恋愛工作の成功事例

別れさせ屋ジースタイルでご依頼頂いた際に別れさせ工作や別れ工作が成功した事例と失敗した事例を掲載させて頂いています。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁工作の様々な成功事例集

別れさせ工作や別れ工作が成功した事例や失敗した事例は元依頼者様より掲載許可を頂いていますが、プライバシーの問題等がありますので元依頼者様、ターゲットを特定させる様な内容は若干の修正を加えさせて頂いてます。

ターゲットが万が一別れさせ屋ジースタイルのホームページに辿り着き、工作員が接触していた状況から別れさせ屋に依頼した事に辿り着かない様に修正をする配慮の上で掲載許可となっておりますのでご了承下さい。※参考記事:工作員とは?

別れさせ工作や別れ工作のご依頼を検討している方は別れさせ屋に掛かる料金や工作方法の参考にして下さい。

婚活で出会った束縛が激しいモラハラ彼氏の気持ちが冷める様に別れたい!という別れ工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域F様 会社員 31歳  東京
契約期間と料金2ヶ月契約の料金 80万円 成功報酬30%
別れたい状況束縛やモラハラが激しい男性との交際で苦しんでいる

別れさせ屋ジースタイルにF様からご相談頂いた内容は、婚活パーティーで出会った男性と3か月で付き合い、そこから半年後には同棲が始まり、同棲後に徐々に束縛が激しくなり、自宅に帰ってもモラハラをされる状況で、日々苦しんでいる状況とのご相談を頂きました。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

日常的にモラハラ被害を受け、束縛も激しい事から、友人と遊びに行く事や会社の同僚と飲みに行く事すら責め立てられ、会社の同僚と仕事終わりに一度飲みに行った時に、モラハラ彼氏から帰宅後5時間責められ続け、翌日の朝も早いのに早朝まで責められ続けた事から、その日は仕事にならず、会社に迷惑になると考え、仕事終わりに飲みに行く事も自主的に規制するようになったとの事でした。

仕事が終わり、家に帰ると、モラハラ彼氏からは常に監視されている様な気持ちになり、同棲するまでは普通だと思っていたものが、同棲してからはモラハラ彼氏の性格が突然変わったかのように束縛も増え、夜の生活も段々と嫌気が差し、日々の疲れがあって早い時間に寝てしまうと、モラハラ彼氏からは責められ、寝ているところを起こされて応じなければならない状況にもなり、身も心も疲れてしまったF様は、どうしても別れたいと思ってモラハラ彼氏に別れ話をすると、モラハラ彼氏から責められ続けてしまい、徹夜して仕事に行かなければならない状況になり、F様がモラハラ彼氏に何かを伝えても話しを聞いてくれない事を悟り、別れさせ屋への依頼を考えたとの事でした。

F様がモラハラ彼氏と別れる為に別れさせ屋を探したものの、別れさせ屋と詳しく話す時間も中々取れず、依頼が失敗する可能性が高ければ依頼をお断りさせて頂く。という別れさせ屋ジースタイルのホームページをご覧頂き、別れさせ屋ジースタイルに別れ工作のご相談を頂いたとの事でした。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作のご依頼を断るケースについて

メールのやり取りを一か月程度繰り返し、モラハラ彼氏にバレ無いように秘密裏にF様からお話しをお伺いさせて頂き、F様が働いている会社の昼休憩を利用して、別れ工作を実行に移す為の詳しい状況や、モラハラ彼氏の情報についてお伺いさせて頂く事となりました。※参考記事:ターゲットと別れる為の別れ工作とは?

ターゲットの情報を頂き、ターゲットとF様のご自宅での状況などをお伺いさせて頂きながら面談をさせて頂きましたが、F様は別れさせ屋ジースタイルの担当者とお話しをさせて頂く際も、カラオケボックス内でターゲットへの恐怖を感じて常に震えている様な状況にあり、恐怖から言葉にもつまりながらお話しをお伺いさせて頂いた事もあり、ターゲットが日常的にF様を苦しめていた事が、その状況からも想像出来る状況でした。

別れさせ屋ジースタイルに別れ工作のご依頼を頂き、ターゲットと別れる為に別れさせ調査をさせて頂きましたが、別れさせ調査を行っているとターゲットは職場の方々とはとても良好な関係を過ごしている事や、年内にはF様との結婚を考えている。などの話しを職場の関係者と話している事を知り、ターゲットが年内に結婚を考えている事をF様にお伝えすると、F様は電話口で涙を流している事が分かり、「絶対に結婚したくない…」と涙ながらに別れさせ屋ジースタイルの担当者に苦しみを語ってくれました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットの別れさせ調査を進め、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる形をとりましたが、F様以外の人物への社交性はとても高い事から、別れさせ屋ジースタイルの工作員にも高い社交性を見せてくれて、ターゲットが行きつけの日暮里にあるフィットネスクラブで接触する事に成功し、フィットネスクラブ内でトレーニングも一緒に出来る状況を作ることが出来、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員との人間関係を日暮里にあるフィットネスクラブ内で作る事にも成功しました。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

ターゲットと接触して話しを聞き出していくと、F様の話題も勿論出たのですが、F様と付き合う前に同棲していた元カノに浮気をされてフラれた事がトラウマになっており、結婚してしまえば束縛をすることはないけれど、結婚するまでは信用出来なくて軽く束縛してしまう。という話しを聞き出す事に成功し、彼女が浮気をしていたら許せない気持ちと同時に、自分に自信が無いから浮気相手と幸せになってもらうように話すと思う。という話しも聞き出す事に成功しました。

ターゲットに浮気をさせるよりも、F様が浮気をした方が別れる時に早い事を聞き出す事に成功したので、F様にその旨を伝えると、F様は浮気をする様な出会いがターゲットに縛られているので無く、出会いが無いので浮気をしようがない事や、結婚してからは束縛もモラハラもしなくなる。というターゲットの言葉を信じられないのもあり、別れさせ屋ジースタイルの工作員がF様の浮気相手としてターゲットに立ち向かう方法を話し、ターゲットとF様、別れさせ屋ジースタイルの工作員と3人で会う方法を実行に移す事になりました。

