Pocket

復縁したい・復縁相談なら

復縁工作の方法といえば心理誘導の事を指しますが、ご相談頂く方達から工作方法について、ご質問をされると接触方法ばかりを気に留められます。

本来の復縁屋工作方法は心理誘導の方法になりますので、この記事では心理誘導の方法について説明させて頂きます。

復縁屋工作を検討している方の中には相手が『復縁したいと思ってくれれば良いな…』と思う方は大変多いかと思いますが、復縁したいと思ってくれれば…の前には復縁を意識させる必要になります。

別れた相手は復縁を意識していないから別れを決意した状態です。

復縁を意識していないのですから、復縁活動をする方は「復縁したい」という言葉を出してしまいますが、この言葉が直接的過ぎる為、相手の心が復縁を意識とは逆に、復縁を否定し、復縁しない方向に考えます。

すがる。

という行為は、復縁を望む際に相手から復縁を否定させてしまう役割もあるので、復縁活動中のすがる行為はご法度になります。

復縁工作の心理誘導の根本的な理屈とは?心理誘導を事前に知っておこう

心理誘導を一言でいえばAを好きだったものをBを好きに誘導する。

といった認識を持っている方もいると思います。

しかし、これは間違った認識になります。

Aを好きだった人に対して、心変わりをさせるのではなく、心理誘導を行う場合、AもBも好きにさせる様に仕向けるのが心理誘導になります。

その為、復縁工作の心理誘導を行う場合に、対象者がAさんと付き合っている状態で心理誘導を行ってもBさん(依頼者)を好きになってもらう事はほとんどなく、あわよくば浮気、二股状態になってしまいます。

復縁工作の心理誘導の方法を復縁屋に聞く前に知っておいてほしい事

復縁屋・復縁工作をお探しなら

では実際に心理誘導の方法について、何をどうすれば復縁を意識させる事が出来るのか?

復縁工作を検討している方は、この部分を知りたいかと思いますが、心理誘導の方法については詳細を説明する事が出来ません

企業秘密等ではなく、理由は単純に考えて頂ければ分かりますが、気持ち、状況、性格は、直接対象者に接触してみなければ分かりません。

例えば、復縁を実は少し意識している相手と、全く復縁を意識していない相手でも誘導の仕方が異なります。

分からない事に対して心理誘導の方法を説明する事は出来ません。

その為、状況に応じて対応していく形を取らなければならないのですが、他社では○○をすれば復縁成功出来ますよ。といった様に、分からない事に対して、心理誘導であたかも復縁成功する話しを持ち掛けられるそうです。

心理誘導の方法は、相手の状況等に合せて進めていかなければならず、その状況は相手次第で全く異なる事から、状況に合わせて心理誘導の方法を変えていかなければなりません。

大まかな方法では復縁を意識させる様に心理誘導するんですよ。

という話しは出来ますが、あくまでも状況に合わせた大まかな方法をお伝えするしか出来ません

その為、復縁工作の方法について知りたいと仰る方は非常に多いのですが、ヒアリングをさせて頂くからこそ、どの様に心理誘導を行うのか?という方法をご提案する事は出来ますが、実際に接触してみると状況が異なる事もある為、事前に提案する心理誘導と異なるケースも少なくありません。

状況を確認せずに『○○すれば復縁成功に繋がりますよ。復縁成功率に関しては分かりません。』といった説明をする様な復縁屋にはお気を付け下さい。

復縁屋工作で心理誘導する内容を事前に全てお伝え出来ないのは理由があります。

  • どんな内容の心理誘導をしてもらえるのか?
  • どんな方向に進めていくのか?

心理誘導について知って復縁屋工作を依頼するか検討している…という方は少なくありません。

心理誘導で本当に復縁を意識させる事が出来るのか?

復縁工作を検討する方なら気になる部分かと思います。

相手も人間ですから、会話の流れをある程度、用意しても耳を塞がれてしまう事もあります。

想定していた会話の流れの通りでも、予期せぬトラブルや、想定外の返答えが返ってくる事もありますし、実際に接触してみなければ分からない部分は多々あります。

どんな話しをするのですか?

