での接触、ネット工作を望むなら... 先般、現職の警察官の女性が出会い系アプリを利用して複数の男性と関係をも...
オンラインで接触する理由と方法、復縁工作員が気を付けていること... 復縁工作や別れさせ工作には様々な方法や方法に伴う過程がありますが、今回...
ネット復縁工作 復縁工作を行う際にはSNS等の活用もします。 lineの...