Pocket

浮気が気付かれてフラれた事で弊社に復縁工作のご依頼を頂き復縁成功した復縁工作成功例になります。

  • 相談者 エリナさん(仮名)
  • 年齢  26歳 独身
  • 地域  埼玉県
  • 職業  派遣
  • 状況  浮気が気付かれてフラれた

エリナさん(以後依頼者)は友人に呼ばれて仕方なく行った合コンの席で、日頃のストレスからお酒を普段飲めない量を飲んでしまい浮気してしまいます。

付き合っていた彼(以後対象者)とのお付き合いがマンネリ化していた事もあり、お酒の力も後押しして一夜限りの経験をしてしまいます。

一夜限りの関係なら対象者に気付かれる事もなく、隠し通せれば別れに到る事はなかったのですが、毎日依頼者から連絡があったのに、浮気当日は対象者には連絡がなく、日常的な行動とは異なる行動をした為、不審に思った対象者から問い詰められ、浮気した事を自白してしまいます。

依頼者の事を信じ切っていた対象者は依頼者の浮気のショックから別れを切り出し、依頼者も自分がした浮気についての言い訳を行う事が出来ない中、何度も謝りましたが許しを得る事が出来ずlineもブロックされ、電話も着信拒否されてしまいました。

対象者との関係を諦める決断をする前に復縁屋の存在を知り、弊社にご相談を頂きましたが、あまりのショックから状況説明も出来ない状態になり、直接面談を行って事情をお伺いさせて頂き、復縁工作のご依頼を頂く事になりました。

復縁工作のポイントは浮気した事実を如何に薄める事が出来るか?

復縁屋・復縁工作の事なら株式会社ジースタイル

浮気した事実を消す事は誰にもできません。

過去に戻る事が出来る人もいませんし、記憶を消す事も人間には出来ないので、このケースの復縁工作のポイントは浮気した事実を如何に薄める事が出来るか?がポイントになります。

浮気した事実が消せない以上、浮気した事実を消すのではなく、浮気した事で対象者に与えたショックをどれだけ解消出来るのか?がポイントになり、一番大切なのは依頼者が二度と浮気しない事を分かってもらう事や対象者をどれだけ傷つけたのか?を理解してもらう事が重要になります。

重要なポイントを依頼者が理解出来なければ復縁工作の依頼を請けても確実に失敗します。

復縁工作の成功率を上げる為には依頼者にも理解して頂かなければならないポイントになります。

対象者の調査もポイントになります。

復縁屋・復縁工作の事なら株式会社ジースタイル

依頼者の浮気によって対象者が自暴自棄になり、自暴自棄の状態で女性遊びをしている可能性も否めないという相談もあった為、対象者が女性遊びをしていないかを確認する為の尾行と張り込みを行いました。

もしも対象者が女性遊びをしているなら、浮気された事が相当ショックで女性遊びをするケースと元々女性遊びをしていた可能性が考えられます。

対象者を調査する事で対象者の心理状態が幾つかに絞られ、心理状態を読めれば後々の心理誘導の取っ掛かりもし易くなります。

対象者の調査をする事で後々の復縁工作もし易くなる案件なので対象者の調査も重要なポイントになりました。

調査時に対象者が漏らしていた言葉

友人と居酒屋に行った際に尾行したところ、友人に「本当に好きだったのに裏切られてショックだ…。死にたい…」と連呼している事を調査員は耳にします。

居酒屋で聞き耳を立てて情報を入手した情報を依頼者に伝えると自分のした事を改めて反省し、二度と浮気をしないという決意にも繋がりました。

対象者への接触方法は他社では使えない接触方法

明るい未来を取り戻す為に復縁屋

会社帰りの対象者に接触させましたが、ある方法を使って必ず15分ほど立ち止まって話しをしなければならない状況を作ります。

この方法は必然的に工作員の顔を覚えさせる事が出来、連絡先の交換も必ずしなければならない方法になります。

他社では使えない弊社オリジナルの接触方法になり、路上での接触にも関わらず後々の心理誘導にも繋げやすい方法なので門外不出の方法になりますが、依頼者もカラクリを説明すると納得頂ける方法になります。