という、大体の流れのご質問についてはお答え出来ますが、大まかな流れ以外の流れは、伝えようがありません。

例えば、ビジネスの場であれば、ビジネスの話しをする。という目的がある話しの場に行く事になるので、ビジネスの話しに会話は限られますが、復縁屋工作は相手に復縁の話しをしに来たよ!と伝える事は出来ません。

復縁の話しをしに来たと伝える事が出来ない以上、工作員が復縁を含む恋愛の話しの流れを作り出さなければなりません。

会話のスタートがランダムにある中から、限られた話題にしていくのですが、その話題に相手が興味を示さなければ、他の話題を振り、相手の関心を惹かなければなりません。

これらを説明しろと言われても事前にお応えする事が出来ない為、心理誘導の大まかな流れを説明する事は出来ても、詳細については接触の仕方から相手によって変わりますし、伝えようがないのです。

少しづつ距離を詰めて話しやすい環境を作り、環境を作る為に様々な話題を振る事が求められ、相手に合わせた形で復縁成功に向けた誘導を進めていくという流れ以外に説明のしようがありません。

復縁屋工作の目的は復縁成功になりますが、それに辿り着くまでに様々な問題がある為に、事前に机上の空論でどうするか?という事を漠然と伝える事は出来ますが、現場と机の上は異なります。

依頼を請けた後に突然転勤になったという事もありますし、何が起こるか分からないのが復縁工作になる為、復縁屋工作の成功率は何%ですか?という話しをされて〇〇%です。

と、お答え出来ないのは、状況によって様々なトラブルも発生するので仕方のない事になります。

心理誘導は結局のところ、情報操作で人間の心理を操作します。

幸せだった時を取り戻したい

心理誘導を催眠術の様に考え、催眠をかけて復縁したいと思わせてくれる?

と考える方もいますが、心理誘導は催眠術の様に生まれ持った能力がなければ出来ないものではありません。

訓練を積む事で習得出来るものであり、相手の心理部分に情報を与えて、望む方向に誘導する情報操作だとご理解下さい。

心理誘導って情報操作なの?それで復縁成功に繋がるの?

情報操作と言えば、何を想像しますか?

大掛かりなものであれば、政治家が情報を操作し、国民の思考を操作する事もありますし、マスコミが、テレビや雑誌を使って情報を視聴者、読者に与えて、その情報を信じ込ませるのも情報操作になります。

しかし、情報操作されている事に視聴者は気付きません。

仮にテレビや雑誌の情報が間違った情報でも信じます。

情報操作は大なり小なりありますが、実は誰しもが行っている事なのです。

復縁屋工作の工作員は、誰もが行う事が出来る情報操作を行い、復縁成功に向けて意識をさせる様に仕向けます。

テレビショッピングの様に直接的に復縁を勧めるのではなく、間接的に復縁を勧め、相手の意識に復縁を植え付けるのが復縁屋工作の情報操作になります。

深夜帯に必要としていない物を欲しくなる様に、復縁を望んでいない相手に対して復縁を意識させる情報操作を復縁屋工作の心理誘導と言います。

商品を買わせる為にメディアでの露出をどの様に見せるか?

と考えるCMディレクターと同様で、復縁屋工作は、依頼者を復縁成功させる為の復縁ディレクターと呼んでも過言ではありません。

テレビショッピングでは、良い商品をより良く見せる為に役者を使います。

復縁屋もより復縁成功率を高める為に復縁工作員を使います。

アドリブでも対応出来る情報操作を行う為に、復縁しても良いかな?という方向に相手の心理状態を進めていく事が出来、復縁成功にも繋がります。

参考ブログ記事

心理誘導で実際に使う心理学の例

復縁屋・復縁工作

復縁屋工作の心理誘導ってどんな事をするの?