F様は当日、別れさせ屋ジースタイルの工作員に任せて頂いて、「この人の事が好きなの。」という言葉だけを出してもらえる様に説明させて頂き、別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットと対峙して、F様との交際をターゲットに認めさせる形を取りましたが、ターゲットから、F様と二人で話しをさせて欲しい。と懇願され、それを断った別れさせ屋ジースタイルの工作員と一触即発の状況になり、ターゲットから別れさせ屋ジースタイルの工作員が暴力を振るわれれば完全にターゲットはF様との関係を終わりになる想定もしていましたが、ターゲットから、F様と話せないなら、別れさせ屋ジースタイルの工作員と二人で話しをさせて欲しい。と頼まれたので、F様には現場を去ってもらう形を取り、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が二人で話しをする事となりました。

ターゲットと直接対峙すると、ターゲットから急に土下座をされ、F様の事を諦めて欲しい。と伝えられますが、当然それには応じません。

ターゲットがF様にしていた仕打ちを聞いていた相談を受けている最中に、F様との関係が深まり、F様が別れさせ屋ジースタイルの工作員に気持ちがいったのは当然である事を伝えると、ターゲットから自分がして来た事が本当に申し訳なかった。という言葉や、年内に結婚しようと思っていた事を伝えられますが、モラハラや束縛をする様な人物にF様を渡す事は出来ない。と、ターゲットの言葉を別れさせ屋ジースタイルの工作員が遮ると、土下座中に涙を流して別れさせ屋ジースタイルの工作員に懇願して来ました。

F様とは別れるつもりはない事をターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員が伝えると、諦める言葉が出て来るようになり、F様の事を本当に幸せにして欲しい。という旨の言葉と、F様を傷付けたら許さない!!という言葉を聞かされ、「Fを傷付けたあんたが言う言葉じゃない。」と一蹴し、ターゲットはF様との別れを受け入れる形となりました。

今後F様に付き纏った時の事も話し、完全にターゲットはF様との接点を持たない事を約束し、ターゲットの携帯電話からラインも含めて、F様との繋がりがあるものを全て消去する形を取り、別れが成立した別れさせ屋ジースタイルの別れ工作が成功した事例になります。

20年続いた内縁関係の夫と別れて別々の道を歩みたい。という別れ工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域H様 スナック経営 51歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 90万円 成功報酬20%
別れたい状況内縁の夫との関係が苦痛になって来た

別れさせ屋ジースタイルにH様から頂いたご相談内容は、内縁の夫との関係が20年続き、別々の道を歩んで人生を過ごしたいとの事でしたが、特に内縁の夫への不満がある訳ではなかったものの、一緒にいると苦痛になる時間が多く、苦痛な時間を過ごしていく内に、今の人生で本当にいいのだろうか?と考えてしまったとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

婚姻関係にある訳ではないので、別れようとすれば別れられるように思えましたが、別れ話をした際に、内縁の夫が泣き崩れてしまい、20年も内縁関係を続けていたので同情もあり、一緒にいて苦痛になっているけれど、苦痛を我慢すればその内気持ちも戻って来るかと思っていたものの、なかなか気持ちが追い付かず、気持ちが更に冷めてしまい、別れたい…という気持ちが強くなったものの、同情心が出てしまうので、内縁の夫から別れを告げてもらえる様な別れ工作のご依頼を別れさせ屋ジースタイルに頂きました。

内縁の夫とは一度も籍を入れる話しにならず、将来を考えた時に不安に感じてしまった事も大きく、籍を入れる話しを10年以上前にしたものの、実際には籍を入れる事なく時間が過ぎてしまったので、そのまま何もせずにいたところ、ズルズルと20年が経ってしまい、別れ話しを持ち出した時に入籍の話しも出たものの、入籍したいと思えなくなってしまったので別れたいと本気で思うようになったとの事でした。

H様から別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、ターゲットとなる内縁の夫を別れさせ調査する事から開始すると、内縁の夫は仕事も真面目で、遊びにも行かず、仕事と自宅の往復のみで、寄り道は一切せずに家に帰るタイプでした。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットに別れ話をする迄は、仕事帰りに飲みに行く日も多かったものの、別れ話をしてからはH様が経営するお店に毎日来るようになり、常連のお客さんとも仲良くしようとし、ターゲットはH様との関係を修復しようとしている事が分かりますが、それがH様を苦しめてしまっているとは分かってないようでした。

H様の経営するお店に別れさせ屋ジースタイルの工作員を潜入させ、H様を介してターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる事に成功し、内縁の夫との関係を築いていく事にも成功し、H様のスナックが終わる前の時間帯に上野にある居酒屋で別れさせ屋ジースタイルの工作員とターゲットが飲みに行き、H様の仕事が終わる時間になると、ターゲットがH様を迎えに行き、ターゲットとH様が一緒に帰る。というルーティンが出来つつありました。

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が一緒に飲んでいる間は、最初はH様のお店でも飲んでいた時からも酔いが回らなかった状態が、少しづつ打ち解けながら話しをしていくと、徐々にお酒を飲んで酔いが回る様にもなり、酔いが回ったターゲットは少しづつ異性の話しをし始め、お酒の勢いもあってか泣きながら話をする機会も増えていきました。

別れさせ屋ジースタイルの工作員とターゲットがお酒を飲んでいると、ターゲットからH様との関係を修復して欲しい。という話しをされ、本来の依頼がターゲットとH様とを別れさせる為の依頼ですが、ターゲットとの関係を構築する上で必要な状況なので、率先してターゲットとH様の関係修復の為に協力する話しをし、ターゲットから感謝をされます。

ターゲットがH様と別れたくない。と思っている理由が、自分の決断の遅さでH様の年齢を考えずに不安にさせてしまった事を後悔しているとの事だったので、ターゲットがH様の事を幸せにしたい。と思っている事などを聞き出しながら、応援している体裁を作りつつ、別れを決断するように勧める心理誘導を進めていける形が整いました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