もちろん全ての状況で使える方法ではない為、この方法を活用出来る時とそうではない時の状況があります。

対象者と接触した後の別れの原因に対する想いの聞き出し

復縁して幸せになる為の復縁屋・復縁工作のジースタイル

対象者と接触した後の心理誘導のに持って行く為に、対象者と接触するまでの間、lineでやり取りをして対象者と居酒屋に飲みに行く事になりました。

事前に聞いていた思い出の居酒屋を提案し、お酒の力も手伝い依頼者との思い出を工作員に語らせます。

泣きながら本当に依頼者の事が好きだった事や受けたショックの大きさを語らせ、浮気への怒りを吐き出させながら浮気した事への怒りのレベルを推し量ります。

すぐに復縁を押すのではなく、まずは情報入手を優先する事でどこから攻めるかを模索します。

復縁させる為の心理誘導の実行

大切な人ともう一度復縁屋・復縁工作のジースタイル

直接復縁を勧めるのではなく、浮気に対する怒りを吐き出させ、浮気に対する怒りを軽減する事から始め、攻めどころを見出した後は、依頼者との縁を完全に断ち切るのではなく、いつか許せる日が来るかもしれない事を匂わせて連絡先を拒絶している状態を解除する様に進めていきます。

lineのブロック解除や着信拒否の解除から勧め、何も送らなくても今までに好きだった事をなかった事にするのではなく悪い思い出を作ってもせっかくの縁を切る必要はないと誘導していきます。

誰かの後押しがなければlineのブロックを解除する事もない為、誰かに言われたから仕方なく解除する。という状況を作る事で未練はないけれど…という対象者が連絡先を解除する言い訳を作ってあげなければなりません。

キッカケを与え続ける事で、対象者の心理を復縁へと誘導していく為の布石を会話の中にいくつも盛り込んでいく為、対象者は仕方なくを繰り返して依頼者との復縁まで自分に言い訳させ続ける環境作りを致しました。

このケースの心理誘導では「誰か(工作員)が言ったから仕方なく」という状況を作る事でした。

意地を張り、頑固になった対象者にはとても有効な心理誘導の方法になります。

心理誘導が功を奏して復縁成功

復縁屋・復縁工作の総合探偵社(株)ジースタイル

対象者の心理状態を依頼者から聞いた話しの中からプロファイリングする事で対象者の想いに気付きます。

心の中では復縁したいと対象者も考えている事が分かり、当然依頼者も復縁したい訳ですから、2人は相思相愛になりますが、相思相愛だからこそ復縁する為のキッカケがあれば復縁に繋がる案件でした。

しかし、復縁する為のキッカケを依頼者から提案したところで対象者が拒絶する事は明白であり、依頼者がどんな復縁活動を行おうと対象者が意地を張って復縁出来なくなるのも明白でした。

キッカケ作りを工作員が行う事で対象者が依頼者を許す為の言い訳を作る事が出来、工作員の話しの流れや状況作りが功を奏し、復縁成功に繋がった案件になります。

復縁工作は対象者の心理を読み解き、読み解いた心理状態に合せて心理誘導を行う為、状況によって何をするべきかは異なりますが、事前に情報を集めて分析しているからこそ効果的な復縁工作を行う事が出来ます。

弊社で提案したプランが功を奏し、対象者に浮気を許すキッカケを与えて復縁した復縁工作成功事例になります。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

復縁工作の成功例を参考にして復縁屋に依頼するか検討してみて下さい。... 復縁工作の成功例には様々な成功事例があります。 復縁したいなら復...
2018/05/15の復縁成功者の声 I.Iさん(28/東京)復縁工作成功例はコチラ 復縁する方法を探...
2017/12/9の復縁成功者の声 I.Hさん(24/東京)復縁工作成功例はコチラ 僕は、彼女とどう...
2018/08/18の復縁成功者の声 S.Iさん(29/東京)復縁工作成功例はコチラ 彼に冷めたって言...
2016/09/09の復縁成功者の声 I.Eさん(30/大阪)復縁工作成功例はコチラ 彼の事を追いつめ...
2018/06/01の復縁成功者の声 A.Uさん(31/大阪)復縁工作成功例はコチラ 復縁成功する方法...