別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 26歳 東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況元カノに彼氏が出来て復縁を断られた

別れさせ屋ジースタイルにR様からご相談頂いた内容は、R様が元カノに復縁を申し入れたところ、元カノから復縁を断られ、「彼氏がいるからもう連絡してこないで欲しい。」と言われてしまい、元カノの大切さに気付いて復縁したいけれど、彼氏との縁を切らなければ元カノとの復縁はないものと考え、別れさせ屋を探していたとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

別れさせ屋ジースタイルに初めてご相談頂いた際は電話相談で、大まかな状況をお聞かせ頂きましたが、R様のお話しをお伺いしていると、元カノと付き合って3年、別れてから連絡を取り続けて1年、どうにか復縁したくて元カノに復縁のアピールをしていたものの、元カノからは「復縁は絶対に無いから。」と言われ続け、それでも諦められないR様は、元カノとの復縁を目指して頑張っていたものの、元カノから彼氏の存在を聞かされ、諦める選択も考えたものの、元カノと別れてからは色々な女性からアプローチをされるものの、心が追い付かず、元カノしかいない…となり、別れさせる決意と同時に復縁の決意も固めて、別れさせた後に復縁工作も視野に入れてご相談を頂きました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

R様と電話相談が終わり、面談の日時を決めて頂き、別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで面談を行いましたが、別れさせるだけではなく、復縁の可能性があるか?についても診断させて頂き、R様の復縁活動では復縁は難しかったものの、過去の成功事例を参照して、別れさせた後に復縁の可能性もある。と判断出来たので、別れさせ屋ジースタイルで別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。

着手後の調査

ご契約後にR様からターゲットの情報を頂き、別れさせ調査から開始させて頂く形となりましたが、復縁を視野に入れた別れさせ工作なので、ターゲットを元カノに絞って別れさせ調査を行う事で、その後の復縁工作をする際も調査の手間を省ける様に、別れさせ調査の際に、復縁調査も兼ねて別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査を行いました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットの別れさせ調査を行っていると、彼氏とはそこまで頻繁に会わない事が分かり、頻繁に会わないのは、R様との交際の時とは異なる事にR様に調査結果を報告させて頂くと少し驚いた感じになり、R様から、面談時にターゲットとの交際時の状況などを詳しくお聞かせ頂いていた事もあり、ターゲットと彼氏が頻繁に会わない事からも、ターゲットはそこまで彼氏に気持ちがいってないのではないか?という希望的観測をR様が口にされましたが、R様の希望的観測を期待するのは良いけれど、あまり期待しないようにして頂くよう釘を刺す形となり、別れさせ調査で彼氏と会っている時に調査をしている時のターゲットの表情を写真で確認して頂いたところ、R様は落ち込み、調査結果で一喜一憂しないようにお伝えさせて頂きました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

R様に報告させて頂くと、一喜一憂してしまうので、何かしらの行動に移さないか?が不安ではありましたし、ターゲットの彼氏の写真などを送ると、R様と比較する様な話しが頻繁に出るので、別れさせ調査を進めている最中に、日を設けて頂いて、別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで再度面談をさせて頂き、気持ちは分かるけれど、別れさせた後にターゲットとの復縁を考えているなら、彼氏と比較などをせずに、ターゲットから如何に好かれるか?を考えて行動して欲しい旨を伝えさせて頂きました。※参考記事:別れさせ工作の方法を知れば別れさせ屋の選び方を失敗しません。

プロファイリングから工作へ

ターゲットの別れさせ調査が進み、元カレと別れさせる為に別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる段階に進み、別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査をして判明させたポイントを利用して、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる形をとり、ファーストコンタクトでは工作員の印象を与える為に留まり、ファーストコンタクトでターゲットがどんな人物なのか?を探る形を取り、情報を持ち帰った別れさせ屋ジースタイルの工作員が情報をまとめて分析班に回し、プロファイリングを行いました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作を成功させるカギとなる【心理分析やプロファイリング】とは?