ターゲットには、友人・知人が良くやる様な間違った復縁方法を伝え、H様との関係修復に向けてターゲットが動き出しますが、別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに話した内容をH様に事前に伝えておく事で、ターゲットが何かをしようとするものを全てH様が行ってしまい、ターゲットが入り込む余地がないように先回りして行動して頂きました。

ターゲットが思うようにH様との復縁が進まない事を別れさせ屋ジースタイルの工作員に吐露するようになり、頑張れば頑張るほど努力が報われない事を知り、最終的に復縁を諦めさせるように心理誘導していくシナリオで、ターゲットの心理状態が描いた通りの心理状態に近づいて行きました。

別れさせ屋ジースタイルは復縁屋も兼ねているので、復縁を諦める方々からのご相談を日々頂く事もあり、復縁を諦める方々の特徴を利用した心理誘導を行う事や、復縁を諦める様に心理誘導していく事で、ターゲットの心が持たなくなり、最終的にはターゲットの心を折る様に進める事で別れを受け入れざるを得ない状況を作り出す方向に順調に進んでいきました。

ターゲットへの心理誘導を繰り返す事や、ターゲットが復縁する為に努力をしても、H様の心が開かれない事で、徐々にターゲットの口から、「別れた方がHの為になるのかな…」という言葉が出るようになり、ターゲットの口から別れた方が良いのかもしれない…という言葉を引き出す事に成功した際に、今までとは打って変わって、H様を一度解放してあげて、そこからもう一度お互いに必要だと感じたなら、次は入籍する形をとれば、お互いに別々の道を歩む訳でもなく、関係性が少しだけ変わるだけなので、そういう道もある事を示唆した言葉を伝えると、納得していました。

復縁相談を頂いている人物が、復縁を諦める為に言い訳をして納得した形をとって復縁を諦めるケースと同じ状況が作れたので、ターゲットも同じ様に復縁を諦めて一度は別れを受け入れて、H様の経営するお店に通って再度H様の気持ちを取り戻す道を選び、上野の居酒屋でH様のお店が閉まるのを待ち、いつものように二人で帰る際に、ターゲットから、H様の気持ちを一旦受け入れて別れる話しになり、H様と最後にハグをして別れたとの報告をH様から頂いた別れさせ屋ジースタイルの別れ工作が成功した事例になります。

不倫相手が浮気しているから不倫相手の浮気相手を別れさせたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 主婦 32歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 120万円 成功報酬20%
別れさせたい状況不倫相手の浮気相手を別れさせたい

別れさせ屋ジースタイルに、K様からご相談頂いた内容は、K様は既婚者ではあるけれど、不倫している状態で、不倫相手はK様が離婚しない事やK様との将来がない事を知り、他に自分も好きな人を探そうと考え、K様との交際は継続しつつ浮気相手を探していたけれど、不倫相手は浮気相手に夢中になり、浮気相手に夢中になったので、K様に別れを告げ、不倫相手から別れを告げられたので、不倫相手の浮気相手を別れさせたいと考えて別れさせ屋を探したとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

K様と直接面談でお話しをお伺いさせて頂いたところ、都合の良い事は分かっているし、K様自身は旦那様と離婚する気がなく、離婚する気はないけれど、不倫相手とも別れたくない。というお気持ちの様で、ご自身でもだいぶ都合の良い事を口にしているという事はご理解されていたものの、どうしても不倫相手の事を諦めたくない。という一点張りで、仮に不倫相手の浮気相手を別れさせたとしても、不倫相手がK様とのよりを戻すか?は、別の話しになりますし、その辺りも含めてK様には別れさせ工作の方法をご提案させて頂きましたが、不倫相手が浮気相手と別れれば復縁のチャンスはあると考えている様で、不倫相手を浮気相手と別れさせて欲しい。という要望を汲んで別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで面談をさせて頂いている際に、K様と不倫相手がどこで出会い、どんな付き合い方をしていたか?をお伺いさせて頂き、ターゲットとなる不倫相手の情報をお聞かせ頂きましたが、お話しをお聞かせ頂くと、K様が不倫相手と交際していた時の流れも含めて、酷い扱いをK様は不倫相手にしていたな…という印象が残るような話の内容ばかりで、本当に別れさせて良いのだろうか?と、面談をさせて頂いた別れさせ屋ジースタイルのスタッフも感じたとの事でした。

K様から懇願されて別れさせ屋ジースタイルで別れさせ工作のご依頼を頂きましたが、依頼者様であるK様が求める事なので仕方ない部分もあり、ターゲットの情報を頂戴し、別れさせ調査から開始させて頂く事となりました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【ターゲットの情報】について

ターゲットの情報を元にターゲットを調査させて頂く事になり、ターゲットが浮気相手とどの程度会っているのか?などの確認や、浮気相手はどんな人物で年齢も幾つ位なのかすら分からず、K様との別れを決断したので、その人物がいない事はない。と考えましたが、本当にターゲットに別の女性が存在するのか?という点から調べて行かなければなりませんでしたが、ターゲットに浮気相手が存在しない可能性も可能性は低いけれど視野に入れて別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査を開始しました。

別れさせ屋ジースタイルの調査員が張り込みや尾行を行い、調査を行っていると、ターゲットが恋人と思える人物とデートをしている現場を抑える事に成功し、お台場でデートをしているターゲットを追って、お台場ジョイポリスなど、複数施設を尾行してターゲット達の動きを把握していきました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットを尾行していると、ターゲットが彼女にべったりくっ付いている事が分かり、彼女もターゲットにくっ付かれる事を嫌がる素振りを見せないので、シッカリと交際している様を写真や動画に収めてK様に報告の際に送らせて頂くと、K様は冷静ではあるけれど寂しいような声を出し、「絶対に別れさせて下さい。」という言葉を出されましたが、別れさせ工作のご依頼を請けたわまったので別れさせ工作を進めますが、ターゲット達が喜んでいる姿を見て、K様の気持ちが少し分かった感じがしました。