細かい説明が出来ないのは分かったけど、でも実際にどんな心理誘導をするのか知らないと依頼しづらい…という方の為に、心理学について、簡単にいくつかの例を挙げてみますので参考にして頂ければと思います。

人の心理はどの様な働きをするのかを学び、その上で取り組む必要があります。

※以下に挙げる心理学は一般的なものであると言えますが、これを読んだからといって、安易にこれらの心理誘導を相手に試そうとしないで下さい。知識がないままに心理誘導を行うと、逆に悪い印象を与えてしまう場合があります。

ラポールトーク

ラポールとは臨床心理学で遣われる言葉で、大まかにはセラピストとクライアント間の信頼が成立した状態のことを言います。

このラポールが成立していなければ、カウンセリングは成り立ちません。

カウンセリングのみならず、通常の人間関係においてもラポールは重要で、それが出来なければ心理誘導は出来ません。

このラポールを形成する為に有効な手段は、「ラポールを形成したい相手と共通点を多く持つ事」です。

次項のミラー効果にも通ずるものですが、人間の習性として、「自分に似た人間に好意を抱きやすい」というものがあります。

例えば出身地、学生のころにしていた部活、仕事(職種)、年齢、住んでいる地域。

「高校のころ、バレーボールしてたの?同じだね!ポジションはどこだった?」「○○に住んでるんだ、近いね!△△ってお店に行った事ある?」という会話をした事がある方も多いのではないでしょうか?

ヒアリングや調査でラポールを築きやすい情報を複数用意し、それを元に心理誘導のキッカケを作ります。

ミラー効果

ミラー効果もよく知られた心理学ですが、これは心理誘導の過程で工作員と対象者が仲良くなる様に働きかける時などに使います。

  • 髪を触るタイミングで同じように髪を触る。
  • 飲み物をとるタイミングで同じように飲み物をとる。

工作員と対象者が既にlineなどでやり取り出来る位に仲良くなっているなら、lineでよく送る絵文字を真似するなども、ミラー効果としては有効です。

ミラー効果を上手く使えば、工作員に親近感を持たせる事が可能になります。

しかし、ミラー効果は大変メジャーな心理学の方法である為に、「ミラー効果を狙ってやっているな」と気付かれてしまう恐れもあるので、自然に出せる様にしなければなりません。

ダブルバインド

ラポールがきちんと成立している場合、ダブルバインドはかなり有効に作用します。

恋愛や人間関係においてのダブルバインドとは、どちらを選んでも同じ答えにしか辿り着かない質問をする事であり、選択肢を与えている様で与えないという事になります。

…と書くと、すごくネガティブな印象に聞こえるかもしれませんが、使い方次第では、とても有効な方法になります。

もっともよくあるダブルバインドの方法を紹介しましょう。

デートについて全く話し合っていない状態で、「ねえ、○○に行こうと思うんだけど、土曜と日曜、どっちが空いてる?」という質問です。

この場合、どっちも空いていなかった場合は「無理」と断られますが、日曜が空いている場合、「日曜は空いてるよ」との回答を得られ、「じゃあ日曜に行こう」と、予定を決めてしまう事が出来ます。

質問自体が「空いている場合は行く」を決定しているものであり、「空いているけど行かない」を前提としていません。

これを復縁屋工作に生かす例として、対象者に「○○さん(依頼者)にいつ連絡するの?」という質問をする時に有効活用出来るケースがあります。

既に連絡することを”勝手に”前提として、「じゃあいつするの?」との問いかけになっており、明日と言おうが明後日と言おうが「連絡する事」はもう決定事項として働きかける事が出来ます。

心理誘導したい着地点を工作員が”勝手に”決めた上で、着地点までの到達方法のみの選択肢を与える事で、あくまで「自分がそう選んだ」と錯覚させる方法が、ダブルバインドです。

サブリミナル効果

清涼飲料のCMなどで話題になったサブリミナル効果は、有名な心理学の1つになります。

例えば映像で、0.01秒のコマ毎に飲み物の写真を混ぜる事により、深層心理に飲み物を植え付け、「飲みたい」と思わせる方法になります。

例えば、復縁屋工作員が、依頼者が良く着ていた服や身に着けていた持ち物(アクセサリー)を付けて対象者に接する事で、サブリミナル効果を狙って依頼者と持ち物を関連付ける事も出来ます。

また、サブリミナル効果は視覚だけでなく聴覚にも影響があるので、口癖を工作員が真似をする事で、サブリミナル効果を得る場合もあります

単純に、背格好や顔立ちが似た工作員を使うケースも、過去の復縁屋工作ではあります。

ゴルディロックス効果

ここで趣向を変えて、1つ質問です。

車の購入を悩んでいて、準備出来るお金が300万円だとします。

100万円の車、200万円の車、300万円の車があった場合、スペックがほぼ変わらなければ、どの車を買いますか?

