別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋と復縁屋は似て非なるものになります。復縁屋は対象者の誤解を解く業務であり、別れさせ屋は対象者に誤解を生みだす業務になります。別れさせ屋と復縁屋への依頼はどちらも心理誘導を行い、対象者の進む道を依頼者様の求める道に進める為の依頼ですが、その方法は全く異なります。※参考記事:別れさせ屋とは?カップルを別れさせるサービスを提供します

全く異なる方法を使う別れさせ屋と復縁屋ですが、別れさせ屋は別れさせの依頼だけで、復縁屋は復縁の依頼だけを承るのではなく、別れさせ工作と復縁工作の依頼を承る事が出来るのか?という疑問を感じる方もいらっしゃると思います。別れさせ屋と復縁屋が何故異なる方法なのに両立させられるか?について解説させて頂きますので参考にして下さい。※参考記事:復縁屋は復縁アドバイスと復縁工作で復縁させるサービス

心理誘導という方法をどちらも使います。

別れさせ屋と復縁屋が使う方法は、どちらも心理誘導という方法を使います。心理誘導は、対象者の心理状態をプロファイリングし、分析した情報に合わせて対象者の心理状態を誘導していく方法になります。別れさせる為に対象者に接触して誘導していく方法と、復縁させる為に対象者に接触して誘導していく方法が別れさせ屋と復縁屋の業務になるので、復縁と別れさせのどちらも基本は心理誘導になるので両立出来るのです。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

復縁と別れさせの両方のご相談を頂くので、どうなれば別れさせに繋がるか?どうなれば復縁に繋がるか?が分かっていなければ、復縁屋も別れさせ屋も出来ないのです。

POINT

心理誘導を別れさせ屋と復縁屋は使って成功させるものなので、方法の根本的な部分は変わりません。

別れさせ屋と復縁屋は何が違うの?

別れさせ屋は対象者を別れさせる依頼、復縁屋は対象者と復縁させる依頼を受けます。別れさせる依頼と復縁させる依頼は分かると思いますが、別れさせ屋は別れさせをサポートするサービスになり、復縁屋は依頼者様の復縁をサポートするサービスになります。どちらも依頼者様のご要望に沿う為に稼働するサービスなので根本的には変わりません。しかし、別れさせ屋と復縁屋への依頼は依頼者様の目的が異なります。

別れさせ屋への依頼は、幸せなカップルを別れさせて依頼者様が幸せになる為と見られるので、依頼者様の都合を優先している様に見られがちです。対して復縁屋への依頼は、誰かを不幸にするのではなく、依頼者様が幸せになる為に頑張ろうとしている事をサポートするサービスと捉えられるので、別れさせ屋と復縁屋の業務は何も変わりませんが、依頼者様の捉え方が全く異なります。

POINT

別れさせ屋と復縁屋は依頼者様の協力を得る案件か否かの違いや捉え方の違い以外にはありません。

別れさせ屋と復縁屋はどちらも出来なければおかしいのです

別れさせ屋と復縁屋はどちらも対象者に接触します。別れさせる為であったり、復縁させる為であったり、目的は異なりますが対象者に工作員を接触させるサービスをどちらも提供しています。復縁屋はアドバイスをして復縁させる依頼も承りますが、そういった業務も対象者に接触して復縁させて来た過去の事例が豊富にあるから出来る事になります。※参考記事:復縁屋の提供する復縁アドバイスとは?

別れさせの対象者に接触する際は、どうなれば別れさせた後も復縁しないか?を工作方法に組み込みます。どうなれば復縁しないか?を組み込む為には、復縁屋の業務を遂行しているから、分かる事になります。逆に、復縁の対象者に工作員が接触しているから、どうなれば別れる状況を作れるか、どうなれば別れなければならない状況になるか?が分かるようになります。

別れさせ屋と復縁屋がどちらかの業務しか依頼を受けていなければ、別れさせも復縁も中途半端なサービスしか提案出来なくなるのです。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

POINT

中途半端なサービスしか出来ない復縁工作だけを取り扱う復縁屋と、別れさせ工作だけを取り扱う別れさせ屋に依頼しても成功する事はありません。

別れさせ屋が誤解を生ませる方法は?