ターゲット達は週末に毎週会う約束をしているらしく、平日に会う日は別れさせ調査を行っている間に一度もなく、デートの場所はお台場に行ったり、東京ディズニーランドに行ったり、映画を見たりと、定番のデートを繰り返している事から、デートをする事が新鮮であるかのように感じ、週末は彼女と会う事から、平日に別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる方向でK様と打ち合わせをさせて頂き、平日の仕事帰りの都営三田線を利用している事から、最寄り駅の白山駅を降りて少ししたところの飲食店内で別れさせ屋ジースタイルの工作員がファーストコンタクトの接触を試みました。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

ファーストコンタクトをとった別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに良い印象を与えているので、後日路上でターゲットの出勤時に別れさせ屋ジースタイルの工作員がすれ違うように歩いていると、ターゲットから声を掛けられ、「先日はどうも…」の流れが出来、印象操作に成功している事が分かり、3回ほどターゲットとすれ違う形をとる度に会釈をされる関係になったので、再度ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触する形をとらせて、連絡先の交換に繋げました。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。

ターゲットと人間関係を構築する流れを作ろうとしましたが、週末は彼女と会って時間がない。とターゲットから言われたので平日の遅くならない時間帯を狙ってラインでメッセージを送り、ターゲットと会食する機会を作り、ターゲットとの初の会食にこぎつける事に成功し、週末に彼女と会うので忙しいという話しを聞き出しているので、彼女の話しをターゲットから聞き出す事にも成功し、ターゲットから彼女と将来的に結婚を視野に入れている事などを告げられ、ターゲットの結婚観などを聞き、彼女がそこまでターゲットの事を好きそうには感じない…という愚痴も含めて聞き出す事に成功し、初回の会食で別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出したい情報をあらかた聞き出す事に成功したのでK様に報告させて頂く事となりました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

ターゲットがなぜ彼女から好かれていないと思うのか?などの理由を聞くと、ターゲットは自分に自信がない事が分かり、早く結婚しなければ彼女が離れてしまう事など、不安になる日が多い事からも、彼女が平日何をしているか?という不安にならないか?という誘導の仕方を別れさせ屋ジースタイルの工作員がする事で、ターゲットが彼女を束縛するように仕向け、朝起きてからや仕事中なども引っ切り無しにターゲットから彼女に連絡する事が正解であるかのように誘導していく形を取り、恋愛経験の少ないターゲットはどうすれば彼女の気持ちが離れないか?を分かっていなかったので、頻繁に連絡をさせる事や心理誘導を行って、ターゲットが彼女に対して気持ちの重さを前面に出すような流れを作らせ、ターゲットから彼女に結婚へのプレッシャーを与える様にする事で、彼女に気持ちの重さを伝える第一段階が成功しました。

自身の無さを利用する事で、第二段階の方法を実行に移させるように仕向け、自信が無いからこその束縛に加え、ポジティブ発言を出させる事でターゲットに違和感を感じさせ、ターゲットの違和感を彼女側に与えた後に、彼女側に別れさせ屋ジースタイルの調査員が露骨な尾行をする事で、彼女にわざと尾行がバレる様に進め、ストーカーに狙われている不安を彼女が感じ、ターゲットがその話しを彼女から聞かされた事で、束縛や自信の無さや不安が混ざり、直ぐにでも同棲や結婚を彼女に迫り、同棲させる様に見せ掛けて、束縛の強さを露わにさせる事に成功し、彼女から「あなたと付き合う前はストーカーとかに追われた事はなかった…」とストーカーなどの疑いもターゲットに向くようになり、「距離を置きたい。」と言われたターゲットが縋りつき、縋れば縋るほど離れたくなる事を知らないターゲットは、彼女から完全に拒絶され、別れさせる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。

家族をほったらかしにして不倫相手と同棲している夫を別れさせたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域D様 主婦 42歳  東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫相手と夫が同棲している

別れさせ屋ジースタイルに、D様からご相談頂いた内容が、D様の夫は家族を捨てるように不倫相手と同棲を始め、D様から夫に連絡するモノの、夫からは不倫相手との同棲を受け入れなければ離婚する。の一点張りで、不倫相手と同棲していれば、そのまま離婚を言い渡されるかもしれず、夫に同棲解消の話しをすれば、夫から離婚を言い渡されてしまう事になり、D様は家族を守りたいけれど、どうすればいいか分からず、弁護士にも相談したものの、弁護士の言い分は不倫相手に慰謝料請求をし、不倫を解消させる事が先決と言われ、不倫相手に慰謝料請求でもしようものなら離婚を言い渡される事を恐れたD様は弁護士ではなく別れさせ屋に頼る事を考え、別れさせ屋に相談したとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

D様からご相談頂いた際に、D様の夫は有責配偶者となるので、夫側からの離婚の申し立てには応じる必要がない事を説明させて頂いた上で、不倫相手に慰謝料請求をすれば夫からの反発で、離婚は出来ないけれど、気持ちが戻って来ない可能性も十分にある事をお伝えさせて頂き、弁護士のように法律で解決するモノではなく、夫も人間なので気持ちの面で解決に持っていかなければ難しい事を伝え、不倫相手に夢中になっている夫を不倫相手と別れさせる方法をご提案させて頂き、別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼を頂く事となりました。

D様は慰謝料請求をしたい訳ではなく、夫も含めて家族を守る為に別れさせたいので、不倫相手に恨みを持つ訳でもなく、不倫相手が夫との関係を解消し、D様の家族が穏便に過ごせる形を望まれました。

同棲をしている夫を不倫相手と別れさせる為に、ターゲットを不倫相手に絞り、別れさせ調査を開始させて頂く事となりましたが、ターゲットがD様の夫と同棲しているマンションは外部からは部屋の出入りが確認し辛いマンションになり、不倫相手と同棲している事は分かっていても、誰が不倫相手なのか?という点が分かりづらく、ターゲットとD様の夫が二人で外出するタイミングを待たなければ、ターゲットの特定が難しい状況で、ターゲットを尾行し、外出先でターゲットとD様の夫が会っているところを目撃し、ターゲットの特定が無事に済みました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットを特定し、別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる為の場所の特定や、別れさせる為に必要な情報収集に当たり、ターゲットの張り込みと尾行を開始すると、一般的な出社の時間に出社せず、夕方になって外出するターゲットの姿が確認出来、ターゲットがリモートワークの仕事なのか、それとも仕事をしてないのか?という情報を得る為の張り込みを繰り返して、ターゲットがリモートワークで仕事をしており、出社を殆どしてない事が分かり、夕方以降の外出のタイミングで、別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる形をとらなければならなくなりました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁工作のターゲットが外出しなくても成功するの?