多くの方が、200万円の車を買うのがゴルディロックス効果の影響になります。

いくつもの選択肢がある中では、人は「中間クラス」を選んでしまう習性があります。

「最低クラスは安っぽい、最高クラスは高すぎる…じゃあ中間クラスで良いか…」の心理です。

これも心理学の1つになります。

これを応用して、どのように使うか?

それは、依頼者に「中間クラス」になって頂く必要があります。

例えば相手にとって依頼者が最低クラスだったとします。

工作員と相手で恋愛トークし、悪い恋愛の思い出を話す流れを作ります。

その中で相手が「こんな悪い人がいたの」と依頼者の事を話し始めた時に、「でも自分の付き合っていた人はもっと悪かったんだよ」と、もっと下、最低クラスの印象の人物を相手に植え付けます。

ゴルディロックス効果が上手くハマれば、存在を中間クラスに寄せる事が出来る様になります。

こうする事で、記憶や印象を、「悪い」から「そんなに悪くなかった」の方向に誘導する事が出来る様に心理誘導する事が出来ます。

心理誘導で実際に使う心理学を行っても復縁屋工作が失敗する可能性もあります。

心理学の中でもある程度有名なものを5つほど取り上げさせて頂きました。

それでいて大きな効果がある心理学を活用した心理誘導を行い、復縁屋工作の成功率を上げる事にも付与しています。

心理誘導に大切なことは、ダブルバインドの項目でも書いた、あくまで「自分がそう選んだ」と錯覚させる事になります。

最終的な決定権は相手にあり、また、そうでなければ意味はありません。

その上で、その錯覚が錯覚ではなく事実にする為には、依頼者様の自己改善が必要になります。

心理誘導で選んでもらえる様に誘導して、自己改善の結果を相手に魅せる事で、「ああ、自分の復縁しようという選択は間違っていなかった」と、相手に思って頂く事が出来なければ、復縁屋工作は成功する事はありません。

相手にとって、選択肢の1つで終わらない様にする為に、最後の一押しは、自分自身の改善が鍵を握ります。

工作は対象者との仲を深める心理誘導を行う事から始まる

大切な人を取り戻すサポート

復縁工作「どこで接点を作るか?」という部分から始まり、接触した後は演技力が無くても心理誘導を行う事は出来ます。

同様の趣味を持つ中で関係を深め、互いの家を行き来出来るまでに関係を深める事が出来れば時間が掛かるものではありません。

例えば、相手が引っ越したばかりであり、周囲に友人もおらず、寂しい状況なら、その状況に合わせたアプローチが求められ、アプローチ後の心理誘導も相手に合せた心理誘導を行わなければなりません。

人間関係が出来ていない状態で「何で離婚をしたの?」と踏み込んだ話しをしても、答えてくれるかどうかは相手次第になり、それらの話しを聞き出す為には心理誘導で人間関係を構築する事が求められます。

同意をしたり否定をしたり、時間を掛けて人間関係を構築し、話しを聞き出す事から始め、依頼者への不信感を拭う心理誘導を行う際に、過剰に依頼者を庇う行動をすれば、相手は壁を作り、全てを正直には話してくれない恐れが出てきます。

対象者に敵認定されてしまえば、心理誘導を行う事が出来なくなってしまう為、適度な距離を保つ関係の継続をしなければなりません。

焦らずそれでいてスマートに確実に復縁工作は、プレッシャー(圧力)をかける力加減が重要になります。

参考ブログ記事

復縁屋工作の心理誘導で復縁成功出来るの嘘

世界で1人だけの大切な人を取り戻すなら

復縁屋に問い合わせて復縁屋工作の相談をする際に気を付けて頂きたいのが、心理誘導を行う事で復縁成功出来る訳ではない!という認識を忘れない様にして下さい。

復縁屋工作をすれば復縁出来る。

復縁したい人からしてみれば、お金を払って復縁成功出来るなら…と頭を悩ますのではないでしょうか?