ターゲットに印象を与えた別れさせ屋ジースタイルの工作員がセカンドコンタクトで、接触する事になったのが品川区にある戸越銀座になり、戸越銀座を会社からの帰り道に使っているターゲットが、夕食の時に戸越銀座のお店にランダムではありますが行く事が多かったので、戸越銀座の食事処に入ったタイミングで後追いで店内に潜入させ、ターゲットとの接触を行う事となり、店内は人が少ない事もあり、ターゲットから警戒される事もなく接触する事に成功し、通常なら食事をして直ぐに帰宅するターゲットでしたが、食事を終えても別れさせ屋ジースタイルの工作員に付き合い、もう一軒別のお店に行き、軽くお酒を飲みながら話しをする形となりました。

ターゲットと話している最中に、R様から伺っていて知っている情報ではありましたが、仕事の内容や趣味の話し等、ターゲットの趣味や関心に惹かれるような話しを作り出し、本題である彼氏の存在や結婚観等を聞き出していく事に成功し、ターゲットとの距離間も親密なものとなり、連絡先の交換にも成功し、平日の時間がある時にたまに会って軽くお酒を飲む友達のような約束を交わし、その日はターゲットと別れます。

R様が持っていたターゲットの情報は正確でしたが、ターゲットの考え方や性格等の情報にだいぶ誤差があり、その場のアドリブでターゲットに合わせて別れさせ屋ジースタイルの工作員が対応出来なければ、ターゲットから切られる可能性もあった事や、ターゲットの性格や考え方などの情報をR様に伝える事で、R様も復縁活動をする際の情報の足しになった事もあり、色々な意味でセカンドコンタクトは成功に至りました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。

ターゲットの性格や考え方などの情報を修正する為に分析班に情報を回し、情報修正をした状態で再度プロファイリングし、別れさせ屋ジースタイルの工作員に伝え、ターゲットとのラインのやり取りを進めていき、ラインのやり取りではあまり送り過ぎず適度な距離を取りながら距離を縮める様に進めていき、ターゲットとのラインのやり取りの中で、彼氏への不満は出なかったものの、ターゲットの性格や考え方から、別れさせる方法の軌道修正をしなければならない情報もあったので、それらを利用した別れさせ工作の方法を実行に移す形となりました。

別れさせの心理誘導開始

戸越銀座で会食する回数を増やすのではなく、一度の会食を濃いものとして、お互いの時間を作りながら趣味の話しや仕事の愚痴などを聞き、恋愛の話しや将来の話しなど、ターゲットの考え方や性格に合わせた話しの流れを作り出していき、ターゲットの心理状態を別れる方に誘導する形を取り、ターゲットへの心理誘導を徐々に始める事となりました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

彼氏の愚痴や不満といったものが出ないけれど、どこかで物足りなさのようなものを察知していたので、ターゲットの未来のビジョンと今の彼氏がマッチしているか?という点に着眼して心理誘導を行っていくと、ターゲットから今の彼氏の物足りなさを感じ、元カレ(R様)は論外であるという話しも聞き出す事に成功し、元カレと比較すれば今カレの方が良い。と比較対象となっているR様をフォローする訳にもいかず、彼氏と比較されている事で、より良い男性を求めている事もあり、この人で良い。ではなく、この人が良い。という人は周りにいないのか?という話しを別れさせ屋ジースタイルの工作員が出すと、ターゲットから、「私は男運がない。」という話しが出たので、日程を調整してもらい、恵比寿のナンパスポットに足を運ぶ事になり、他の男性との出会いを広げる事となりました。

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員ががえび横で飲んでいると、様々な男性から声を掛けられ、名刺をもらう事もあり、「浮気してるみたいだね。」という言葉が出ましたが、男性の見る目を変える為に行動している事で、彼氏に対する気持ちも冷めて来たようで、R様との比較ではなく、その他大勢の男性と彼氏を比較して、物足りなさを感じてしまい、彼氏への不満はないけれど、満足する関係でもない事を口にし始め、別れさせ屋ジースタイルの工作員が彼氏との別れを勧める心理誘導を行う事で、彼氏との別れを決断しました。

R様との復縁を匂わせる為の布石を打ちつつ、ターゲットとの距離を完全に置く形を取り、ラインのブロックなどはしないけれど、様々な男性と比較させる形を取らせる思考を持たせて別れさせる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。