外出する際は目黒駅近辺のスーパーやトレーニングジムなど、仕事が終われば趣味の時間になるようで、ターゲットの動きを別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査して判明していき、別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに接触するまでには少し時間が掛かりました。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

ターゲットに接触する際に、チャンスが少ない事からも、外出する凡その時間は分かっているので、時間は短くても回数を増やして別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触する形をとると、徐々に顔見知りになっていき、ターゲットから警戒される事も無く、日常会話が出来るまでになり、連絡先の交換を焦らず、人間関係の構築に重きを置き、ターゲットとの人間関係が深くなれるチャンスが来るまで待つ姿勢を取りましたが、待つ事に慣れていないD様はとても心配で、別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が失敗する不安に駆られていた様でした。

ターゲットとD様の夫が同棲する自宅は目黒駅から徒歩圏内の場所にあるので家賃も高く、仕事もリモートワークでこなしているので、ターゲットはある程度の規模の会社に勤めている事が推測出来、ある程度の規模の会社に勤めている事が分かりますが、ターゲットを調査して職場特定をするのではなく、別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触して職場特定をする様に務め、ターゲットの口から務めている会社情報を聞き出し、ターゲットの会社も調べる事になりました。

ターゲットの会社を調査すると、ターゲットの会社は規則が厳しく、不倫がもちろん許される会社環境ではなく、ターゲットが会社に秘密でD様の夫と同棲している事も分かり、D様の夫と不倫している事は別れさせ屋ジースタイルの工作員にも打ち明けず、素知らぬ顔で不倫同棲をしている事が分かりましたが、会社に対する執着などがどの程度あるかを別れさせ屋ジースタイルの工作員が事前に調べる事で、ターゲットが会社に不倫がバレた時の反応などを確認し、ターゲットの会社に暴露する可能性も含めた打ち合わせをD様とさせて頂いたところ、D様はターゲットと直接話してみたい。と仰ったので、ターゲットとD様を接触させる形を作らせて頂きました。※参考記事:暴露する工作方法はとても有効な別れさせる方法でもあります。

D様とターゲットを接触させる形を作り、D様からターゲットに夫への愛情や家族を守りたい事、D様とD様の間に生まれた子供たちの事をターゲットに話すと、ターゲットはD様の夫から聞いている話しとだいぶ違う事をD様に伝え、D様が夫とターゲットが別れてくれる事や、直接話した事を秘密にしてくれるなら、会社にも伝えない事や、今回の件で慰謝料請求をしない事などを伝え、数日後にまた連絡を取って訪問する事や、D様の夫から何かを伝えられたら、それがターゲットが出した答えだと考え、家族を守る為に徹底的に争う事を伝えて、数日考える時間を与え、現場を去る事となりました。

数日後にD様からターゲットに連絡を入れると、ターゲットから「会社にバラさないで欲しい。」という返答が来て、ターゲットのご両親も今の会社に入社出来た事を誇りに想い、両親を悲しませたくない事や、D様の家庭を壊してしまった事に対する謝罪の言葉を伝えて、ターゲットがD様の夫と同棲している自宅からマンスリーマンションに引っ越しし、別れさせる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。

自殺を仄めかしたり、家庭崩壊を仄めかすメンヘラなので別れられない不倫相手と別れたい!

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 会社員 39歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 120万円 成功報酬30%
別れたい状況自殺や家庭崩壊で脅して来る不倫相手と別れたい

別れさせ屋ジースタイルに、K様からご相談頂いた内容は、家庭を持ち、最初は遊び心で不倫していたものが、徐々に不倫相手が本気になり、妻との離婚を求められ、離婚して不倫相手と結婚しなければ自殺するなど、脅されてしまい、一度強硬手段で別れようとしたものの、自宅近辺まで来ている。というメッセージを送られてしまい、自宅もいつの間にか知られている状態で妻にも相談出来ず別れたいけど別れられない状態で苦しんでご相談頂きました。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

不倫相手は普段は大人しいけれど、時折スイッチが入り、そのスイッチが何故入るのかは分からず、K様が少しづつ距離を置こうと一週間毎に会っていたものを最長一ケ月空けた時はメンヘラを起こさなかったものの、突然スイッチが入ったかのように離婚を求めて来たり、別れるなら自殺する等、なぜこのような事が起きたのか?も分からず、強気に出れば家庭崩壊や自殺をチラつかされるので困り果ててしまい別れさせ屋ジースタイルにご相談頂いたとの事でした。

K様と、別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームでお話しをさせて頂きましたが、K様自身も自分で色々と手は打ってみたものの、突然スイッチが入り出すと、別れられそうな状況であっても別れられなくなり、別れられそうになって距離を置いても、少し時間が経てば元に戻ってしまう。の繰り返しでどうにも出来ず、他社の別れさせ屋にも相談したものの、不倫相手に男性工作員を接触させ、ハニートラップをする方法ばかりを提案されたので、ここまでK様に執着する不倫相手が簡単に他の男性に乗り換えるとは思えず、手詰まり状態でご相談頂いた状態でした。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

不倫相手との2年間の交際期間で不倫相手がここまで変わるとは思ってもおらず、ここまでの変化は予想していなかったので、気楽に考えていた事もあり、予定とは大きく異なり、不倫相手とは不倫関係でずっといられれば…という淡い期待も失い、不倫相手との関係を切りたいと思った頃には手遅れの状態になっていたとの事でした。※参考記事:ターゲットと別れる為の別れ工作とは?