別れさせ屋は、机上の空論で考えるのではなく、復縁屋の業務で依頼を請けて実際に対象者から聞き出した情報を元に、何をしたら誤解を生めるか?を利用して対象者に誤解させるように心理誘導していきます。人間は十人十色ですが、実際のカップルが誤解を招いた形をとれば、カップルの間に不信感を与える事にも繋がり、誤解を与える事にも繋がります。誤解した対象者から話しを聞き出せば、その対象者と似ている状況を作れば別れさせ工作が成功するシナリオを描き易くなります。※参考記事:対象者を別れさせや復縁の舞台に乗せるシナリオ作りが必要です。

POINT

別れさせ屋が誤解を生ませるには、復縁で得た知識を活用するケースは頻繁にあります。

復縁屋が誤解を解く方法は?

逆に復縁屋が対象者の誤解を解く方法は、別れさせの対象者に接触すれば誤解の解き方についてのヒントを沢山教えてくれます。復縁工作の対象者から別れの本当の原因を聞き出したところで、依頼者様が誤解を解くご協力を頂けなければ復縁工作は失敗します。工作員が対象者に接触して誤解を解く方法を実行すると同時に、依頼者様には誤解を解く為の協力を求めるのが復縁屋なので、別れさせ屋に依頼をしなければ別れないカップルの心情を依頼者様にアドバイスする事も出来る様になるのです。※参考記事:様々な状況に対応する(株)ジースタイルの恋愛アドバイス

POINT

復縁屋が誤解を解くには、別れさせで得た知識を活用するケースは頻繁にあります。

依頼者様が求めるモノは別れさせ屋にも復縁屋にもあるのです。

復縁の依頼のみの復縁屋と、別れさせの依頼のみの別れさせ屋は、復縁や別れさせに特化している別れさせ屋であったり復縁屋である。と考えるかもしれませんが、恋愛という括りで考えて頂くと、復縁と別れさせは表裏一体である事が分かります。表裏一体という事は、どちらか片方が欠けていればどちらも出来ません

別れさせを専門として扱うなら復縁も分かっていなければならず、復縁を専門として扱うなら別れさせも分かっていなければなりません。復縁だけを取り扱う復縁屋や、別れさせだけを取り扱う別れさせ屋は専門的に聞こえるかもしれませんが、片方しか見えてないので実は専門家とは呼べないのです。攻撃も守備も出来るからプロと呼ばれ、攻撃と守備のどちらかしか出来なければ、プロとは呼べません。別れさせ屋と復縁屋は心理誘導のプロなので、心理誘導のプロは別れさせと復縁のどちらも対応出来なければプロとは呼ばれないのです。

POINT

専門家とは、様々な状況に対する知識や経験を駆使して対応出来る者を専門家と呼ぶ為、恋愛工作を行う際に別れさせや復縁といった片方の恋愛だけに特化した専門家というものは存在しません。

まとめ:誤解を解く、生むをコントロールする別れさせ屋と復縁屋

対象者の誤解を解いて復縁させる復縁屋と、対象者に誤解を生ませて別れさせる別れさせ屋は、誤解をコントロールさせる為に工作員を対象者に接触させます。誤解をコントロールする為には、対象者という人間をコントロールする術を熟知していなければなりません。そういった事をコントロールする為の訓練を日々課されているのが別れさせ屋と復縁屋に在籍する工作員になります。※参考記事:工作員とは?別れさせ屋と復縁屋の要となる人材

どうすれば誤解を解けるか?どうすれば誤解を生めるか?といった事は実際の対象者に接触するから分かる事でもあります。逆に言えば別れさせや復縁の対象者に接触していなければ、そういった知識や経験を積めず、どちらか片方だけを知っていたところで、それは偏った情報でしかないのです。

偏った情報で物事を判断すれば、情報が偏っているので成功する方法には繋がりません。成功させる方法をご提案させて頂くには、別れさせ屋と復縁屋のどちらの業務もシッカリと稼働しなければ分からない事や出来ない事が生まれてしまうのです。