こういった相談者の方が多いのも事実としてありますが、復縁屋工作の依頼をすれば復縁成功出来る。と契約を勧める復縁屋にはお気を付け下さい。

心理誘導について上記でご説明させて頂きましたが、心理誘導を行ったから復縁成功出来るのではなく、最終的に相手に復縁しても良いかな?と判断してもらう為には自助努力が必要不可欠になります。

復縁屋工作は復縁を意識させる事など、黒子となってサポートは出来ますが、復縁の判断をしてもらうには依頼者の協力がなければ復縁成功はありません。。

心理誘導を行い、自己改善した姿を魅せるキッカケがない方が有効に使えるものであり、そこには自己改善をされたという前提条件があるからこそ、心理誘導が効果を発揮します。

その為、別れた当時と何も変わらない状態の人を復縁屋工作で復縁成功させる事は出来ません。

元が0の人を周囲の人がどれだけ言ったとしても0が100になる事はなく、別れた状態は0、もしくはマイナスの状態です。

0かマイナスの状態に誰かが何かを言っても100になる事はなく、0かマイナスをプラスにするからこそ復縁屋工作が効果を成します。

心理誘導をするから復縁成功出来る訳ではない事をご理解下さい。

心理誘導ばかりを連呼する復縁屋に復縁屋工作を依頼しても意味がない

復縁屋工作は心理誘導で復縁成功までをサポートさせて頂くのですが、心理誘導=心理学と考え、心理学を沢山学んでいます!!!という復縁屋が存在します。

上記で心理学についてご説明させて頂きましたが、心理学を学んだところで現実で全ての心理学を使える訳ではなく、心理学を学んだから復縁成功させられる訳ではありません。

にも拘らず、ホームページやブログを見ると心理学を学んでいます、心理学が…といった内容を書いている復縁屋は非常に多いのですが、心理学を学んだから復縁成功出来るというのは、本当の復縁屋なら真っ赤な嘘だという事が分かります。

心理学と言えば人の心理に基いたものなので、復縁成功へ誘導してくれるのでは?と誤解されがちです。

実際に心理学に基づいた行動をした所で復縁成功はおろか、恋愛が上手くいかないケースはザラにあります。

  • 心理学を学んだ人は皆恋愛上手でしょうか?
  • 心理学を学んだ人は異性にモテるのでしょうか?
  • 心理学を学べば人の心を動かす事が出来るでしょうか?

心理学を学んだから異性から好かれる事はありません。

現場でどんな事が起きるか?そこに合せて対応する事が出来るから相手の心を惹かせ、後には心理誘導に繋げる事が出来ます。

心理学、心理誘導と、その言葉だけを用いた所で、相手の心が動く事はなく、興味を惹かせる事が出来なければ復縁成功はおろか、関係構築まで至りません。

心理学と心理誘導は全く別物ですが、それを一緒に考えている復縁屋にはご注意下さい。

心理学を学んでいるなら、どうにか復縁成功させてくれるのでは?と考える方は多いのですが、心理学を学んで復縁成功出来るのなら、復縁屋に依頼するよりも心理学の勉強をした方が復縁成功出来るのではないでしょうか?

それを教えてくれる復縁屋はほぼありません。

心理学という言葉を大仰に捉えてしまうので、心理誘導といえば、とても凄い技術の様に感じるかもしれませんが、心理誘導するから復縁成功させられる!という復縁屋にはご注意下さい。

参考ブログ記事

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい別れたい・別れさせたい・離婚したい・離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁工作の依頼を請けてからの初動 復縁工作の依頼を請けて依頼者はスグに復縁工作に取り掛かって欲し...
復縁屋の復縁成功率を上げる為に… 復縁したいから復縁屋に相談して復縁工作等の復縁サポートを求める...
復縁と言う素敵な言葉を成功させるには... ご相談いただく多くのお客様から聞かれる事は、「本当に復縁出来るのでしょ...
復縁工作で見た人間劇場 復縁屋ジースタイルが執り行なってきた復縁工作では、様々な人間劇場を垣間...
縁が拗れていないケース 復縁屋は復縁工作のセールスをする会社ではないので縁が拗れていな...
復縁工作の必要ない人と必要な人 復縁工作の必要がな人は客観的に見て対応次第で復縁出来るであろう...