不倫相手が妻や家族に対して何かをして来る可能性も考えられたので、妻や家族を守らなければならない!!という気持ちと、その火種を作ってしまったのはK様である事から、どうにかして家族に迷惑を掛けずに不倫相手と別れる為に、別れさせ屋ジースタイルに別れ工作のご依頼を頂く事となりました。

K様から別れ工作のご依頼を頂き、ターゲットとなる不倫相手を別れさせ調査する事から始めましたが、ターゲットを別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査していると、ターゲットはK様のストーカーのような形で、K様は知らなかったのですが、職場の近くのカフェでK様が帰る時間まで待っている事や、帰宅時間近くになるとカフェを出て、K様と連絡を取り合い、会おうとする姿が確認出来、K様にご報告させて頂くと、K様から驚いた声が出て来ました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

ターゲットの別れさせ調査を早々に終わらせる形をとり、ターゲットに接触する段階を踏ませて頂くと、別れさせ屋ジースタイルの工作員がファーストコンタクトを池袋の立教通りで取る時に、ターゲットもK様を尾行していたので、尾行がバレたような気まずそうな顔が出ましたが、尾行していた事は気付いていない素振りを見せたので、顔が突然変わり、柔和な顔つきになり、やましいところを隠すかのように別れさせ屋ジースタイルの工作員と接してくれる事に成功しました。

ターゲットに連絡先の交換を申し出ると、その場を早く立ち去りたいのか連絡先の交換も応じてくれて、連絡先の交換はしたものの、状況から連絡をしても返事は殆ど返って来ないものと考え、連絡は控えてセカンドコンタクトの際に、ターゲットと人間関係を構築するように仕向けていきました。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。

ターゲットとの人間関係を構築していくと、ターゲットはK様のストーカーをしたいようで、常に時間を気にして行動しますが、K様にターゲットと接触している最中にお越し頂き、K様との関係も別れさせ屋ジースタイルの工作員が構築していくと、ターゲットは心を次第に許していき、別れさせ屋ジースタイルの工作員にも心を開いてくれる様になってきました。

心を開いたターゲットと人間関係を構築するのは容易く、ターゲットからは交換したラインに頻繁にメッセージが来るようになり、その主な内容がK様の事であり、K様の事を少しでも悪く言えば一気に態度が変わるであろう事が分かり、ターゲットの話しに合わせてラインのメッセージの返信を送りましたが、ターゲットからはK様の良さに同調しているので良い人認定され、同時にターゲットから嫉妬とも言えるような妬みとも言えるようなメッセージが別れさせ屋ジースタイルの工作員の方に届くようになり、K様と別れさせ屋ジースタイルの工作員の仲にやきもちを焼かれるようになりました。

ターゲットの的がK様の家族から、別れさせ屋ジースタイルの工作員に向き、ターゲットの怒りが工作員に向かった際に、K様がフォローする様な形をとるので、更にターゲットの怒りは別れさせ屋ジースタイルの工作員に向かってくるようになり、ターゲットの怒りの矛先を工作員に向かわせる事に成功し、K様と仲良さげな関係をみせる事で、どちらが彼女として立場が上になっているか?をターゲットにみせ、ターゲットから別れさせ屋ジースタイルの工作員への攻撃が続きました。

K様に言い寄るターゲットに、K様が別れさせ屋ジースタイルの工作員への気がある事を話し出すと、ターゲットは別れさせ屋ジースタイルの工作員と一対一で話したい。という方向に進み、ターゲットから別れさせ屋ジースタイルの工作員は何か事件に撒きこまる可能性もありましたが、ターゲットとの話し合いの場で、K様を取り合う話しになり、きっぱりと別れて欲しい旨を別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに伝え、K様の気持ちがターゲットから離れた事をターゲットも気付き、何も事件にならずに別れる事が出来た別れさせ屋ジースタイルの別れ工作が成功した事例になります。

お風呂にもスマホを持ち込み違和感を感じて発覚した夫を不倫相手と別れさせたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域O様 主婦 33歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 100万円 成功報酬20%
別れさせたい状況スマホから夫の不倫が発覚したので別れさせたい

別れさせ屋ジースタイルに、O様からご相談頂いた内容は、O様の夫が不倫しているらしい…との事で、トイレに行く時もお風呂に入る時もスマホを片時も手放さなくなった夫を不審に思い、夫が寝ている隙に、夫の指を使って指紋認証をして、ラインのやり取りを確認してみると、夫がどうやら浮気しているらしい事が分かり、夫のスマホからラインのやり取りをO様のスマホに送り、後日ラインのやり取りを確認してみると完全に不倫している事が分かり、夫を問い質そうとしましたが、夫に不倫を問い質して夫婦仲や家族仲が悪くなるのを恐れてしまい、夫に不倫を問い質せず、我慢していれば不倫相手と別れるかもしれない事に期待して時間の経過を待ったとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

しかし、夫はいつまで経っても不倫をやめてくれる気配がなく、不倫をやめてくれない事にヤキモキしていたO様は、夫に不倫している事を問い質す事が出来ないので別れさせ屋への依頼を検討したとの事でした。

O様が夫に問い質せない理由の一つとして、夫は外では社交的であり、良い夫を演じているものの、家庭内では独裁的で、夫に何かを意見しようものなら怒号が飛んでくるほどに夫はモラハラ夫でもありましたが、子供はO様の夫にとても懐いており、O様が我慢する事で家族を守って来た自負もある事から、夫には逆らわずに生活していましたが、不倫だけはどうしても許せず、今までに我慢していた事は家庭を守る為であった事なども含めて、夫の行動に憤りを感じはするものの、今までに積み重ねた家族の形からは遠のくで直接自分で何も言わず、別れさせのプロの力を借りる決断をしたとの事でした。

O様と別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで面談をさせて頂いた際に、O様の夫の性格も変えて欲しい。とお願いされましたが、性格を変えるのは難しい事を伝え、O様の夫の接し方を変えて、夫の考え方を変える事は出来るという話しをさせて頂き、O様にアドバイスをさせて頂き、不倫相手を別れさせる別れさせ工作のご依頼を頂きました。

不倫相手とはラインのやり取りで、どこで出会ったのか?は分からなかった様ですが、ラインのやり取りで何曜日の何時頃に大体会っているであろう事が分かり、別れさせ屋ジースタイルの調査員がラインで得た情報を元に不倫相手を特定して別れさせる為の別れさせ調査を行いました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットの特定の為に、O様の夫を張り込み、尾行し、不倫相手と会うであろう日に定めて調査を進めましたが、一度目の調査で不倫相手と会っている事が分かり、不倫相手と会っているO様の夫との写真と会わせて、O様に報告させて頂きましたが、O様から見た不倫相手はあまり女性としての魅力を感じず、とてもふくよかな女性だったので、O様は「こんな女性がタイプだったんだ…」とだいぶショックを受けた様でした。

O様とは見た目で言えば全く異なるタイプであり、O様は食べても食べても太れない事から、見た目で不倫相手のようになるのは難しく、夫のタイプに見た目でなるのではなく、夫が家庭で求めるモノがO様にもあるので、不倫はしているけれど、一応隠して不倫をしているのではないか?という話しをさせて頂き、若干慰める言葉になってしまいましたが、それほどO様はショックを受けていたので、ターゲットとなる不倫相手を早目に別れさせてO様を安心させてあげたい。とも考える様になりました。※参考記事:【迅速対応】で別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるから成功に繋がる

ターゲットの特定を行った後は、ターゲットとO様の夫を別れさせる為の情報収集が必要となる事から、別れさせ調査で情報収集を行い、ターゲットの人柄や考え方、交友関係などを徹底的に調べ上げ、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触するポイントの特定に至り、ターゲットと工作員を接触させる方法をご提案させて頂きました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。

ターゲットを接触させる為に、提案させて頂いた方法を用いて別れさせ屋ジースタイルの工作員のファーストコンタクトを行う事になり、山手線の新宿駅から品川駅に行くまでの間にターゲットとの接触を繰り返しましたが、ターゲットがふくよかな女性である事もあり、別れさせ調査で人柄も把握していたので、シナリオ通りにターゲットとのコンタクト回数を増やす事に成功し、8回目の稼働時にターゲットの連絡先の交換にも成功しました。

ターゲットは品川駅で仕事をしている事から、ターゲットの仕事帰りを狙って途中駅での待ち合わせを行い、食事を一緒にする関係になる事にも成功し、ターゲットから恋人の有無やプライベートでは何をしているか?などを聞き出し、お互いの素性を話しながら遊びに行く仲になり、ターゲットとO様の夫との話しを聞き出すように仕向けました。

ターゲットとO様の夫の交際は、マッチングアプリで出会ったものであり、マッチングアプリで出会ってからは2週~3週に一度程度会う仲になり、その都度、O様の夫からお小遣いをもらっている事も聞き出し、O様の夫以外にも数人そういった男性がいる事が分かり、O様にご報告させて頂きました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

ターゲットがO様の夫に夢中になるのではなく、O様の夫がターゲットに夢中になっている事にショックを受けたO様でしたが、ターゲットとO様の夫は完全に割り切った関係である事が分かり、家庭を壊す事はない。と分かったO様は、夫に不倫している事を話しても家庭崩壊にはならないかも…と考える様になり、不倫している事を盾にして、ターゲットと無事に別れさせた後は、立場を逆転させる為の情報とする決意をされていました。

ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触して話しをしていくと、パパ活のような相手が増え過ぎてしまったので整理するとの話しが出て、その中にO様の夫も混ぜる様に心理誘導を進めていき、ターゲットのパパ活相手の人数を削る際に、O様の夫も混ぜる事で連絡先をブロックして、着拒する姿も確認出来、O様にご報告させて頂きました。

O様にその事を報告させて頂くと、夫が帰宅してからソワソワしている事もあって、実際に連絡が取れなくなった事を確認出来た様で、ターゲットからO様の夫はターゲットの自宅なども知らない等の情報を聞かせて頂いていたので、別れさせる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。

浮気の状況を作ってもハニートラップの効果がなく失敗した事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域U様 会社員 35歳  東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 110万円 成功報酬0%
別れさせたい状況女性工作員を接触させてもめさせて欲しい

元彼女との復縁を希望していたU様は復縁する為には元彼女の新しい恋人が邪魔になりました。

元彼女と復縁する為に弊社に別れさせ工作のご依頼を頂いたのですが、U様の希望は新しい恋人に女性工作員を接触させて浮気をさせつつU様が相談にのって復縁するというシナリオを描いてました。

ご依頼後、U様から頂いた情報を元に工作員を接触させる動きを取ろうとしましたがU様の情報はあまりあてにならず何度も空振りを繰り返します。

弊社で調査させて頂き、ターゲットと接触させるポイントを判明させて女性工作員をターゲットに接触させる事に成功しました。

工作員が接触した当初からターゲットは彼女がいる事を話してきましたが女性工作員が遊びに誘うとホイホイついてくる事もあり二人の関係に対する疑問がありました。

しかし、U様に報告しても思った通りとの回答が来た為、工作員からターゲットをホテルに誘い出す形を取り、ホテル前で別の工作員を接触させ、日を改めてホテルに行こうという浮気の状況を作ることに成功しました。

ターゲットがU様の元彼女と会っている時に女性工作員を登場させ、二人が会っているところに遭遇させるとターゲットは何も驚かずU様の元彼女に『帰れよ。』と一言放ち、元彼女はターゲットの言いなりになって本当に帰ってしまいました。

ハニートラップの既定路線を作る為に工作員が元彼女に詰め寄って話をすると『私浮気とかあんまり気にしないんであなたが気にする様なら彼にこういう風にならない様に気を付けてって言っておきます。』と言われてしまいました。

ターゲットから『大丈夫だよ。気にしないでこの前の続きしに行こう。』と言われてしまい、完全にハニートラップが失敗した事例になります。

ターゲットに契約書を見られてしまい別れ工作が失敗した事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域O様 会社員 26歳  愛知
契約期間と料金2ヶ月契約の料金 70万円 成功報酬0%
別れたい状況同棲中の家を出て行って欲しい

彼と同棲していO様は、別れたいと言っても一緒に住んでいる家を出て行ってくれずいつまでも別れてもらえずに悩んでいました。

O様に好きな人が出来てしまい、彼には内緒で交際に発展していたものの二股相手との交際を進めたい為、何度も別れたいと伝えても別れてもらえず彼の存在は二股相手にはバレていなかった為、穏便に別れようと別れさせ屋を探したとのことでした。

ご依頼を頂いて別れ工作を実行に移す為にターゲットを調査し、接触ポイントを判明させて工作員を接触させる事までは成功しました。

しかし、O様が出張中にターゲットが家の掃除をしていた時に弊社との契約書を発見してしまい、出張先にいるO様に連絡が入りました。

契約書という証拠がターゲットの元にあった為、O様は隠し切れず正直に話してしまいターゲットに接触していた工作員にも連絡が入りました。

『彼女が別れさせ屋とか雇ってたんだけど』というターゲットの言葉に工作員が大袈裟に驚き、『そんなの使うくらいに彼女を思い悩ませてたなんて何かしたの?』と逆に質問すると工作員の存在はバレていない事が確認できました。

しかし、出張から帰ったO様は彼との話し合いになってしまい、交際も同棲も長く、居て当たり前の雰囲気のまま結婚を考えられなくなったから別れさせ屋を考えたと嘘の話をするとターゲットも同様の事を考えていたようで別れ工作は依頼者が契約書を見つかるという形でバレてしまい失敗しましたが結果的には別れる事が出来た別れ工作の失敗事例になります。

2年付き合っていた彼と別れた後に彼女が出来ていた

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域I様 会社員 30歳 東京
契約期間と料金2ヶ月契約の料金 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況2年ほどお付き合いをしていた方に別れを告げられてしまいました。
相談内容

別れの原因としては最初は全く教えてくれず、時間をかけて話し合ってよくよく問いただしてみると、他に気になる人が出来てしまったみたいです。

丸2年間も一緒にいたのに、他に気になる人が出来てしまったのはショックすぎて…

その際に自分をコントロールできずに泣きついてしまい、彼も罪悪感からだと思いますが、その日に体の関係を持ってくれました。
でもそれ以降は会ってくれることがなくて今の状況になっています。

よくよく考えてみると、残業と言って帰りが遅い日が続いていたことや、以前は会社の愚痴が多かったのに、最近は楽しそうに仕事に行くので、会社の同僚が怪しいのではないかということしか思い当たりません。

LINEはブロックされていませんが、彼の家や私の家にそれぞれ自分の私物が残ってることもあり、戻ってきてくれないかを願っていましたが、全く連絡も出来ずで彼が今何をしているのかを考えると気が気でありませんでした。

今回自分の力ではどうしようもないと思い、依頼しようと決意しました。

今回の場合は、別れの原因としては喧嘩してしまったり、嫌われてしまったというより、彼(Kさん)の気持ちの揺れ移りにより起こってしまったものだと判断することができる要素があり、別れさせることが出来て帰る場所を用意しておけば、自然と復縁させることが可能という見立てでした。

彼(Kさん)は優しい性格なのですが、自分も傷つきたくないという気持ちが強いため、別れる際も体の関係を持ったり、最後まで他に気になる人が出来たということを隠していることから、自然と彼(Kさん)に心理誘導を行なうか、気になっている相手を特定して、その人から崩していくということを提案させていただき、調査工作に入ります。

調査をしていくと、Iさんの見立て通り、社内恋愛をしている様子を確認。

頻繁に仕事終わりにご飯に出かけ、お相手(Mさん)の家に出入りしたり、お相手(Mさん)の家から出勤する様子も押さえることができました。

ここからはお相手(Mさん)の素性やどのような人なのかを調査していく方向に切り替えて、工作に入る流れを作ります。

お相手(Mさん)を追っていくと、接触ポイントもいくつか判明させることができ、工作に入る準備を整えます。

普段なら、相手の情報がある程度分かっている状態で接触を進めていく事が出来るのですが、今回は全く分からない人だったため、どういう接触が最善の選択なのかを見定める期間を通常より多く2ヶ月ほどいただきました。

その調査のお陰もあってか、彼女が出入りする場所、趣味嗜好、どういう方なのかの目星しも付き、同性の気が合うタイプの工作員を用意し、いざ接触させてみると初回で驚くほど仲良くなってくれるという結果に。

そこからお相手(Mさん)の情報を工作員に詳しく聞いてもらうために、食事に誘ってみるとすんなり約束を取り付けることに成功し、食事に行って話を聞いてみると友達が全くいないと自分から打ち明けられました。※一般的には友達が多い人の方が社交性があって接触しやすそうに見えますが、意外と交友関係が狭い人や友達がいない人の方が、相手の欲しているものを提供してみると食いついてくれることが多いんです。

同性同士の恋愛トークもスムーズに入ることがあり、「まだ付き合っていないが、良い感じの人がいる。でも体の関係だけでその先に進めていない。」という悩みも打ち明けてもらうことができ、その人が対象のKさんという整合性が取れたので心理誘導をかけていくことに。

工作員から「自分もお互い好きだと思っていた人からヤリ捨てされたことがある。」と打ち明けていき、その人の特徴に彼(Kさん)の性格や行動を色々含ませて話していく事で心理誘導がスムーズに進み、Mさんからも「今まさにそういう人なんだよね…」というような言葉が出来てくる。

そこの不信感を少し煽ることで、Mさんの中でも今まで持っていた彼の理想像とはだんだん違うものになっていくところだったので、「あまり考えすぎないでね、またいつでも話聞かせて!」とちゃっかり相談役になったところでいい時間になり解散しました。

そこからLINEで相談も来るようになり、別れる話を付けてくるとのことだったので応援する形を作り、無事別れることが成功しました。